デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


土曜ワイド工場
 
3日間、肉と酒ばかり食べてみた


先日、「地球のココロ」というサイトで、「一週間だけ、野菜ばかり食べてみた」という記事を書いた。
動物性のものを一切とらない、というルールでやってみたのだが…、自分の料理スキルの無さと、外食の選べなさ(手軽に安全に食べられるのは、ポテトフライ位)に、泣いた。
でも、自分の食生活をとりまく状況を考え直す、良い機会となった。野菜ばかり食べてみたら、見えてくることがあった。
じゃあ、次は、肉ばかり食べてみようかな? 
と、ふと思ってしまった。一週間やるのは、体調的にも経済的にも厳しいので、三日間にしよう、
そうだ、肉と水だけだと辛いので、肉と酒にしてみよう、
『パタリロ!』のバンコランみたいに!(彼はステーキとワインだけで栄養補給を済ますのです)。肉と酒だったら、美味しいし、そこらじゅうで外食可能だから楽勝楽勝!
これで私はリアル肉食系女子だー!
そんなふうに、気軽に決めたことだったのに。

大塚 幸代

1日目、ケンタッキーフライドチキンから

都合により、昼ご飯からスタート。
昼は、外出後の帰宅中に買ってきた、ケンタッキーフライドチキン。
こういうフライの衣や、加工肉のつなぎや、ハンバーグの中のタマネギは、厳密に言えば肉ではないのだけれど、そんなことを言ったら食べられる肉料理少なくなってしまうので、自分ルールで勝手に決めて、「ほぼ肉ならどんな加工法もアリ」ということにした。
レッドホットチキン、初めて食べたけれど、スタンダードよりカラッとあがってて、美味しかった。
ジャンクフードだけれど、ケンタッキーは亡くなった父の好物で、定期的に家族で食べていたものなので、食べていると、なんとなく懐かしい気持ちになった。
しかし2ピースでギブアップ。昔はたくさん食べられたのに…。
カロリー的には足りてると思うんだが、中途半端な腹具合。
ちなみに一緒に摂っていたのはチューハイ。ケンタと水、という組み合わせは、やはり合わない。夕刻、友人がたずねて来た。

お酒を飲みながら、つまみはやっぱり肉。近所のスーパーで買ったソーセージ。

そして、ビーフジャーキー。

ビデオを見ながら大騒ぎをして、チューハイをぐびぐび飲む。友人は、おみやげに桃(4ケ入り)を持って来てくれたんだが…、「ごめん、今日はこういうワケで、食べられない…」と謝る。
3日後に食べるぞ、と、桃を見つめる。絶対腐るなよ、と、うぶ毛に念を送った。


夕方、友人を見送った後、炊事するのが面倒くさくなって、定食屋さんのテイクアウトハンバーグ弁当を購入、550円。

これが、手のひらくらいでっかいハンバーグ!
味は家庭的な、料理のすごく上手いお母さんが作った、ガーリックをきかせたハンバーグ、という感じだった。
ごはんがすすむ感じの味…。
(ちなみに、一緒に入っていたごはんは、もったいないので冷凍した)。 ハンバーグといえば、めし。肉とめしが合わさってこそのハーモニーなのだな、とあらためて思った。
ごはんごはんごはん食いたい! と、もうこの時点で、気持ちはギブアップ寸前になっていた。

 

2日目、朝からとりわさ


朝、鳥ささみ2本を湯がいて、鳥わさにする。

箸がすすまない。全部は食べきれなかった。朝から肉は、やっぱりちょっと厳しい…。
おなかは、すいているのに…。
味噌汁飲みたい…。
そこで考えた。
これ、スープにしちゃえばいいんじゃないか?
残した鳥わさを煮て、酒と塩を入れた。これで立派なチキンスープだ。


実はこのチキンスープ、ウチの実家の正月お雑煮のスープの作り方に近い。

けっこうお腹がほっとした。TVを見ていたら、食の番組ばかり目に入った。
野菜のいっぱい入ったビビンバや、豆腐チゲにぐっときた。
生ガキを食べるシーンにも、アイスクリームのCMにも、もだえた。ハンバーガーのCMのシズル感は、ゲッ、と感じた。
わずか二日目で、肉の映像に魅力を感じなくなっている自分に、びっくりした。


昼、美味しいお肉を食べれば食欲回復するかな、と思って、お肉屋さんのセールで買った、100グラム400円のカルビを焼くことにした。

…さすがに美味しい。
やっと食欲がわいた。やわらかい。でっかいかたまりの部分の、噛みごたえが気持ちいい。
脂身がうまい。脂身をうまいと思うたびに、なんだか罪の意識を感じるのって、何故だろう?ゆっくり食べたんだが、食べきれなかった。おなかにたまらない、量だったんだけど…。
夕食は友人知人たちと、高円寺の美味しいベトナム料理屋さん、オーセンティックでごはん。
お店に事情を話して、肉だけメニューを2品作って頂いた。大変申し訳ない。


もう見るからにイケてる角煮。ベトナムの独特なスパイスの味がきいてます。

こちらも、たぶんレモングラスで味付けされてて…、普通に焼いたってこんなに美味しくならない、プロの技。

 


皆が頼んだ鶏肉炒めも、鶏肉だけ食べさせてもらった。火加減が絶妙で、歯ごたえぷりぷり。

美味しいと、舌が感じているのに…。
箸がすすまない。正直、お肉を合計5切れ位しか、食べられなかった。
(もちろん残りは、皆でたいらげてくれた…)もう身体が受け付けなかった。333ビールで、お腹を誤魔化した。
他の皆の、普通のメニューが、羨ましくて、羨ましくて。


なにげない漬け物でさえも、羨ましくて。

サラダ食べたかったー。ベトナム貝食べたかったー。辛い麺食べたかったー。 そぼろごはん食べたかったー。
頼まなかったけど、カインチュアってスープも食べたかったー。
(好きな物語に出てくる料理なんだけど、まだ一度も食べたことがないのです)
ああああああー!!!!!欲望に蓋をしていたら、どんどん離人感が出て来た。
肉体と気持ちが離れてるというか。
モビルスーツに乗っているみたい、というか。
頭で、こうしろと命令してるからしてるんだけど、肉体はうまくいってない、というか。
食事会自体は楽しかったのに、同席してる皆を遠くに感じた…。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.