デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


フェティッシュの火曜日
 
築地で揚げたての練り物食べ歩き

二軒目は味の浜藤(はまとう)

続けてやってきたのは、味の浜藤という老舗。やってきたというか、紀文の斜め向かいなので、振り向いただけだ。

ここは西京焼きで有名らしいのだが、店内で揚げた薩摩揚げなども扱っている。雰囲気はぐっとDCブランドっぽく(DCの意味はいまだにわかりません)、練り物がケーキのようにショーケースに並んでいた。


浜藤は「はまふじ」ではなくて、「はまとう」と読む。「はまなっとう」と読むと怒られる。
高級志向の練り物屋さんみたいです。場違いなところにきたみたいで、なんだか緊張します。

588円。この価格帯は、我が家だと自家用ではなくて贈答用。
「えびほたてもんじゃ」という練り物。お客さんに「どっちかというと、お好み焼きですね」っていわれ続けていると思う。

自分で食べるために買うにはちょっと敷居が高い店だが、財布がもう少し厚ければ、なかなかチャレンジングな練り物も多いので楽しめそうだ。

 

食べ歩きはもろこし揚

味の浜藤は、店内の高級な雰囲気とは打って変わって、店の外には高速道路のサービスエリアみたいな出店が併設されている。

売られているのはもちろん食べ歩き用の練り物で、「築地しゅうまい」というイカの揚げシューマイと、「もろこし揚」というすり身にコーンをまぶして揚げたらしきもの。

どっちにしようか悩んだが、中身がどうなっているのか気になったもろこし揚を購入してみた。


店内の雰囲気より、こっちのほうが気楽で好きかな。
もろこし揚。コーンがびっちり。練り物には見えないぜ。

中身はすり身がトウモロコシの芯みたいになっていると予想したのだが、意外にもコーンびっちりで、すり身はつなぎ程度だった。コーンの歯ごたえが楽しく、すごい好きな味。


コーンの塊みたいな感じで、とてもうまい。
予想外のコーンみっちり。

味の浜藤築地本店
東京都中央区築地4-11-4

< もどる ▽この記事のトップへ つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.