デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ひらめきの月曜日
 
ねっとりVSほっくりスイートポテト

やーきいも! やーきいも!

10月の初旬はまだ遠くから聞こえてきたコールの声が、時がたつに連れて徐々に大きくなってきた。

やーきいも! やーきいも!

そして11月。暦の上での冬のはじまり、立冬を目前として、私の耳にはもはやがなりのようにそのコールの大きさが増している。

やーきいも! やーきいも!

焼き芋、シーズンインである。

さて以前から、焼き芋というと皮近くのじゅわっとしてねっとりした部分と、中心部のほっくりした部分についてなんとなく思うところがあった。ひとつの芋なのに、だいぶ食感や味が違う。分解して別々にスイートポテトをつくれば、全く別の味のお菓子ができるのではないか。

(text by 古賀及子



焼き芋の、層

品種や焼き方にもよるとは思うが、焼き芋には層がある。皮に近い部分が茶色がかった黄色で蜜を感じさせるねっとり部分、中心部が黄色くほくほくした部分だ。


このような焼き芋において→ Aの部分がねっとり部、Bの部分がほくほく部

AとBでは、味も食感もかなり違うと思う。

焼き芋に興味のない方は、揚げカレーパンと焼きカレーパンぐらい違うと思っていただければいい。そう、芋好きにとっては、揚げるか焼くかぐらい違うのだ。

個人的に、私はねっとり部分が大好きだ。ほくほくの5倍ぐらい好きだと思う。同じようにカレーパンも焼きカレーパンよりも揚げカレーパンのほうが5倍好きだ。

※カレーパンを出して焼き芋に興味のないかたも記事に巻き込もうとしておりますが、そろそろ本気になるため、焼き芋の話しか出てこなくなります。ご了承ください。

層で分解して、別々にスイートポテトを作る

今回は、あらためてねっとりと ほくほく、2つの層を食べ比べつつ、最終的にそれぞれを使い分けて2種類のスイートポテトを作ってみようと思う。

ねっとりVSほくほくをガチンコで勝負させてみよう。


焼き芋のねっとり部は、カレーパンでいうなら揚げカレーパン

焼き芋の焼き方2009

まずはとにかく芋を焼こう。芋を焼かねば始まらない。

以前、こちらのサイトで様々な器具を使っての焼き芋の焼き比べをする記事を書いた(こちら「結局、芋は何で焼けばいいのか 」)。


上記記事より、土鍋で焼いた芋 同、魚焼きクリルで焼いた芋

ねっとり部分を大量生産するのには、土鍋か魚焼きグリルを使うとよいという結果が出た。

実はその後も個人的に焼き芋の研究を続けていたのだが(研究といっても芋焼いて食べてただけ)、現在は土鍋や魚焼き以上に手軽にねっとり部分を生産する焼き方として

ぬらした新聞紙にくるんでからホイルでつつみ、180℃のオーブンで40分(芋の大きさにもよる)焼く

という方法に落ち着いた(ちなみにうちは新聞をとっていないので、くるむのはいつもだいたい区報だ)。


今回用意したのはスーパーで買った大きな紅東 ホイルでくるんだら、ちょっとした武器に

というのも、以前記事を書いたときは自宅にオーブンレンジしかなかったのだが、天火のオーブンがある家に引っ越したのだ。

天火は革命だった。

こう書くとなにか神秘的なことが奇跡をもたらしたようにも読めるが、実際は天火のオーブンレンジで芋がうまく焼けるようになったという話である。

いや、でも私にとってはそれは神話級のできごとだったわけだ。焼き芋ひとつのためにも、天火のオーブンのある家に引っ越してよかったと思った。

焼き芋好きの方は本気で検討してもいいかと思いますよ。もしくは、洗った芋をもって家に来ていただければ、お焼きします。


焼けました! 区報からぼうぼう湯気が立ち上がる(写真には湯気が写らんかった)

ねっとりとほっくりを分ける

そういうわけで、神話的な奇跡でオーブンで芋が焼けた。

スイートポテトを作る前にまずはねっとり部とほっくり部をそのままで食べ比べてみよう。焼けたばっかりの芋をぼっこり割ってみると……。


こんな写真ばかりでさすがに私も大丈夫だろうかと不安になってます

断面を確認すると、だいたい皮から1.5cmぐらいがねっとり部だろうか。

ちょこちょこと食べて確認しつつ、ねっとり部とほっくり部を解体していった。


夜、芋を焼く。そして背中を丸めて試食しながら解体する

まずは、そのまま食べてみよう

結果は、以下の通りだ。

ほくほく部
 ・あつい
 ・うまい
 ・ほくほくだ

ねっとり部
 ・あつい
 ・うまい
 ・ねっとりだ


左、ねっとり。右、ほっくり

……。食感だけで、それほど味には違いはないのだろうか。いや、今思うと、早くスイートポテトを作りたくて気持ちが焦り、冷静に食べ比べが出来ていなかったのだろう。

実際、スイートポテトを作って食べ比べて、ほくほく部分とねっとり部分でかなり味が違うことに気づいた。すべては、スイートポテト作りの後に明らかにしたい。

この記事、まさか2ページ展開までひっぱれるとは自分でも思いませんでした。


次ページ、スイートポテトを作りながら卵白についても大事なご報告が

同じ芋から2種のスイートポテト、できました >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.