デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


フェティッシュの火曜日
 
100人で闇鍋する方法〜ケータイ闇鍋イベント報告

闇、入ってます。

闇鍋、やったことありますか?
ほとんどの人にとって、闇鍋は「聞いたことあるけどやったことないもの」のひとつであると思う。かねてから懸案であったこの「闇鍋やったことない問題」の解決に向け、我々デイリーポータルZは動いた。

去る1/31、お台場のトークライブハウス・東京カルチャーカルチャー(以下、カルカル)にて、「デイリーポータルZのケータイ闇鍋」を行ったのである。そしてこの記事は、多くの人にとっての初闇鍋となったであろうそのイベントの記録だ。

(text by 石川 大樹



100人で食べたいな(闇鍋を)

闇鍋といっても、カルカルのイベントでやる以上、みんなで具を持ち寄って…というわけにはいかない。なぜならカルカルは飲食店だからだ。100人のお客さんが食べる鍋にキン消しやガムテープが入っていては、保健所に目をつけられるからだ。

そういうわけで、今回はハイテク技術を駆使した、ゲーム感覚の闇鍋を用意させていただいた。ルールはこうだ。(以下、林さんの説明スライドより)


お台場のあちこちに、鍋の具が隠されています(ヴァーチャルに!)

プレーヤーが携帯を構えてそこを通ると、GPSセンサーを元に携帯が反応、いろんな「動き」のミッションが表示されます

「動き」の例)「フラフープの動きを30回」

例)DJオズマ、30回(微妙に元ネタが古いのは去年の夏にやった闇ポンチをベースにしているからです)(それでも古いですが)

例)メトロノーム!
例)その場でおじぎ!

ミッションがわかったら携帯をここにセットして、

「動き」を遂行、それを携帯のセンサーがキャッチ&うまくできたか判定

成功したらいろんな具をゲットできるというルールです。(どの具が出るかはゲットするまでわかりません)
カニはもちろん編集部・工藤さんが北海道までバスで行って買ってきたもの。

 

 

石原・工藤チーム。プレーヤー石原さん(デイリー道場・道場主)は泥酔状態でバッティングセンター行ってホームラン打つ運動神経の持ち主。工藤さんは北海道まで行ってカニ買ってきた張本人。熱意が違う。

チームは3チーム

ゲームはチーム対抗、3チームに分かれて行われた。それぞれのチームには、選手となるライター、中継役で同行するライター、そして会場でその様子を見守るお客さんたちがいる。選手がヘマをして不味い鍋ができると、会場のお客さんが鍋を食べなければならない。

鍋という時は「禍(わざわい)という字に似ている。


べつやく・地主チーム。開始前から「具が取れなかったらどうなるのか」「その場合コンビニで購入してもよいのか」など弱気な発言の数々で会場を沈黙させる。

明らかに配役が逆では、と思われる北村・安藤チーム。身体能力の高い安藤さんは実況役。プレーヤーは酔いどれ北村さん。

ゲームの明暗を分けるのは選手ライターの身体能力。ここで林さんによるオッズ表が発表される。


「話が面白い」は強みのうちに入るのか

「オッズ表」と言ったが、お客さんはこれを見て自分のチームを決められるわけではない。チームはあらかじめ席順で決まっているのだ。オッズとは名ばかりの、「運命告知表」である。

 

 

闇鍋、スタート

いよいよゲームスタート。ライターたちが夜のお台場に散っていく。具を発見次第、テレビ電話で中継が入る段取りだ。


おのおのの方向へ、夜の闇に消えていきます
ちなみにこれがテレビ電話の交換手席。3方を機械に囲まれて「石川君が小室哲也みたいになってます」といわれたこの席、小室視点で

つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.