デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ひらめきの月曜日
 
おもしろ消しゴムの工場見学は気前がよすぎる


 

右の写真は、食べ物や動物などの形を模した「おもしろ消しゴム」。文房具然とした四角い消しゴムと違い、見た目にかわいく、さわって楽しいファンシーな消しゴムである。

子供のころ一度は手にしたり、あるいはコレクションしていた人も多いはず。文房具というよりはおもちゃの感覚で子供のハートをわしづかみ。おもちゃの場合、飽きたら押入れの肥やしになるが、こちらは消しゴムとして使える点、親御さんも安心だ。

そんな素敵なおもしろ消しゴムが生まれるところを見学させてもらえるというので、埼玉にある工場を訪ねてみることにした。

榎並 紀行



とにかく精巧さがハンパじゃない

さて、このおもしろ消しゴム、かわいいだけでなく恐ろしくリアル。消しゴムなんだから何もそこまで・・・とこちらが恐縮してしまうほどのリアリティを追求している。


バナナ消しゴム

タイ焼き消しゴム

どら焼き消しゴム

マグロの握り消しゴム

レタス花子。類似品に注意

御覧のようにおもしろ消しゴムは食品をモチーフにしたものが多いのだが、お菓子などはそのまま口に運びたくなるほどおいしそうな仕上がり。とくにタイ焼きは細工もすごいが、尻尾からアンコがちょっとだけ出ているという細かい演出が食欲をそそる。

個人的にお気に入りの学校シリーズ

鉛筆削りはハンドルもちゃんと回る力作

どれもとても1個50円とは思えないデキの良さ。この素晴らしい職人の仕事に触発された僕が紙粘土でこしらえたバナナと比べれば、そのクオリティは一目瞭然である。

比べるまでもないが

こんなおもしろ消しゴムを作っているのが埼玉県八潮市にある株式会社イワコーだ。24時間稼働の工場で1日約10万個が作られているという。

工場内を見学させていただきました

つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.