デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ひらめきの月曜日
 
あなたのジャミラ見せてください!


 

「ウルトラマン」に登場した怪獣に、ジャミラというのがいる。

数ある怪獣の中でも、バルタン星人やゼットンといった有名怪獣に並ぶくらいの知名度があるのではないか。それは登場した回の悲しいストーリーや、特徴的なフォルムによる部分も多いと思う。 しかし、ジャミラが私たちの心に刻まれている理由はそれだけではない。日常生活で自らをジャミラ化した経験のある方も多いはずだ。そう、ジャミラは心を超えて体にも刻まれているのだ。そういうわけで、改めて自らをジャミラ化するとともに、他の人にもジャミラになってもらいました。

小野法師丸



日常生活の中に潜むジャミラ

そもそもジャミラとはどんな怪獣か。知らない人のためにも、知ってる人の復習としても紹介しておこう。


こいつです
怪獣カードもついてきてうれしい

今回はフォルムの確認のためにもバンダイから発売されているソフトビニール人形を購入。グレーという体色と肩周辺の造形に独特の雰囲気が漂う怪獣だ。

それでも基本的には人型の怪獣をしているとは言えるだろう。それはそのはず、このジャミラはそもそも人間だったのだ。


実は悲しみを背負っていたジャミラ

もともとはジャミラという名前の宇宙飛行士だったジャミラ。ジャミラの乗った衛星が地球に帰って来れなくなったという事故が起きたにも関わらず、母国は国際非難を避けるために事態を隠蔽。そしてある惑星に漂着したジャミラは、過酷な環境の中でこのような姿に変貌して地球にやってきたのだ。

科学の犠牲となった人間の復讐。ストーリーはシリアスなのだが、それとは関係なく、私たちは時に楽しくジャミラと化してきた。


シャツを脱ぐときに途中で止めると…
誰でもジャミラになれる

これがジャミラ化現象だ。男子を中心に、小学校で体育着を脱ぐときに一大ブームになったクラスも多いのではないか。個人的にはとても懐かしい。あー、久しぶりにジャミラになったなあ。鏡に映る自分を見て楽しい気持ちになる。

子供の頃は「ジャミラ、ジャミラ!」と騒いで終わりだったが、大人としてはそこでおしまいにするのではなく、ジャミラのパフォーマンスを検証してみたいと思う。


事務系の仕事には向いてないかも

試しにパソコンを使って調べものをしてみた。検索語をタイピングし、ポインタを操作してクリック…。ああ、なんかやりづらい。

肩のあたりが突っ張って、どうもいつもの感じでサクサクと作業を進められない。光沢タイプの液晶を搭載しているパソコンを使っていることもあって、画面の色が濃くなるとジャミラ化している自分が映るのもいちいち気になる。

やっぱり怪獣だし、ホワイトカラーにはなじめなさそうだ。ビジネスシーンに生きるのではなく、ここは怪獣らしく得意技でも出しておこうか。


すごい名前の技

ジャミラ人形についてきた怪獣カードによると、ジャミラの必殺技は「バイオレンススマッシュ」というらしい。前半部分を日本語に訳すと、「暴力スマッシュ」ということになる。

なんだかすごい名前の技だ。ただ、子供の頃にテレビでジャミラの戦闘シーンを見たことがある気もするのだが、具体的にどんな技だったかは覚えていない。


バイオレンス…
スマッシュ!

自分なりのバイオレンススマッシュを考えて、家にあったファービー人形を攻撃してみた。ボトッと床に落ちて、コロコロと軽く転がっていくファービー。

ジャミラの怒りはわかるが、やはり暴力が生み出すのは常にむなしさでしかない。気分を変えて外に出てみよう。


太陽がまぶしいジャミラ
花を愛でるジャミラ 

劇中のジャミラは水も空気もない惑星に漂着してしまったのだが、ジャミラとしての自分がいるのは緑豊かなこの地球。そんなことを考えると、普段はあまり気にも留めない花たちも愛しく見えてくる。

やっぱり平和って大切。いい天気だし、自転車にでも乗ってみよう。


うーん…

ビジュアルとしては頭のあたりのつるんとした感じが空気抵抗を減らし、自転車を乗るのに向いているようにも思えたジャミラ。しかし実際にやってみると、肩のつっぱり感がやはり操作の妨げになる。

道行く人の注目を集めてしまい、思わぬ事故の原因になる可能性もある。やはり自転車にも向いていないか。


最近のジャミラは車も運転します
うーん、これは…

ならば自動車ならどうだろう。アクセルワークは足だから問題ないし、ハンドリングもそれほど大きな動きを要求されるわけではない。これならきっと大丈夫だろう。

ここまでの実験ではネガティブなことばかり目立ったジャミラ。撮影した写真を確認して気がついたことがある。


レーサーみたいだ!

カーレーサーって、こんな感じではなかっただろうか。

あれ、違うっけ。それでもハンドルを握って真剣な眼差しをするジャミラには、これまでにない光が見えた気がする。

ジャミラであれやこれやとやってたら、なんだか楽しくなってきた。いろいろとやっていると、ついつい欲が出てくるのが人間というもの。さらなるリアリティを追求したい。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.