デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ちしきの金曜日
 
離島の注意書きが面白い


五島に取材に行った時のアウトテイクス的な話です

先日、五島に行った時にみかけた注意書きがいちいち面白かった。

注意書きはそもそも面白がらせようと思って書かれるものではなく、迷惑を被ってる人がいてやめてほしいから訴えてるものだ。なのでそれを面白がるというのはやや不謹慎かもしれない。

が、その背景にある「注意されてる人の自由な行動っぷり」をゆっくり想像してみると、注意書き自体のおかしさが見えてくる。

特に離島は、陸で繋がってる本土とは細かいところで文化・習慣の違いみたいなものが感じられ(私はそれを「プチ外国」みたいだと思ってる)、注意書きの類も興味深い。

という地味な面白さについて見ていきたい。

T・斎藤



どこでだって洗うぜ

まずは五島へと向かうフェリー乗り場にあったもの。

トイレに入ったら、洗面台のところにこんな注意書きが貼ってあった。


フェリー乗り場のトイレに貼ってあった注意書き

公衆トイレは数あれど、洗濯と髪を洗うことの禁止を訴えてるトイレを見たのは初めてだ。節水とかの問題じゃないと思う。
が、こういう注意書きがあるからには、誰かここで洗濯したり頭洗ったりしてる人がいるのだろう。

もし自分の知り合いがここで頭を洗っていて
たまたまその瞬間を目撃してしまったら
爆笑して人に自慢しまくると思う。


駐車代割引システム

フェリー乗り場の前の駐車場に車を停めた。
旅程は2日間だったが、丸2日停めっぱなしにしたら駐車料金がけっこう高くつくなーと思ったら、割引き制度があった。


初めて見たタイプの割引システム

駐車券を島まで持っていって、そこにある「認証機」に券を通すことで割引が受けられる、とのこと。

本当にフェリーを利用したかどうかを確認するために、このような仕組みを採用しているのだろう。

福江島に到着後、真っ先に認証機を探すと、
すぐにそれは見つかった。


これが認証機。

この箱に駐車券を通すことで割引が受けられる。

横に注意書きがあったので見てみると・・・


どこに持ってくの?

そこには「持ち出し厳禁」の注意書きが。

たしかに持ち出されては困る。
が、これを一体どこへ?

家に持って帰ってしまった人でもいたんだろうか?
(家にあっても何ひとついいこと無いのに!)
それとも船に乗せて長崎港まで運んだ人でもいたのだろうか?
いずれにせよ意味不明だ。

認証システムを根底から覆すアナーキーな人が、この島のどこかに潜んでいる。


充電スポット

次は奈留島のフェリー乗り場にあったトイレにて。


入り口のコンセントのところに何か書いてあった。

ここで充電しなくても…

公共施設の電力を勝手に使ってはいけないということよりも、トイレの前で充電するという発想が面白い。自由だなぁ、と思った。


大都会ではなかなか見られない事件も発生。

味のある手描き看板

注意書きとはちょっと違うが、
看板にも興味深いものが幾つかあった。


五七五になってる。

夜道の一人歩きに注意を促す看板。
うん。こわいよね。

ちなみにこの看板が立っていたのは、こんなロケーション。
自然が美し過ぎる。


雄大な景色。

道の細いところでは、あちこちで小規模な崖崩れの痕があった。これもこわい。

不安なディフェンス

こちらは環境をテーマにした呼びかけ。


守らなければ!

ぐらぐらとした不安げなフォントに、
「守らないと!」
という気持ちが沸いてくる。


美しくしないと!

見てると
「きれいにしないと!」
という気持ちが湧いてくる、絶妙に乱れたレイアウト。


五島の海は本当にきれいだった。

ゲームコーナー併設のコンビニ

注意書きの話からどんどん離れていくが、
たまたま立ち寄ったコンビニがまた自由な感じだった。


コンビニの一角にすっぽりとした空間があって、

ゲームコーナーになっていた。

1人2役

こちらは土井浦港のフェリー乗り場で見かけた「お客様へ」。


船の接岸準備のため、切符販売は10分前まで。

切符を売る人が船の接岸作業もやってますよ、というメッセージにも受けられる。どの係りの人を呼んでも同じ人が出るパターンだ。

 

意外と多いらしい密航・密輸

密航・密輸といった看板もあちこちで見る。
これは離島に限らず長崎に来てから、海沿いでよく見かけるようになった。


「118」って知ってました?

初めて見た時、
「え?密航とかってそんな普通にあるもんなの?」
と思ったが、その後地元の人に聞いたら
「ゾロゾロ上陸して来るのを見た」
なんて話もあって驚いた。


かっこいいポスターもあった。これは全国版だろうか?

俺は絶対許さない!

離島はコネタがいっぱいあって楽しい

以上、取材中に離島面白い!と思って気になった注意書き・看板たちでした。

でもこうして改めて見てみると、離島ならではという感じでもなかったかも。。楽しく感じたのはいわゆる“旅テンション”というやつでしょうか?


 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.