デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ひらめきの月曜日
 
ホーム床の意匠を見比べる


 

「駅の数だけ、個性がある」

とは偉い誰かの言葉ではなく、「北海道『道の駅』スタンプラリー2007」のキャッチコピーだ。道の駅のみならず、鉄道の駅にもそれは当てはまる。

駅というのは路線ごとに画一化されているようでいて、じつはさまざまなスタイルを持っているものだ。たとえばホームの床。何気なく踏みしめるホームにふと視線を落としたとき、そこには駅ごとに異なる意匠が凝らされている。

そんな駅ホームの床(以下、ホーム床)を都内でウォッチングしてみましたので、ぜひご覧ください。

榎並 紀行



ホーム床のオールドファッション

ホームは意外とお洒落だ

「レンガ造りの東京駅」のような、分かりやすい観光資源にはなり得ないかもしれないが、よくみれば意外とお洒落な床も多いのだ。パッチワークの柄に煮詰まったらホーム床を参考にするといい。これはわりと本気のアドバイスである。

JRのホーム床などでよく見られるのはコンクリート質の無骨なオールドスタイル。こうしたベーシックなタイプに加え、ホーム床は、以下3つのタイプに分類できると思う。


地下鉄のベーシックスタイル

タイルタイプ

地下鉄はほとんどこのタイプだ。とくに正方形のタイルを敷き詰めたものが多い。この床は色違いのタイルを使って模様を描けるのが特徴。モザイク柄やドット絵、文字を描くことなども可能である。

コンクリートより表面がつるつるしているので掃除もしやすそうだ。


駅ごとに異なるマークが描かれている

紋章タイプ

観察するうち、ホーム床にはまれに紋章が描かれていることに気付いた。形もさまざま。限られた駅だけが持っている。

これがある駅には権威なり由緒なりを、べつに感じることはないが、そのマークはどことなく街並みのイメージを表しているような気がした。

 


部屋の床材に取り入れたくなるものもありました

デザイナーズタイプ

柄ではなく素材感で個性を出しているタイプである。ウッディーだったり、レザーぽかったり、高級感あふれるホーム床だ。なんとなくデザイナーズタイプと呼びたい。

このタイプはかなり希少なのだが、特別有名ではない駅にこそ、意外な質感のホーム床が見られた。

 

66の床ホームを紹介します

こうしたタイプを踏まえ、66の床ホームを巡ってきた。

駅といえばその街のランドマークであり公共の財産である。ホーム床だって超一流のデザイナーが手がけたものに違いない。そう思うと、その意匠ひとつひとつが魅力的なものに見えてこないだろうか。


JR総武線「三鷹駅」
JR総武線「吉祥寺駅」
JR総武線「西荻窪駅」
JR総武線「荻窪駅」
JR総武線「阿佐ヶ谷駅」
JR総武線「高円寺駅」
JR総武線「新大久保駅」
JR総武線「代々木駅」
JR総武線「千駄ヶ谷駅」
JR総武線「信濃町駅」
JR総武線「四ツ谷駅」
JR総武線「市ヶ谷駅」
JR総武線「飯田橋駅」
JR総武線「水道橋駅」
JR総武線「お茶の水駅」
JR総武線「秋葉原駅」
JR中央線「神田駅」
JR中央線「東京駅」
東京メトロ丸ノ内線「東京駅」
東京メトロ丸ノ内線「池袋駅」
東京メトロ丸ノ内線「新大塚駅」
東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷駅」
東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅」
東京メトロ丸ノ内線「本郷三丁目駅」
東京メトロ丸ノ内線「お茶の水駅」
東京メトロ丸ノ内線「淡路町駅」
東京メトロ丸ノ内線「赤坂見附駅」
東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目駅」
東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前駅」
東京メトロ丸ノ内線「新宿三丁目駅」
東京メトロ丸ノ内線「新宿駅」
都営大江戸線「新宿西口駅」
都営大江戸線「都庁前駅」
都営大江戸線「東新宿駅」
都営大江戸線「若松河田駅」
都営大江戸線「牛込柳町駅」
都営大江戸線「牛込神楽坂駅」
都営大江戸線「飯田橋駅」
都営大江戸線「春日駅」
都営大江戸線「本郷三丁目駅」
都営大江戸線「上野御徒町駅」
都営大江戸線「新御徒町駅」
都営大江戸線「蔵前駅」
都営大江戸線「両国駅」
都営大江戸線「森下駅」
都営大江戸線「清澄白河駅」
都営大江戸線「門前仲町駅」
都営大江戸線「月島駅」
都営大江戸線「勝どき駅」
都営大江戸線「築地市場駅」
都営大江戸線「汐留駅」
都営大江戸線「大門駅」
都営大江戸線「赤羽橋駅」
都営大江戸線「麻布十番駅」
都営大江戸線「六本木駅」
都営大江戸線「国立競技場駅」
都営大江戸線「代々木駅」
都営大江戸線「新宿駅」
東京メトロ東西線「日本橋駅」
東京メトロ銀座線「三越前駅」
東京メトロ銀座線「銀座駅」
東京メトロ丸ノ内線「四ツ谷駅」
東京メトロ東西線「東陽町駅」
東京メトロ南北線「飯田橋駅」
東京メトロ南北線「四ツ谷駅」
東京メトロ銀座線「新橋駅」

 

神宮球場がある信濃町には野球にちなんだタイルもありました

特にぐっときたものを紹介します

スクロールお疲れ様でした。ここまでたどり着いた人はせっかくなので最後までお付き合いください。

次ページからはぼくのおすすめホーム床を紹介しますよ。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.