デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


はっけんの水曜日
 
セミを捕って食べる

これは素揚げです
中身はこんなかんじ。むちっとしてます
セミの幼虫の味はトップクラスだそうです。うまい!

ひとたび口に入れてしまえば、虫という感覚はなくなってしまう。川エビと同じようなものだ。

最初おそるおそる手にした人たちも、どんどん食べるようになっている。みんなで食べれば怖くないという心理もあるので、大勢で集まって食べるのは有効だと思った。

 

セミ成虫の素揚げ

いよいよ成虫を調理する。生きたまま油に投入するというワイルドな素揚げ、楽しみ。


洗って水分を取ります

揚げます。厨房から鳴き声がなくなるとちょっと寂しい…

おいしそうに揚がりました。キラキラしてます

サクサクしておいしい

成虫は体が大きいので空洞が多いが、歯触りが軽くてよい。サクサクカリカリしている。幼虫の味にあるような植物のかおりはない。さらに川エビの唐揚げに近くなった。でも私は川エビよりこちらが好みだ。肉の旨味がしっかりしていて、食べ応えもある。


塩だけで延々と食べられる
バッタもいいけどセミもいいなあ(常連さん)

 

ついにゴキブリを食べる日が

さて、セミ会ではセミ以外にもいくつかの昆虫が用意されている。まずは、ずっと興味があった外国種のゴキブリである。


これはもしや
Kさんの手の上でくつろぐアルゼンチンモリゴキブリ

日本のゴキブリより動きが鈍く、手の上に乗せてもじっとしている。Kさんが「くつろいでますね。顔洗ってますよ」と言うのでよくみると、脚で顔をぬぐっていた。まるで猫だ。はっきり言ってかわいい。これなら愛せる。実際、こういったゴキブリは海外でペットとして飼われることもあるそうだ。
日本のゴキはすばしっこいので愛してもらえないのだよ。ちょっとは海外のゴキを見習ってほしいものだ。

愛しながら揚げる

慣れた手つきの内山さん
シマシマ

アルゴキは揚げるとお腹の線がパカっと開き、きれいなシマシマになる。内山さんが料理しながら「このシマ模様が実にいいね」と言っていた。
それを聞くと本当にこのシマシマが美味しそうに見えてくる。でもなぜシマシマがそそるのかはよくわからない。内山マジックと言うべきだろうか。


美しいシマシマ

サクッとカリッと
いける!
おいしい!


ウワサ通りの美味しさ

揚げたてに塩をふっていただく。まったくクセがない。香ばしい極上のおつまみだ。セミにくらべて初心者向けとも言える味。
食べてもよし、飼ってもよしのゴキブリなのか。
ちなみに、日本の森に生息するオオゴキブリも同じように美味しいらしいので、海外の種類が手に入らなくてもその気になれば食べられるという事だ。
しかし台所に出るチャバネやクロゴキブリはいまいちだったとのこと…(内山さん談)。


< もどる ▽この記事のトップへ つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.