デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


土曜ワイド工場
 
重慶のモノレール駅「佛図関駅」がすごい


チャリのない坂だらけの町、重慶。

  中国の重慶の坂がすごい。坂ネタでいうと、T・斉藤さんが長崎の坂についてよく語っているが、重慶も長崎に負けず劣らず…というか、もう別種のわけのわからない坂っぷりだ。坂が半端なく、しかもどこもかしこも坂だらけなので、中国でよくありがちな自転車をほとんど見かけない。

 そんな坂の町、重慶のあるモノレール駅の無茶っぷりを紹介したいと思います。

ライスマウンテン



橋、トンネル、そして橋

 とはいっても、重慶の坂がすごいことはよくわからないと思う。大きな川(そのうちの1つが長江)にが2つあって、そこに挟まれ半島になっているのが重慶の中心地。半島が山のようになっていて、その山の上のほうが町の中心になっているのだ。また川の対岸から橋を渡り重慶の中心部に直進していくと、そのまま山の下のトンネルを突き抜け、反対側の橋を渡ってしまうのだ、って余計よくわからないですね。


航空写真の重慶はこう。上の川と下の川の色は見なかったことに。

実は上と下の橋が繋がってんです。間は山でトンネルで。
地図上の線路が今回紹介のモノレールの線路。

トイレへの道もまた階段。便意には修羅場だ。

 重慶の山っぷり坂っぷりが文章ではなかなか伝わりそうにないし、たくさん風景写真出すのもアレだし、なのでまずは重慶を走るモノレールから見る重慶の坂っぷり山っぷりを紹介したい。中国の都市内を走る電車はドイツのシーメンス製なのだが、重慶の中を走る電車は日本製なのだ。そんなわけでどこか日本と似ているのだ。ビバ、重慶!


重慶のモノレールはどこか日本の雰囲気

 そんな重慶モノレールの駅の中でも、お勧めなのが「佛図関駅」。中間駅にありながら、すこぶる利用者は少ない。中国紹介のガイドブックには、この駅は紹介されていないが、ちょっとひと味違う雰囲気の場所を見てみたい、山っぷりを感じたいというのならならお勧め。他の人から見れば「時間のムダ」とか言われそうなコトにこだわりがある人の心に響く場所となるだろう。

 なんといってもこの駅、繁華街から住宅地へと走る電車にも関わらず、最寄りの住宅地や道路から見ると、なんとも高いところにあるのだ。


駅を示す目印。駅は何処に?

山の中腹にあった!

ずいぶん上のほうにレールがある。

駅まで行ってみます。

 住宅地から駅まで向かってみる。その道はモノレールの駅への道とは思えぬ茨の道だ。そして日本の都市部の駅にはよくあるエレベータもここにはない。ひたすら登る駅までの様子を紹介しよう。駅の下には高層マンションが建築中だ。駅の下といっても駅からずいぶんと下がったところだけど。


駅まで登山 >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.