デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


はっけんの水曜日
 
もんじゃ焼きのお祭りに行ってきた


 

ボクは群馬県出身なんですが、群馬には東京・月島などで食べられるものとはちょっと違う進化行程を経た“もんじゃ焼き”がありまして、ボクはその群馬系もんじゃ焼きが大好きだったのです。

そんな群馬系のもんじゃ焼きを野外で焼いて食べまくるというお祭りが、群馬県伊勢崎市で開催されるとのこと。こりゃあ行かなくっちゃ!

(絵と文:北村ヂン



もんじゃ焼きのお祭りがあるらしい

もんじゃ焼きってどの程度メジャーな食べ物なのか分かりませんが……。まあ一般的にはやはりもんじゃ焼きと言ったら東京の月島ってイメージであり、月島あたりで食べられるもんじゃ焼きこそが「THE もんじゃ焼き」なんだと思います。

しかし、群馬県には月島のもんじゃとちょっと違うもんじゃ焼き文化がありまして、群馬出身のボクは、はじめて東京でもんじゃ焼きを食べた時に「なんでこんなに具が色々入ってるの!? そしてなんでこんなに高いの!?」と驚いたものです。

月島のもんじゃが、比較的大人に向けて色々な具を入れて豪華になっていったのに対して、群馬では駄菓子屋の片隅で売られていたチープな食い物としてのもんじゃがそのまま残っているんですよね。だから具も全然少なくて、水っぽく、その代わり異常に値段が安い!

そんな群馬系のもんじゃ焼きをもっと広めようということで、群馬県伊勢崎市では毎年「いせさきもんじゃまつり」なるお祭りを開催しているんだとか、そこでは野外で1500食分ものもんじゃをガンガン焼いてみんなで食べているらしいです。野外でもんじゃを!? これは楽しそうな予感がします。

……ということで、会場である「いせさき市民のもり公園」にやって来ました! この中にある「汗の広場」というところでやってるらしいんですが……しかし、汗の広場って。なんか汗臭そうで食べ物を食べたくない感じしませんか?

あ「あせ」じゃなくて「汗(かん)の広場」って読むんですね。どっちにしろよく分からないネーミングセンスですけど。

ま、とりあえず行ってみましょう。

……ん? ラーメン!?

カレー?

手作りお菓子、みそおでん、煮たまご、ソースコロッケ?

ジュース、マドレーヌ、きなこあめ、ごませんべい?

お祭りらしく、沢山の食べ物屋台が出ていますが、「もんじゃまつり」だっていうのに肝心の“もんじゃ焼き”の屋台がどこにもありません。

うおっ、ものすごい数の“もんじゃ”のぼり。「すわ合戦!?」といった雰囲気が醸し出されております。そうか、もんじゃは他の屋台たちとは別にスペースが用意されているのね。

そして……

ええーっ! こんなに行列が……。

共産主義国家のマクドナルド開店日でもなかなか見れないような大行列! まさか「いせさきもんじゃ祭り」がここまで熱狂的に盛り上がっていたとは!

……と驚愕していたら、この列はもんじゃとは関係がない、苗木の無料配布キャンペーンの列でした。

しかし、もんじゃの列もなかなか負けてません。共産主義国のマクドナルドとまではいきませんが、Windows7発売日くらいの列は出来ているんじゃないでしょうか。

この「いせさきもんじゃまつり」では、もんじゃみこしをゴーカイに担いだり、もんじゃ音頭をみんなで踊ったり、もんじゃ山車が町中を練り歩たり……なんてことは全くなく、もう基本的に催し物は「いせさきもんじゃ大試食コーナー」一点突破!

もんじゃ音頭とかも、個人的にはちょっと作って欲しい感じはしますが、そういう変な小細工ナシのシンプルなお祭りというのも「とにかく食え! そうすれば分かる!」という意気込みが感じられてなかなかイイですよね。

 

トロリと溶けてるもんじゃキャラ

そして特筆すべきはこの値段の安さ! ノーマルもんじゃで200円、チーズ&明太子入りというデラックスバージョンでも300円とは……。月島あたりで食べると700円、800円くらいは平気で取られることを考えると、超デフレ・プライスです。

これは別にお祭りだからということでの特別価格ではなく、この辺のもんじゃ焼きの値段って大体こんなモンなんですよね。

そして、値段以上に気になってしまうのが、この「もじゃろー」という名前のイメージキャラクター。

もんじゃ焼きを擬人化したキャラクターなんでしょうけど、全身がこうトロリと溶けちゃってますからね……。


後ろ姿もまた味があります。これは多分、もんじゃ焼きを食べる“ヘラ”を背負っているということなんでしょう。そして緑色の物体はキャベツかな……。とてつもなくユル〜いキャラです。

さらにこんなものも……「いせさきもんじゃ」の文字を組み合わせて作った「へのへのもへじ」的な顔! これはいくらなんでもゴーインなのでは……。髪型はかなりアバンギャルドなことになっちゃってますし「や」の字なんて一個多いし。

……なんてことを思っていたら。

えっ!?

まさか、こっこれは……。

うわっ出た! 「もじゃろー」着ぐるみだ! やっぱり、ゆるキャラといったら着ぐるみもないとですよね。それにしてもこの着ぐるみ、手作り感覚溢れすぎでしょ。

足下なんて、完全にフツーの人ですからね。ズボンとスニーカー丸出しです。

あまりにコーフンして、思わず一緒に写真を撮ってしまいました。ウレシー! ウレシー!


次ページ、いよいよもんじゃを食べます >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.