デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


フェティッシュの火曜日
 
ロボットがかわいい時代が来た

ロボットといえばこういうのじゃないですか?

ロボットといわれてまず最初に思い浮かべるのって、どういうのだろうか。

僕は、スター・ウォーズに出てくるR2D2とC3POだ。人によってガンダムだったりアシモだったりウォーリーだったりすると思うのだけど、なんにしろ、けっこうゴツゴツしてたり、メカメカしてたりするものじゃないでしょうか?

それがなんか最近のロボットってそうじゃないらしいんですよ、というレポートです。

(text by 石川 大樹



もうロボットはメカメカしてない

先日、東京ビックサイトにて行われた国際ロボット展2009。産業用から民生用まで、とにかくロボットなら何でもあり!という、大ロボット祭りみたいな展示会である。

今日はメカメカした物がたくさん見られるぞ!と意気込んでやってきたのだが、会場についてみるとちょっと様子が違うのだ。ちやほやされているロボたちの姿が、なんというか、一言で言うと「かわいい」のだ。

 

そんなにつぶらな瞳で見つめないで

福祉の現場でかわいい

たとえばこれを見てほしい。このちょっとうるんだ感じのつぶらな瞳。露骨に「かわいいでしょ」って感じで迫ってくる。あざとい。でもかわいい。「俺は認めんぞ!」と思いながらも、顔はしっかりほころんでいる。

これはロボット・セラピー用ロボットだそうだ。ロボットとのふれあいで人間に癒し効果を与えよう、というもの。このロボットを筆頭に、医療や福祉分野で直接人に触れるロボットは、かわいいものが多い。


雪だるまみたいな眉毛

こちらもセラピー系のロボット。会話したり、音声ででゲームをしたりできる。

この顔。素朴ですっとぼけた感じはわざとやってるに違いない。そしてチャームポイントはほっぺた。淡く光って赤らむ(緑らむ?)だけでなく、可愛さを前面に打ち出すあまり、ハートマークである。狙いすぎだ。


なんかクタッとしてるのも、たれパンダ先輩を意識しているのだろうか

「かわいい=パンダ」、ド直球できたのがこれ。そのかわいさについてノーと言わせない潔さがある。そのうえ所沢から来たトッコちゃんという軽快な愛称もついている。

用途は同じくセラピー用。人間から笑顔を引き出すためのロボットで、デジカメのスマイルシャッターみたいな感じで人間の笑顔を識別して、それに応じた反応を返す。笑顔の量によって反応も違うのだ。

パンフレットに「親しみやすい動物の形状」って書いてある。うん、それパンダだよね。


上の3つは、その用途ゆえに、人の心に入り込まなきゃいけないロボットたちだ。心理的障壁をなくすために、動物を真似た親しみやすい見た目になっている。

ロボットだけ見たらあざといなーとか思ったけど、そういう理由があるなら、「少しでもかわいくしなきゃ」という姿勢はむしろ努力として評価すべきところだ。

でも可愛いのはそれだけじゃない、それ以外の現場のロボットもやっぱり可愛いのだ。

 

よく見ると下半身にも笑顔がついてる。しかもかわいい

これもおなかにも顔ついてる

他の現場でもやっぱりかわいい

左の写真はパペロ君というロボット。研究試作ロボットで、特定の用途は無いようだが、話しかけると答えてくれたり、キメポーズをとってくれたりする。

そのキメポーズっていうのがまた、ほおを赤らめながらすごく愛らしいポーズをとるのだ。おまえ用途もないくせに、なにかわいいぶってんの、って思う。思わずほおをゆるませながら。

そしてその下の黄色いのが、コミュニケーション・ロボットのワカマル君。パッと見は虫みたいな顔だけど、眉間についた点々がアザラシっぽいかわいらしさを醸し出している。

左下の写真は、人の動きに同期してワカマル君が動くというデモだったのだけど、おぼつかない感じで手をフリフリする姿にかなりキュンときた。

そして真下にある写真の白いのは、汎用ロボット。一台で道案内やものの運搬、見回りなんかもこなす。

ヘルメットの下からのぞく顔は一見真っ暗で銀河鉄道999の車掌さんを思わせる不気味さがあるけど、その奥には顔。顔文字でいうと「('-')」こんなかんじの顔が覗いている。

この顔、口がなかったらけっこう無機質な顔だと思うんだけど、たった一本の線でおすまし顔の完成。開発者が「なんとかかわいくしたい」と考えた末の、キメの一手だったに違いない。


なんかよちよちした動きでたまんないんですよ
体はけっこうマッチョなのに、顔が ('-')

 

かわいいと壊されない

スバルのブースにいたのはフロア清掃用ロボット。後ろ姿を見る限りは武骨な感じで、いかにも実用ロボットといった感じだったのだが…。


やっと無骨なロボットきました。こういうの想像してたんだよね。しかし振り向くと…
「キリッ!」

液晶画面に顔。ここにつけたか!そうまでしてかわいくしたいのか!と、もはや衝撃すらうけた。

ブースの方に「やっぱり顔つけたりしてかわいくするのがトレンドなんですか?」ときいてみたところ、「顔があった方が愛着が湧きやすいですし、そうすると乱暴に扱ったりされないですから」とのこと。なるほど、実用品は実用品なりの理由があってかわいくしているのか…。ツッコミ入れるくらいの感覚だったのだが、思いっきり腑に落ちてしまった。

 

 

つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.