デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ロマンの木曜日
 
バ行をヴァ行に言い換えてみる


石焼きヴィヴィンヴァ(かっこいい!)

日本語の中でも非日常的な表記、「ウ」に「゛」で「ヴ」。

「バビブベボ」が当てられていた「V」のつく外来語の発音を、より現地のものに近づけるために使われているもので、調べたところなんと福沢諭吉が発案したとか。

などという理屈や沿革はともかく、たとえば「バンパイア」より「ヴァンパイア」と書いた方がゴージャスでかっこいい。それなら「たかだのばば」より「たかだのヴァヴァ」と書いた方がかっこいいのではないか。「V」かどうか関係なく、もっと積極的に「ヴ」を使いたい。

というよくわからない理由で、今回は「バ行」のものを積極的に「ヴァ行」に言い換えてみた。

萩原 雅紀



きっかけは映画

レンタルビデオ店で物色していたところ、同じように吸血鬼を扱った映画で「ヴァンパイア」と「バンパイア」という両方の表記があることに気がついた。何となく「ヴァンパイア」の方がヴィジュアル的にかっこいいし、逆に「バンパイア」の方はラブコメっぽいのでビジュアル的なかっこよさは必要ないんだと思う。



トムクルーズとヴラピでヴァンパイア
こちらは敢えての「バ」ンパイアだろうと思う

そのほかでも、タイトルに「ヴ」を使っている映画のパッケージはかっこよさを狙ったものがほとんどだった。やっぱり「ヴ」はかっこいいものと認識されているんだろう。



「ウルバリン」だと栄養ドリンクの名前みたいだ
そもそも「ミラ・ジョヴォヴィッチ」がかっこいい

しかし「ヴァンパイア」も「ヴァイオレット」も外来語。「ヴ」の使用範囲を広めるために、今回は街歩きをしながら「バ行」のものを探して、勝手に「ヴァ行」に言い換えて喜ぶことにした。なんて強引な展開!


「ヴ」を探して山手線一周

いちばん簡単に見つかるのは地名、というか駅名。山手線を一周しながら「ヴ」のつく駅を探してみよう。

というわけでまず降り立ったのは、冒頭にも出てきた高田馬場。むろん、読み方は「タカダノヴァヴァ」である。おお、とたんにアフリカやインドの都市みたいな名前に!

いや、インドは「サイヴァヴァ」がオーヴァーラップしているだけかも知れない。


タカダノヴァヴァ

駅のまわりに何かないか見渡すと、そこには大きな箱状の建物が。おお、これが「ヴィッグヴォックス」か!


早くも企画が破綻してるが気にしない


「タカダノヴァヴァ駅前コウヴァン!」と一瞬興奮したが交番はどこにでもある
次の駅に向かおうとして、通り過ぎた「シンオオクヴォ」に気づいて驚愕した

次に降りたのは「イケヴクロ」。女子高生などの略称は「ヴクロ」である。これはかっこいい。いますぐ仮名遣いを変えるべきではないか。


イケヴクロ

ここは駅の東側から「セイヴ線」、西側から「トウヴ線」が出るというねじれ現象が起きている。


東がセイヴで西トウヴ〜♪という歌もある

また、駅前では今まさに家電業界最大の戦争が起こっていて、長らくこの地で栄華を誇ってきた「ヴィックカメラ」に、北関東から全国統一を目指すヤマダ電機の「ラヴィ」が正面から攻め込むという、まるで小田原城をめぐる北条氏と織田氏の決戦のような様相。


こんな激しい戦い見たことない

記事の内容とは関係ないけど、このあたりが地元の僕としてはヴィックカメラに肩入れしたいと思いつつ、その正面にそびえるラヴィを初めて見たときは戦慄を覚えた。



秀吉が建てた一夜城を見たときの北条家の驚きが分かる気がする
都ヴァス

   

ふたたび山手線に乗り、「タヴァタ」を通り過ぎながら「アキハヴァラ」に到着。電気街目当ての外国人が多いこともあって、中東あたりの都市が頭の中に浮かぶ。もちろん架空だけど。でもステレオタイプな外国人の発音で「アキハヴァラ?」と読むとなんかしっくりくる気がしませんか。

あと、いま書きながら、この駅から発車している「ツクヴァエクスプレス」を忘れてたことを激しく後悔しています。



途中寝てしまい、ふと目を覚ましたらこの看板が見えて「コマヴォメ?」と降りてしまった。完全に混乱してる
タヴァタは降りたけど何もありませんでした

アキハヴァラ駅
もはやぜんぜん日本語ではない「ヨドヴァシアキヴァ」

「ヨドヴァシアキヴァ」なんて東欧っぽい名前でかっこいいと思うけど、もちろん「チェコスロヴァキア」がオーヴァーラップしてるだけなのは言うまでもない。

続いて向かったのは「シンヴァシ」。北欧神話に登場する馬の名前「スキンファクシ」みたいでものすごくかっこいい!しかし、酔っぱらいサラリーマンの街と北欧神話が繋がってしまうあたり、この企画の無理矢理さを象徴している気がする。



実際の光景は北欧でもなんでもなく思いきり日本だ
シンヴァシと言えば問答無用にニューシンヴァシヴィル

これ?もちろん「ホノヴォノレイク」

その後はしばらく「ヴァ行駅」がなく、眠りに落ちそうなところでようやく「恵比寿(エヴィス)」に到着。ヴィールの名前からつけられた駅名だけど、寝ヴォけたおかげで駅名看板(カンヴァン)を撮り忘れた。



シンキヴァ行きや
ヒヴィヤ線に乗り換えができる

最後はシヴヤ駅。もともとかっこいいとされる街なので、敢えて思いきり和物をチョイス。

よくわからない企画の最後をますます混沌とさせて締めることにした。



シヴヤ駅で
ソヴァを食べて帰りました

何の変哲のないそばも、ソヴァという食べ物だと思うと異国の味がして...くることはなかった。

無理矢理異国情緒

やっぱり「ヴ」はかっこよかった。

でもお店や会社の名前で無理矢理使うと狙いすぎになると思うので、やっぱり自治体で地名に使ったらちょうどいいと思う(よくないか)。

また、今後は「ヴ」だけでなく、虐げられている正当な仮名として「ぢ」や「づ」も積極的に使っていきたいと思っている。

「かっこいいこと」は期待されていないから「VE」なのに「ブ」

 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.