デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ロマンの木曜日
 
半ズボンに見えるズボン


 

過去に当サイトで長靴だけど裸足に見える「剛の者シューズ」というものを作った。 というより作ってもらいました。参照:誰もが剛の者になれる靴

当時はそれを雪の上で履いて「すごい!剛の者!」とはしゃいでいたけれど、 あれから数年たち身の回りの環境もずいぶん変わって自分自身も成長した。 だからもう雪の上に裸足ぐらいで剛の者を名乗ってはいけないんじゃないのだろうか。

そう、次は裸足に半ズボンだ。

小柳 健次郎



剛の者が履くのは半ズボンまで

ということで裸足に見える長靴から露出部分を数十センチ上げて、 半ズボンに見える長ズボンを作ることにした。

どうせならホットパンツぐらいしたほうがインパクト大きいのではないか、 と思われるかもしれない。しかしホットパンツを履いた剛の者なんていてほしくない。 でも半ズボンならOK。

という考慮の末の半ズボンです。

 

膝から下を肌色に塗ってもらう

さてそうすると絵の具を塗ってもいいズボンが必要なわけだが、 ちょうど去年飼育員の格好になったとき買った作業用ズボンがあったのでそれを 使いたい。(元を取りたくてしょうがないから)


ズボンだけに矢印しましたが全体的にいらないです。

このズボンを膝下から肌色に塗る。ただ自分にはそういうスキルも道具もない。 無理してやればムラになって小汚い肌になるだろう。そうするとまたズボンを買わないといけない。

道具購入→塗る→失敗→ズボン購入→繰り返す→破産

こんな流れになるのは目に見えている。 あと剛の者シリーズは他人に頼むというルール(いま決めた)があるので、 今回も知り合いの絵を描ける人に頼むことにした。


お願いします。

長靴に裸足を描いてもらうときにも思ったけど、 女性に自分をイメージした肌を描いてもらうのはなにかの法に触れるのではないかと申し訳なくなる。 しかも使用済みズボンで。

 

何もしないで完成する喜び

いつもの工作系記事ならここら辺で試行錯誤してはゴミを生み出し・・がお馴染みの流れだが、 今回は他人にやってもらうズルをしたのでもう完成だ。

それでいいのかと言われると頭を下げるしか ないんですが、ウルトラマンセブンだってカプセル怪獣を使うときはありますから。


出来たものを見て改めて申し訳ない気持ちに。

自分で作ってないから、苦労話とか書けないデメリットはある。 けれど作った人の苦労を随所に感じ取ることは可能だ。

そしてそこからは、 またずいぶん変なことをお願いしてしまってすみませんという思いが ただただ沸き起こるだけである。


なにはともあれ履いてみる。

やはりこの距離では厳しいか。特にズボン部分と肌部分の太さが同じという いかんともしがたい問題がある。

ただ足下を隠しから目を細めてみると、 結構それらしく見えそう。


あっ見える。

半ズボンだ。半ズボンで、やたら足が太くそこだけ色白の剛の者の登場だ。


足の太さに関してはマッチョということにしたい。

 

UMA的な剛の者

さて外でもこのズボンを履いてみたのだがなかなか厳しい。 それでも先ほどぼかして見れば結構半ズボンに見えることは分かってるので、 UMA写真風に加工してみた。

小手先でごまかすのは剛の者らしくないかもしれない。だが 存在してるのか分からない点でいえば、UMAと剛の者は共通しているはずだ。


鳥か?
飛行機か?

いや、半ズボンの人だ!

じゃなくて半ズボン風のズボンの人だ!!

 

普通に半ズボンでいい季節だから

ここまでなにも言わずに進めてきたけど、いま季節は春。 なんならもう暑いぐらいにまで気温は上がってきている。

そんなときに半ズボン風のズボンを履いたところで ちっとも剛の者ではないことを白状しなければなりません。


本物の半ズボン履きたい。

暑いから涼しい格好したいのに、涼しそうに見える暑いズボンを履いている。 これでは剛の者と言うより奇行だ。かなり倒錯してる。


なので寒いところに来ました

 

-30℃ in 剛の者

というわけで極寒を体験できる施設にやってきた。 ここでなら季節問わず剛の者になりきることができる。


剛の者シューズも履いて、真・剛の者。

半ズボンに見えるズボン(剛の者ズボン)単体ではなかなか難しかった見た目の問題も、 剛の者シューズを履くことによってかなり良くなった。もうUMA風なんてしなくても 全然大丈夫。


氷のライトアップにうっとりの、
剛の者。

ペンギンと戯れてる(つもりの)剛の者。
トナカイと対峙する剛の者。

キオスクの紙袋には履いてきた靴が入ってる剛の者。
キャラクター設定とかは特に考えてない剛の者。

やっぱり寒くてそそくさと逃げる剛の者。

いくらズボン履いてたって−30℃は寒いです。


次はタンクトップ風ジャケットか

裸足に見える長靴を作ってもらって、半ズボンに見えるズボンも作ってもらった。

すべてにおいて作ってもらったというのは気になるが、 とりあえず剛の者の下半身はこれで完璧と言っていいだろう。 となると次は上半身か。半袖だと弱いからタンクトップ風ジャケットとかどうだろう。 なんて全身を剛の者の服装をいつか揃えたいと思ってる。

思ってない。

知らないグループのメンバーみたいになった剛の者。

 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.