デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


 




住「林さん新宿好きですよね?」
林「好きと言うか、飲みに行くことが多いですね」
住「で、新宿のランドマークって言ったら何を思い浮かべます?」
林「ランドマークか…」
住「何かないですか?」
林「あ! ドン・キホーテですかね」
住「ドン・キ?」
林「ええ、あのドン・キを見ると新宿来たな、って」
住「もっと大きいもので、他にありません?」
林「靴屋の上のソフトバンクの看板から流れる音、あれ大き過ぎますよね?」
住「ああ、確かに音量でかいですね」
住「いや、音量じゃなくて。面積が大きいもので、ほら、例えば看板とか」
林「ああ、アルタ前の温度が出てる看板。いつもあの温度を見て季節を感じてますよ」
住「確かにあの温度表示は便利ですけど、もうちょっと歌舞伎町側の、ほら、大ガードの方に」
林「あ! エプソンの看板」
住「そう、それ!それです」
林「大坪さんが怪獣が新宿に来たら壊すって書いてた(大怪獣、新宿にあらわる)」
住「あの看板見ると新宿に来た、って感じしませんか?」
林「けっこう遠くから(明治通りぐらいから)でもあのエプソンの看板が見えるんですよね」
住「ええ、とにかく大きいから」
林「まわりがまだ新宿っぽくなくてもあの看板が見えると、あ、新宿って思います」
住「でしょ? あの看板がなくなるとしたら、どうです?」
林「なくなるんですか?」
住「らしいですよ。6月5日の20時に消灯しちゃうって」
住「なので、その瞬間を映像におさめて来ようかと」
林「でも、住さんの記事は6月6日ですよ。時間的に間に合いますか?」
住「5日の20時に消灯の瞬間を撮影して、そこから書いて6日の朝までには」
林「新聞記者みたいだ」
住「記者きどりで現場に行って来ます!」

(text by 住 正徳







新宿大ガード横にドーンと光る「EPSON」のネオン灯。あれがなくなってしまうらしい。セイコーエプソン株式会社から6月1日にプレスリリースが出ていた。

「新宿カレイドビル屋上のネオン広告撤去のお知らせ」

プレスリリースによると撤去の理由は2つ。1つは「エプソンブランドの認知度を高める」というお役目を充分に果たしたから。もう1つはCO2排出の削減に貢献するため。年間で約94トンのCO2排出を削減出来るという。それもあって、世界環境デーの6月5日にネオンを消灯するのだとか。

あのネオン灯が消える瞬間を是非映像におさめたい。歴史的な瞬間をカメラにおさめ、年を取ってから若い人たちに自慢するのだ。「昔、あそこには大きな大きなネオン灯があったんだよ。最後の瞬間の映像も持ってるぞ。見るかい?」と。

というわけで、ビデオカメラ片手に新宿に飛んだ。




EPSONのネオン灯の思い出

大学4年の頃、僕は西新宿の飲み屋さんでアルバイトをしていた。飲み屋さんと言っても、席に女性が着いて1人最低でも3万円くらいかかる、いわゆる「クラブ」と呼ばれるお店だ。若い人たちが踊りに行くクラブではなく、頭にアクセントがある方のクラブ。そこのボーイさんを2年間ほどやっていた。大学4年から2年間、計算が合わないのは1年間留年しているからだ。

留年したことは置いといて、とにかく、西新宿は思い出深い場所である。バイト終わりはいつも終電で家に帰っていた。そして、駅に急ぐ道すがら、あのEPSONのネオン灯を見上げていたものだった。

と、思っていたのだが、前出のプレスリリースによるとあのネオン灯が出来たのは1996年の6月。その頃、僕はとっくに大学を卒業して社会人3年目を迎えていた。バイトの帰りに見ていたはずがない。撤去されると聞いて、勝手に自分の思い出に組込んでしまったのだ。

まあ、それくらいあのネオン灯には存在感がある、ということだと思う。ずっと昔からあったような気がしてならないのだ。


この存在感

こうして改めて見ても、その大きさに圧倒される。横幅77.9メートル、高さ11.8メートルというスペースに「EPSON」の文字。これで目立たない訳がない。


とにかく大きい

西口側はこういう感じ

このネオン灯が6月5日の20時をもって消えてしまうのである。

看板が完全に撤去されるのは7月19日らしいが、5日の20時以降、このネオン灯に光が灯ることはないのだ。新宿の夜の明るさが変わってしまいそうである。





  次へ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.