デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


はっけんの水曜日
 
“エコラップ”打楽器で演奏できるか


家で「エコラップ」を使い始めた。
使い捨てのラップフィルムが如何にももったいないように感じ、洗って何度でも使えるシリコン製のを買ってみたのだ。

エコ云々よりも、びよーんと伸ばしてバチッと閉じる、その感触が気持ちいい。そして、ピンと張った平面をはじくと、まるで打楽器のような音がするではないか。

では、打楽器にできないだろうか。やってみた。

乙幡 啓子



エコより何より「びよーん」

まずはエコラップって何?という方のために、ひとつ再現してみたい。初めて使ったあの日のことを。

肉団子の甘酢あんかけでございます。

このボウルに、件のエコラップをかぶせる。ラップが器より一回り小さい場合、びよーんと手で押し広げて器の縁にひっかかるようにするのにちょっとコツが要るが、うまく突っ張れたときは気持ちいい。この思い、初めて人に打ち明けた。

ここです!ここがヤマ場なのです。
あぁ・・・張れた。

あまりの張り具合に、ポンポンと叩いてみたところ…。


太鼓のように音が響いた。いや太鼓は言い過ぎた。そぼ降る雨が軒先を弾くように、なかば虚ろな音色を漂わせている。いやそれもかっこつけ過ぎだ。とにかく思った以上に響く。ラップフィルムならこうは行かない。

ところで自分にはパーカッションの経験がない。叩くだけではどうにも格好がつかない。ならばせめて音階を。ぜひこれで「ドレミファソラシド」を奏でてみたい。できるのかよくわからないが、できるんじゃないか?根拠は全くないわけだが、それならあと7枚必要だ。うちに今あるのは多少くたびれた この一枚だけなので、買い足しにでかけよう。


知らないうちに、エコなラップ関連はけっこうなバリエーション。
大小計7枚、5000円だったよ…。

つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.