デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


不安な土曜日
 
シャイニングなホテルに泊る

237号室の不思議

映画の中で237号室はとても怖い部屋である。Youtubeに237号室にトニーが入ってしまうシーンのみの抜粋があった。

https://www.youtube.com/watch?v=HQJJto27dQg

この後、トニーは誰かから首を絞められた跡をつけて、お母さんのもとにやって来る。誰もいるはずのないオーバールック・ホテル……、237号室には「何かがいた」のだ。

もちろん、ホテル立山に「シャイニング」的な現象があるはずもない。ちょっとした記念として、237号室の様子を見てこよう。

非常階段を下って2階に向かった。


非常階段を下って2階へ

2階の非常ドアの横に、部屋の案内があった。


部屋の案内表示

201から239の客室と、会議室、麻雀室があるらしい。
237号室もあるようだ。

非常ドアを押して2階に足を踏み入れた。


どよーん

真っ暗だった。

暗さに驚いて、慌てて締めてしまった。

何だこの暗闇は。


どよーん

気を取り直してもう一度ドアを開ける。
やっぱり暗い。

どうやら今日の宿泊客は全員3階に泊っているらしい。2階の営業は既に終了していたのだ。

どうする?
この暗闇の中、237号室を見に行くべきだろうか?

期せずして肝試し的な展開になり、しばらく躊躇した。


全部の部屋のドアが開いていた

少し歩くと、全ての部屋のドアが開いている。全室、掃除を済ませているようだ。真っ暗な廊下とドアが開いてる部屋。怖過ぎる。

しかし、わざわざ立山まで来た、という気持ちの方が勝り、ゆっくりと237号室を目指した。


がーん!

そして僕は衝撃的な看板を目にしてしまった。

非常階段には「201〜239」と表示されていたのに、2階のエレベーターフロアでは236号室までしか表示がないのだ。

なんということだ。
何らかの理由で237号室がなくなっている。

この表示を見つけた途端、一気に酔いが醒めて全速力で走って逃げた。
急いで非常階段を駆け上り自分の部屋に入ってカギを閉めた。

ホテル立山がそういうホテルじゃないことは重々承知している。

でも、怖い。

あまりにも怖くて、この日は一睡も出来なかった。ベッドの上で何度も寝返りを打ちながら、「シャイニング」のことを考えないように努めた。


そして夜が開けた




 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.