デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ちしきの金曜日
 
東京、サイテーの橋


ボートの上であおむけ。サイテー!

「サイテー!」ってふつうほめ言葉ではないが、今回は賛辞として使いたい。せーの、「サイテー!」

サイコーにサイテーな橋を体験してきた。ボートで。

大山 顕



東京でいちばん低い橋

それは「茂森橋」という橋。東京は江東区にある。

江東区で「サイテー」と聞いてピンときたあなたはサイテーだ(←ほめ言葉ね)。以前「東京都江東区パナマ運河」という記事で書いたように、江東区は「ゼロメートル地帯」と呼ばれていて、つまりこの区はオランダのようなものだ。うっかりすると水没する。サイテーな区なのだ(←物理的にね)。

その東京一サイテーな橋をボートでくぐってきたしだい。これがサイテーに楽しかったのだ(←ほめ言葉ね)。


こういうボートに乗ってくぐった。サイテー!

バージ船に乗って横浜から新木場まで行った。サイテーだった!

なぜこんなにサイテーな橋をくぐることができたのかというと、BOAT PEOPLE Associationの催しに参加したからだ。

このBOAT PEOPLEとは何か。それは以前デイリーポータルZに書いた「東京湾工場クルーズ」で説明したので、それをご覧いただきたい。要するに「もっと水上を楽しもうぜ」という活動をしているすてきな人たちだ。おおざっぱな説明ですまん。

で、今回、「東京文化発信プロジェクト」なるものに彼らが協力してその名も「東京低地クルーズ」が実現し、それに参加したらくだんの橋をくぐることができたということだ。ようするに、とてつもなくサイテーで素敵な催しだ。おおざっぱな説明ですまん。

いやでもほんと、彼らの活動はもっと支援したほうがいい。東京の水の上ってちょうたのしいんだけど、お金も必要だし、船にまつわるあれこれって、ほんとうに規制だらけで、サイテー(←ほめ言葉ではない)なのだ。


"LIFE ON BOARD" と名付けられた今回の催し。興味ある方は彼らのプロジェクト予定をチェックしていただきたい。
過日の「東京湾工場クルーズ」以来、なにかとぼくを水の上に連れてってくれる BOAT PEOPLE Association の山崎さん。

とにかくサイテー

と、前置きはこれぐらいにして、とにかくサイテーな茂森橋をくぐる様子をご覧いただこう。


この手こぎボートに途中で乗り換えるところから始まる。なぜなら茂森橋がサイテーすぎてふつうの船ではくぐれないから。
慣れないと水の上で乗り換えってけっこうたいへん。東京駅で京葉線に乗り換えるよりたいへん。

お!さっそく低い橋!
でもまだまだ余裕。じゅうぶん低いけど、このボートならよゆう。

というか"Midoribashi BRIDG" ってどうなの。シティバンクの正式名称が「シティバンク銀行」みたいなものか。だったらさしずめぼくの名前は "Ohyama mountain" か。



おっと、これはかなり低い。みんな首をすぼめる。でもまだだいじょうぶ。
これぐらいはよゆうだぜ。もっと低いのもってこい!

お、なかなか低いじゃないか。でも俺たちのボートの敵じゃないぜ!

さすが水路の区、江東区。とちゅう、何カ所も橋をくぐった。

どれもふつうの基準からしたらけっこう低いのだが、サイテーに挑むわれわれとしてはこんなものどもでは飽き足らない。大将!もっと低いの!

 

そのときだった、茂森橋が見えたのは。




「あれが茂森橋です」ついにその姿を現したサイテーな橋。

…えーと、ちょっと茂森さん、おかしくないですか。

茂森氏のサイテー具合は予想以上だった。

おかしくないですか、そのアーチ部分。


「いきますよー」 ちょっ、ちょっと!
座高を下げるだけ下げる一同。

うわー!
パドル!パドルが!おさまりがわるい!ぶつかる!わー!

撮影も混乱状態。

つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.