デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ロマンの木曜日
 
おもりを外して強くなりたい

結構大変おもり生活

この日からずっとおもりをつけたまま。どれくらいつけていればいいか分からなかったので三週間のおもり生活。これがなかなか大変だった。


階段上るのが大変大変。


それまでは歩こうと思うだけで自然に足が動いていた。けれど、おもりをつけるとそうはいかない。歩くときには力を込めなきゃ足は動かない。歩くというのも運動なのだ。

そうして動かした足は自然には止まらない。悪魔(おもり)が僕を振り回す。歩くだけでも力を使う、鍛えられる。


この写真は寝てるフリだけどな。

もちろん寝ているときも外さない。おもりがベッドで 支えられるから別に重くないだろう。その考えが大間違い。 おもり部分だけ引っ張られる感覚があり、寝返りもままならない。


なんかあざ出来てた

寝起きも悪く、疲れが抜けていないように感じるが、これが鍛えられているって事なのか…
おもりのせいか、走ったせいか、次の日は筋肉痛だった。

 

負けずにおもり生活


魚屋さんでもおもり
ビール飲んでてもおもり

そんな逆境の生活でも人は負けない強さを持っている。歩くときは自分の意思で足を踏み出し、地面を踏みしめる。振り回されず自力で前に進んでいると実感できる。

ここだけ読むと凄くいいこと書いているが内容はおもりに慣れたって事だけだ。


 ラジオ出演中もおもり
千葉に行ってもおもり

きつく締めると汗をかく。ゆるく締めると揺れて動きづらい。行動によっておもりの巻き方を変えるようにしてからはおもりが苦ではなくなった。


楽してる


むしろおもりで手の位置を調節して楽にタイピングをするようにまでなった。僕の中に巣食う悪魔を支配した、乗り越えたと言って良いだろう。

 

おもりを外す前に能力測定

もうこうなるとすぐにでも外したいものだが外す前の修行の成果も試したい。

 

垂直とび 修行後(おもりつき)


飛べて、無い?


感覚的にはおもりは無いも同然だ。おもりをつけずに出した記録、50センチに迫るものだと思っていた。

記録30センチ。

何回飛んでも30センチ。え?本当に?おもりを外した記録はおろか同じおもりをつけた修行前の記録にすら負けている。あばー。

 

16メートル走 修行後(おもりつき)

おもりをつけてから、飛ばなかった。飛ぶ機会が無かった。そりゃあ記録も上がることは無い。その点おもりをつけて歩き、走ってきた今なら走るのは早くなってるだろう。


ダイナミックなフォームだぜ


うおー、走った走った!今回はおもりに振り回されずそれを勢いに変え走りきった!!タイムは、4.18秒。うあー!遅い!!これまた修行前の記録を下回る。

 

意識としては速くなってる、おもりに負けていないつもりなのだがどうしてなのか。

 

おもりを外したときの開放感はものすごい

もうおもりをつけた状態であれこれ言ってもしょうがない。重要なのはおもりを外して強くなることだ。

つけたばかりの頃は重くて邪魔でしょうがなかったこのおもり。三週間を経た今はまるで体の一部のよう。

ついに外す時がきた。おもりによって封印されて来た悪魔が解放される。一体どうなってしまうのだろうか(ここでの悪魔とは僕自身のことです)。


解放!無駄に大きな画像にしちゃうぜ!!


うぉー!足が軽い、手が軽い。体の全てが軽く感じる!!普通に歩いているつもりでも体が少し飛び跳ねる。何故か地面がやわらかく感じる。体の感覚が全然違う。

イケる。これは凄い!まさかこんなに変わるとは、自分自身にこんな力が秘められていたとは。今ならイケる。どれだけでも速く走れる、高く飛べる。


そりゃあ本当は外して食べたかったよ。


それと同時に今までの「おもりをつけなければいけない」という意識からも解放される。

いいんだ、俺はおもりを外してもいいんだ!こんな軽いまま生きていていいんだ!!肉体的な開放感と、精神的な開放感。その全てが僕のテンションを上げる。

 

現実はおもりよりも重い

今の俺なら飛べるはず。早く飛びたい、高く飛びたい。自分の記録が楽しみでしょうがない。


うぉー!!


垂直とび 修行後(おもりなし) 

力を込めて地面を蹴る、軽い体が宙を舞う。重力に逆らい高く上る。これは、これはきたんじゃないか!?


記録40センチ

うあー!低い!!おもりを外す前より高く飛べてはいるけれど、おもり生活前より低いこの結果。にわかに信じがたいがこれが現実だ。

 

案の定な感じです

こんなに体が 軽くなったのにジャンプ力は下がるとは。だけど走りは違うだろう。ただ歩くことすら速くなった今の俺。スピードにはちょっと自信がある。

16メートル走 修行後(おもりなし)


びゅーん!


わぁ、速い。俺、速い。 と思った。本当に走ってるときはそう思った。本当に思ったんだよ。

記録 3.78秒

遅く、なった。おもりをつけていたときよりは速いが何もしていないときよりも遅い。自分自身にかける言葉が見当たらない。

もう見てもらっても特に意味はなさそうだが動画も撮ったんでよろしければご覧ください。


音は出ません。おもり付き→おもり無しの順です。 


よし、言おう。重りを外しても、強くなれない!!
なので現実には重りを外しても下のようになります。


クリックで現実が見れます。

おもりを外しても能力が上がらなかったのはおそらく疲れのせいだ。寝てるときもつけるから疲れが抜けない、外すまでに体力を使ってしまう。

休むときは外したり、重さの調節をしたりすればいい結果が出るかも知れないが、それなら普通に筋トレするよ。

だからといってマンガが嘘かというとそうでもないと思う。外したときは強くなった気がしたし、本当に速く走れると思った。精神的なことだがそれが事を左右することはいくらでもあるだろう。

つまり、「おもりを外して強くなるのは強くなった気がするから」だ。なんだか凄くバカっぽい結論になってしまった。

それなら手足にジュース着けて生活するわ。飲めるし。



< もどる ▽この記事のトップへ  

 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.