デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


フェティッシュの火曜日
 
今度の12000円で何が買えるのかin巣鴨

「まむし」ののれんに入ってしまった壮快堂さん

まむし・すっぽんの粉屋さん

のれんに「まむし」そして「すっぽん」である。しかも料理やお酒ならまだしも粉なのだ。買うか買わないか。もちろん今は買わない。だが、給付後のおれなら…という思いが足を運ばせる。


マカ!エサ!シャーク!連呼するだけで元気になりそうな薬(正確には食品か)が並ぶ
お母さんが調合した粉末も一瓶5000円。先ほどから一律のお値段だが、給付後を見据えて6000円に値上げしてほしい。

まむしの粉末を嗅がせていただく、買うかもしれないので匂いを知っておくのは大切だ

まむしの粉とインターネット

あら?インターネットの記事?と探し物をしていることを説明すると、すぐさまパソコンは目に悪いでしょう、それならまむしよ、とオススメしていただいた。

パソコンが悪でまむしが善。私たちは見聞を深めるにつれ、時々意外なものが対極に設置されている世の中を知る。

まむしは乾燥したものを粉にして飲むそうだ。ほらこういうものよ、と粉の匂いを嗅がせていただいた。

うん、なまぐさ香ばしい。個人的にこの匂いは嫌いだ。だが、給付されたら買えてしまうのだ!困った!この困りようこそ醍醐味であって、二人の女の子に言い寄られる少年漫画のそれなのだ。


まむしわりとうまい

まむし意外とうまいよ

昔はにぼしを粉にして飲んだけど、そういうものよ。そんな前評判通りの味。多少なまぐさ恐ろしいが、香ばしい粉だ。うまいうまい。よくわかんないけどおかわり!

給付金出たらみんな買いに来ますかね?と聞いたら、買えるなら買ってくださればいいですけどね、オホホ、である。オホホは勝手につけたが、お母さんはまず買いに来ないと見ているようだ。

だがわからんぞ!と言いたい。これほど飲めないこともない薬であれば買う人もいるかもしれんぞ!と言葉はあいまいなまま語気だけ荒めたい。


ちなみにこういう状態でも売られています


雑貨店の12000円で買えるもの
すっぽん11,000円

お母さん曰く、うちはかなり安い、というすっぽんがこの店で一番給付金に近い商品。たしかに安い(実際他の店は高かった)が、あと1000円高ければと思わされる。

すっぽんやまむしの粉に対して、正直なところ興味は持てないだろう。しかしこれが給付金ちょうどの値段であれば?「ちょうど買えるな」という思いがそのときの自分をひょっとしたらひょっとさせるかもしれないのだ!


あれまこんなところに、と玩具屋ますやさん

玩具屋さん

おばあちゃん向けの商店がならぶなか、オッ、と思ったおもちゃ屋さん。価格設定も幅広いので、定額給付金あてこみアイテムもすぐ見つかることだろう。


うずたかく積まれている、とかの杉田玄白も言ったそうだ
高いのは鉄道関係が高い、と。そりゃあ10万以上はする、と詳しい値段は教えてくれなかった。

政策に対しては否定的だが、お客さんにはやさしい

真っ向から対決姿勢

給付金を趣味に使う、という方も多いのでは?とあてこみっぷりを聞いてみると、口座にお金が入るなら特に使わないだろうという見込みだそうだ。

こんなにおもしろい川柳がある、という。「くれるなら・もらってやるけど・(選挙の票を)入れないよ」だそうだ。

その後政策批判に走ったお母さんを見ていると、巣鴨の玩具屋でなく松下政経塾にいるのではないかと思わされた。あれまあ!言い過ぎた!


12,000円だったら超合金かな、と棚を指差し
声の出るワンちゃんは33,000円で給付金三人分

あら?声の出るワンちゃん?と別のお母さんが興味津々だったが「うちに本物がいるからいいわ」と断念。残念。

おばあちゃんたちはみんな孫に玩具を買いたい

しかし巣鴨で玩具屋?と思ったら、孫に頼まれた、と火薬鉄砲の弾を買いに来たお母さんがいた。おばあちゃんが弾装三箱買う光景はなかなか珍しかった。

聞けばおばあちゃんたちはみんな孫に玩具を買いたくてしょうがないのだという。でもあまり売れない。理由は「玩具が重くて持てないから」だそうだ。なるほど、巣鴨の玩具屋ならではの悩みだ。

負けてられるか!という思いでいた。定額給付金が入ったらおれだって玩具買いたい。筋力もある。しかもおれは他の誰でもないおれに買いたいのだ。給付金があれば玩具の買いっぷりでおばあちゃんたちに勝てるのだ!


ミニSLに乗ったお父さんの写真。プライベートにはおいそれと立ち入れなかった。
そのミニSLが入っている、という箱の中にお父さんがいたらおもしろいなと思ってしまった自分を責めたい。

玩具店の12000円で買えるもの
超合金11,000円

何の超合金なのかはわからないが、11,000円の札がついている。何かは知らないまま「むしろ合金に興味がある」という粋な買い方も、給付された後ならできることだろう。

今外に出すから、というお母さんを「今がおもしろいからやめて!」と押しとどめたことも付記しておきたい。

 

待ってろよ、ゾウの牙。待ってろよ、黒水牛。

色々と12,000円くらいのものを見てきたがどうだろうか。はっきり言ってあまりピンと来なかったと思う。しかしそれは給付前の今だからであって、給付後のそれは全く違うものだろう。

給付されたらきっとあなたも「何買うか!?おれは何買うか!?」と叫びながら火を囲んで跳ね回ることだろう。そんなときにまたこの記事を読んであれもこれもと選択肢に追加していってもらえればと思う。

そして最後に象牙の印鑑が手元に残れば少なくともはんこ屋さんにとってはいい政策だったのではないかと思えるのではないだろうか。(ゾウにとってはよくないだろうけれど)


< もどる ▽この記事のトップへ  

 
 
関連記事
開運あつめin巣鴨
おばあちゃんの原宿、巣鴨のマクドナルドは小中大
巣鴨ファッションを極める

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.