デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


不安な土曜日
 
15分で出来るスピード・チキンカレー

スピード・カレーのつくり方

15分で出来るスピード・カレーの材料は以下である(2人分)。

鶏肉 100g
じゃがいも 1個
にんじん 1/4本
玉ねぎ 1/4個
水 300ml
カレールー 3皿分
牛乳 大さじ2
ごはん 適量

最初にお肉と野菜をそれぞれカットしていく。この時、素材によってカットするサイズを考慮すると良いらしい。火の通りやすい素材は厚めに、火の通りにくい素材は薄めに。それがスピード・カレー、最初のポイントである。


材料のカットサイズを考えよう

それぞれのカットサイズは、鶏肉は一口大、じゃがいもは1センチ弱、にんじんは5ミリ、玉ねぎは3、4ミリ幅の薄切りにする。


怒られている訳ではありません

大きめの耐熱ボウルにカットした野菜を入れ、その上に鶏肉をのせる。


野菜は下に お肉は上に

最後にお水を 加えます

「お水は材料が見え隠れする状態を目安にしてください」

料理用語では、その状態のことを「ひたひた」と呼ぶらしい。


ひたひたに

「さあ、これで半分以上出来ましたよ」

と野口英世さん。

え? これで半分以上?

耐熱ボウルに野菜と肉と水をいれただけである。
これで本当にカレーが出来るのだろうか?


これで本当にカレーが? と不信を抱く野口英世(偉)

「次はボウルにラップをかけて、そのままレンジで10分間加熱です」


ラッブをかけてレンジへ?

耐熱ボウルにラップをかける野口さん。ここで僕は重大なことに気づいてしまった。野口さんはカレーのルーを入れ忘れている。

お節介かとは思ったが、ルーを野口さんに手渡そうとした。


ルーをお忘れですぞ、と野口英世(偉)

ほれ、ルーを

「いえ、まだルーはいれません」

と野口さん。これからレンジで10分間加熱するというのに、ルーを入れないと言うのだ。そんなバカな。ルーを入れなきゃカレーにならない。


ますます不信感を募らせる野口英世(偉)

会議室に電子レンジがないので別フロアに移動することに。

耐熱ボウルを持って知らない会社の中をウロウロする野口英世(偉)。
大丈夫だろうか?


< もどる ▽この記事のトップへ つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.