デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


はっけんの水曜日
 
空港で自分のトランクを見つけやすくしたい


こういう、特徴の薄いトランクなのである。

海外に行くことになり、当然飛行機に乗ったのだが、いつもそこで困ることがある。「到着後に荷物受取所でトランクを受け取るとき、自分のトランクがわかりづらい」。

そのためにトランク用アクセサリーがあるんだろう、とは思うが、あれはあれで他人とかぶったりするのではないか。なら個性的なステッカーを貼ろうか。でも目立ちすぎるのもなあ…。

唯一無二の、ただし見られて恥ずかしくない、自分だけにわかるようなサインとなるものはないだろうか。というわけで、こんなことを試してみた。

乙幡 啓子



この思想だけでも伝わりますように

大げさに言えば、自分の顔写真を引き伸ばしてトランクに貼り付ける、これ以上の唯一無二なサインはない。

が、そんなもの、外国でさらせるかい。私にはできない。どうにか、他の人にはあまり知られず、自分だけに「あなたのトランクですよ…」とささやきかけて来るような、そんなデザインはないだろうか。

と、考えていたところ、サッカーのTV中継を思い出した。ゴール横の広告で、こういうものを見かけたことがあるだろう。


画面上では、看板がゴール横に立っているように見える。あそこに立ってると、試合の邪魔じゃないか??
…と、思いきや、それは立体物ではなくて平面の広告なのだった。裏から見ると、だいたいこんな感じに引き伸ばされているらしい。

下手な模式図でどうもすいません。これは「90゜システム広告」と言うんだそうだ。この方式を、応用できないだろうか?例えばこんな感じに。

まずはデザイン。シンプルに、こういう方向で。

「HELP ME!」とかも考えたが、外国の空港で「人デモ入ッテルンジャナイカ?」と疑われても何なのでやめた。

これを、正面からは読みにくいよう、ぐいっと引き伸ばす。


角度をつけたり、試行錯誤。
試しに出力。

横から見てみると…
読める!

と、このようなステッカーを作って貼ってみよう。こうすることによって、トランクが横たわってターンテーブルを流れてくるときに、うまい具合に私の目に飛び込んでくる、という寸法だ。

サッカー広告風にもしてみた。こういうものが、トランクの上に乗っかってくると想像。


ラベル紙とトランクサイズなどの都合上、A4サイズに印刷して、それを片面につき2〜3枚、異なる向きに貼っていこう。テーブルの曲がり角でトランクが回転するときのための、保険というわけだ。

念のため、試行錯誤した分を全部持って旅に出た。官吏に何か聞かれたらFIND ME愛好家とでも言おう。

 

俺を見つけろ

さて旅先の台湾に着き、私は大いに楽しんだ。

台湾の夜と言えば、屋台街の食べ歩き。
中国腸詰にビール、最後は麺!うほほ。

取材はどうした。「90゜システムステッカー」の検証結果はどうなった、と思われるだろうがまあ待ちなさい。検証は帰りに行うのだ。だって台北の空港でターンテーブルを撮影しまくるのは勇気が要るじゃないか。

さて、楽しい旅も終わり。寂しさを感じながら、ホテルでステッカー貼りをして出発しよう。


トランクの大きさ都合上、2方向だけに向けて貼った。はがれないようにきっちり貼ろう。

パッと見、グラフィティ風ステッカー(と、ぜひ思ってくれたまえ)

「こういうの貼った時点で、自分のものって丸わかりじゃん」という言葉は飲み込んでくれたまえ。

さて、無事飛行機は成田に到着。問題の、荷物受け取りである。あのステッカー、果たして本番で私の目に、ピンポイントで、ズキューンと、飛び込んで来るだろうか。


何周もしないうちに撮影を終えられますように…
黒いトランクはけっこう多いので、フェイントの連続になることもある。

出口で待ち構える。普段は最後尾でまったりと待つのだが…今日は逃さない。離さない。
荷物票も、今日は要らないくらい目立ってやる。

荷物を待つ人だかりが、ターンテーブルに沿ってだんだんと膨らんできた。次々にもらわれていく、他人のトランク。と、そのとき!見慣れたあのステッカーを貼り付けた「私の」トランクが!

まさかの縦置き!あんま意味ねえ!だいたい予想はしてたけど。


ビシッと立ったまま、2つの角を曲がっていくマイ・トランク。人ごみの中、あたふたと追うカメラ。ああ。

字が飛び出すとか90゜とかそういう目論見とは違う意味で、かなり私の目に飛び込んでインパクトは大。あっという間に見分けることができ、無事回収できました。ホッとしました。

そもそも、対象物があんなに移動しながらでは見難いに決まっており、全方向的に無意味な試みではあったが、これを機に「トランク受け取りアート」なんてのもできたら面白いかもしれません。

成功してもこの程度。

 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.