デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


はっけんの水曜日
 
「五色園」でコンクリ像を愛でる


 

ペンキでペタペタ着色するためにイマイチ威厳が出ず、作ったものがみんなどうにもこうにもB級感を持ってしまうコンクリート像。変なマネキンや蝋人形と並んで、珍スポットには欠かせない存在であるコンクリ像ですが、そんなコンクリート像がしこたま設置された公園があるらしいです。それは見に行きたい!

(絵と文:北村ヂン




コンクリ像を見に行こう!

日々珍奇な観光地などを探しては見に行っているボクですが、珍スポット業界にも色々なジャンルがありまして、その中のひとつに「コンクリ像系スポット」と呼ばれるものがあります。

その名の通りコンクリートを使用して作られた像が置かれているスポットのことなんですが、コンクリ像って造形も着色も比較的簡単で(おそらく製造費も安価)、しかしあまり細かい造形には向いていないという特徴から、わりとなにを作っても大ざっぱな味わいの、珍妙な像になりがちなんですよね。

コンクリ像系スポットの代表的なものとしては、岐阜県にある関ヶ原の合戦をテーマにした施設「関ヶ原ウォーランド」とか


実に味わい深い武将コンクリ像が多数あります

愛知県犬山市にある「桃太郎神社」とか……。


もう「珍」としか表現しようのない像

「関ヶ原の合戦」「桃太郎」と、取り扱っているテーマ的にはA級な観光スポットになってもおかしくないのに、そこにコンクリ像を置いてしまったために一気に珍スポット化してしまったこの破壊力……スゴイです。

さらに驚きなのが、このふたつのスポットにあるコンクリ像は全て浅野祥雲さんというコンクリ像作家の手によって作られたということ。まさにコンクリ像系スポットの父とも言える存在です。


手塚先生より年上みたいですけど

……ということで今回は浅野祥雲さんが作ったコンクリ像をしこたま楽しめるスポットに行ってみようと思います。

その名も「五色園」。日本で唯一の宗教テーマパークと言われているスポットで、なかなかステキなコンクリ像があるみたいですよ。



早速、名古屋駅より電車とバスを乗り継いで約一時間。やって参りました五色園! ……のバス停。



どうやら地元ヤンキーのたまり場になっているようで、頭の悪そうな落書きが沢山されていました。



しかも「HIP HOP」って……。「HIP」を「HIR」って書き間違えちゃってるし……本当に頭弱い人が書いてるんでしょうね。



さてさて、落書きはとりあえずいいとして、こちらが園内の案内マップ。結構広大な敷地となっており、ぐるっと見て回るのには約1時間もかかるんだそうです。



そして、園内の各所にこんな感じでドドーンとコンクリ像が建てられています。

もちろん「面白いから」という理由で設置してあるわけではなく「親鸞聖人の教えを子供にも分かりやすく、視覚的に表現したい」という思いから作られたものなんだそうですが……。まあ、ただの珍妙な人形群にしか見えませんよね。自然に囲まれた公園の中にいきなりコレが出現するのでビックリ度は非常に高いです。



ちなみにヒザの上に乗せられているのが子供時代の親鸞聖人のようです。



なんといいますか……さすが大物らしく、もんのすげえふてぶてしいフェイスをしてらっしゃいますな。



この像は、コンクリ像のお約束として……



右手がもげちゃってます。

やっぱりただのコンクリですからね、銅像やブロンズ像と比べると強度の方は劣り気味なわけで……。先っぽの方にある部品はどうしても折れたりもげたりしちゃうのです。



こちらの人も、おそらく手になにやら大事なものを持っていたっぽいんですが、今は鉄筋だけが残るばかり。もの悲しい……。

自然の中にひそむコンクリ像


このコンクリ像たち、一カ所に密集して建っているわけではなく、広大な敷地の中にチョロッチョロッと分散して建っています。こんな感じで道を歩いていると……




森の奥に、こんな風にコンクリ像が見えてきます。



知らないで訪れた人からしたら「なんじゃこりゃ?」って感じでしょうね。



おっとあっちの方にも……



なにやら、お坊さんがたくさんいらっしゃいますね。



しかもその一体一体、全て顔が違っていて実に味わい深いルックスをしております。うーん、見応え十分です。



型などを使って作るわけではないので、これだけバリエーションに富んだ造形が出来るというのもコンクリ像の魅力なんでしょうね。



あっと、そこへ著しく躍動感あふれる感じで駆け寄ってくる坊主が!?



うわあっ、ものすごい形相!



勢い余ってゲタだかゾウリだかが片方脱げちゃってますし……。芸が細かい!



像を設置するスペースを作ったり台座があったりするわけではなく、地面から直でニョキッと生えているコンクリ像は自然に飲み込まれがちです。



コレなんかは周囲の草がボーボーに伸びてて近づくのも一苦労でした。



あ、あそこにも像が……



と思ったら、違うわ。ありゃ本物のおっちゃんだ。草刈りかなんかしてるんでしょうな。

像だと思って凝視してたら、いきなり動き出したんで度肝を抜かれましたよ。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.