デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ちしきの金曜日
 
いい声でしゃべると説得力が増す

いい声で留守電応答メッセージを作る

林:ここでとっておきの留守電応答メッセージを
林:前に住さんが僕のも作ってくれたんですよね。いま使ってます(「アノ声の人に留守電応答メッセージを吹き込んでもらう」)
住:ドコモのメッセージをやってる中村さんですよね。
林:やっぱりいい声だと留守電も安心するなと思ったんで、僕のをボビーさんに吹き込んでもらったんですよ
住:いいですねぇ

住:うざい!
住:なんで留守電が名乗ってるんですか?
林:初めてのパターンですよね。「留守番をしているボビーです」
林:小さい人が携帯に入っているイメージです
住:せめて、林を最初に言って欲しいですよ。間違い電話と思ってしまう
林:ああそうか。そうですね。
林:いい声は説得力があるという話が、まるっきり逆になってますか。
住:ええ。あの「まだですよ」とか絶対いりませんもん
林:僕がセリフ書いたんですけどね
住:アドリブじゃないんですね
林:恐ろしいアドリブ版もあるのですが、そのまえに
林:住さんにプレゼントです
住:え?まさか?

 

いい声の留守電応答メッセージ、住さん用

林:つかってください
住:えっと、最初から1つ1つ振り返っていいですか?
林:はい

住:まず、そこ!
住:名乗るな!っていう
林:あ、だめですか
住:間違えって思いますよ。100%
林:切りますね。まず
住:ええ。DJボビーにかけたって
林:じゃあそこは目をつぶってもらうとして、つぎはどこがだめでしたか

住:そこ止めてもらっていいですか?
林:おふろがだめだった?
住:いえいえ、全部です
林:ここは由美かおるをイメージしまして…
住:僕が何をしてるか、言う必要あります?
住:電波の届かない所にいるってことで、何とかなりませんか?
林:みんな想像しますよ。住さんの入浴シーンを
林:乳首が泡で隠れてる系の
住:いらないんですよ。その想像が
林:もしかしてお酒を飲んでるのかも、ってところの声の丸い感じがいいですよねー。ほれぼれする。
住:いや、丸いですが、駄目でしょ。お酒飲んでちゃ。商談だったらどうするんですか?
林:何回も取り直しました。本格的なスタジオで
住:そっか……、そんな大掛かりな感じだったんですか…
林:ディレクターは岡田さんです。
注)ラジオ番組制作会社オービチューンのディレクター。2008年に放送していたFMノースウエーブの番組はオービチューンで制作していた。
住:ディレクターまで?
林:プロ用のツールでマスタリングしてますから

DSCN2687.JPG

ディレクター オービチューン 岡田さん

住:そういう事だったらセリフ考えさせてくれたら良かったのに。
林:「趣味、特技」もおもしろいですよね?
住:そこです。それ、いらないでしょ
林:うれしいですよ、きっと、吹き込んでくれたら
住:吹き込む方も、それを聞く方も、両方うざいと思います。
林:たしかに切っちゃえと思う2番目の山ですね

住:ええ、あと最後
住:張り切らないでしょ、普通
林:この留守電だと意外な声が入ってるかもしれないですよ
林:取引先から、張り切った声で特技とか吹き込まれてるかも
林:「い、一輪車!」「鼻の穴に10円玉が入ります!」
住:そっか、確かに新しいコミュニケーションかもしれないって気がしてきました
林:ファイルおいていくので使ってください
住:使わないと駄目ですか?
林:あの中村さんのやつ、いいですもんね
住:そうなんですよ。
林:あれを消してまでとはいいにくいです
住:いや、相当手間がかかってることも分かりますし、ボビーさんも岡田さんも良い人ですけど
住:せめて最初のフレーズ、カットしてもいいですか?
林:編集して自在につなげていいですよ
住:DJボビーです。って言い切っちゃってますから。
林:そこ切っちゃうか
住:最後につなげる感じで検討させてください

 

留守電応答メッセージ 昭和ディスコ風

林:じゃあ、僕がこれを使うからという条件ではどうですか
林:僕のがあるんです。もうひとつ
林:これがアドリブ版です

住:えっと、まず、第一声が古いですよね?ディスコフィーバー?
林:ディスコDJ風がいいんじゃないって、岡田さんが知恵入れしまして
林:これに関しては僕もひとつひとついいたいのですが、
林:やっぱり途中で留守番が自己紹介始めるところが納得いかなくて
住:あ、でもどうしてボビーさんが永遠の29才なのか、ようやく謎が解けました。
林:フィーバーフィーバー!
住:林さんの電話にかけた感が一切ないです
林:これ、母親が聞いたら卒倒するかも
住:留守電詐欺?
林:逆おれおれ
住:そういう力を感じますね。この留守電

収録は深夜にまで及んだ

林:このあとボビーさんのテンションがあがって、
林:マイクの前で変なことを言っていた一部がこれです

住:何ですか、このバブル真っ盛りなオッサンは!
林:ボビーさんの中ではまだバブルが続いてます
林:ソクソクパロパロにいたってはもう唐突すぎて
林:タガログ語らしいです
住:なんで急にタガログ語が?
林:ボビーさんに「なんで」は無用ですよ
住:ああ、そうでした。

音のマジシャン オービチューン

住:なんですかこれは?
林:ただでスタジオとディレクターかりて音を作ってもらうかわりにオービチューンの宣伝してくれって言われてて
住:でもこの写真でいいんですか?
林:うーん、でも岡田さん本人の希望ですからね。宣伝コピーとしては
「ラジオ番組制作、音にまつわることならなんでもどうぞ。音のマジシャン オービチューン」
です。ラジオ番組作りたいなーというかたがいたらオービチューンにお問い合わせください。
住:うっとうしい留守電応答メッセージを作りたいかたもどうぞ。

林:今回はそのプレゼントもあるんですよ。


<もどる △この記事のトップへ つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.