デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


はっけんの水曜日
 
“敵キャラ”っぽく見える花を探せ!


「北風と太陽」の話が好きだ。北風と太陽が旅人のコートを脱がす競争をし、北風は風圧でもって脱がそうと試みるが失敗、太陽は逆に暖かく照りつけるだけで脱がせることに成功する。

ところで、ゲームの敵キャラクターで、たまにこういうものがある。
「いかにも悪そうな、モンスターみたいな風貌」 ではなく、
「はかなげ、あるいは冷徹な、女人の姿をしているが、ひとたび牙をむくととてつもなく恐ろしい」
というパターン。ちょうど、「北風と太陽」のような対比だ。

そして、その手のキャラクターはしばしば、「花」的要素を伴って出現する。花といえば通常、愛すべき可憐さや優しさを感じさせ、心和むもの。しかしその花があることで、その敵の妖しさ、冷酷さがかえって大きく浮かび上がってくるのだ。大好き、そういう「太陽的アプローチ」。

ある日、道端で華麗に花が咲いているのを見て考えた。そんな花に敵キャラっぽいものを添えたら、実世界でも違う風景が見えてくるのではないか。

乙幡 啓子



冒頭からもやもやさせてすみません

文章よりビジュアルで説明したほうが早いかもしれない。例えば、バラの花があるとしよう。


初めてまともに花の写真を撮ったと思ったら敵キャラがどうとかいう記事でバラよ、すまない。

その花に、くだんの「敵キャラっぽいもの」を添えます、すると。


イーヒヒヒヒヒ!と、君の前に立ちはだかる恐ろしき敵の高笑いが、聞こえてこないだろうか?

おわかりいただいたということにして、話を進めてしまいたいと思う。進めないと、自分の中で「そんな
冒頭で説明したような敵って、そもそもいたっけか?」と我に帰ってしまう恐れがある。敵は、今そこにいるのだ。

 

初めての、フィギュアっぽいもの作り

ひとくちに、上記のような敵キャラを作るぞ!といっても、私のイメージがうまく伝えられるか不安でしょうがない。ここで失敗したら、無だ、無。誰にもとどかない、宇宙をさまよう宇宙ゴミみたいな記事になってしまう。

いやゴミとは言い過ぎだ。とにかく下絵から準備を始めよう。要は「敵キャラのフィギュア」を作るわけだが、さてどんなものができますことか。


全宇宙の支配者みたいなポーズ、っていったいどんなんだ。
なんとなく方針は決まった。針金を芯にして、プラスチック造型材「スカルピー」で立体にしていく。

少しづつ肉をつけてはオーブンで焼く。なぜかいい匂いがしてきた。
カッターやスパチュラで自由に彫れる。うろおぼえで尻、製作中。

やすりをかけて仕上げ。うろおぼえもいいとこな人体なんだが、やけに気合が入る。
プラモ用の塗料で黒塗り。やはり敵は黒だ(銀だとペプシマンになりかねないから)。

大きさは7cm足らずだが、3日くらいかかって仕上げた。自分の腕では、これ以上は精巧になどできやしないので、ここで完成としよう。まあ、だいたいこんな感じだよな。


「ガキの使い」に出てきた、鬼ごっこの鬼を思い出した。

アルミの針金を背中にぶっ刺して、持ち手にした。「モズの はやにえ」みたいである。

さて、この「敵バー」を持って、花に次々あててみよう。花のたくさん咲いているところへいこう、敵バー持ってランランラン。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.