デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


チャレンジの火曜日
 
草を感じるフローズンヨーグルトを求めて
確かにあのとき私は草を感じていた

フローズンヨーグルトは、確か草だった。

いきなり何をというタイトル、そして書き出しになっているが、最近ふと、草の味がするフローズンヨーグルトのことを思い出した。

フローズンヨーグルトというと、ミニストップなどで売られているシャーベットのようなヨーグルト味のアイスを思い浮かべる方も多いかと思うが、「草」のフローズンヨーグルトはそれとはちょっと違う。

まるでアイスクリームみたいだというのをウリに、実際本当にヨーグルトじゃなくてバニラアイスのような味わいがするフローズンヨーグルト、という物(ジャンル?)があり後味が妙に草っぽいことがあるのだ。

今回は思い出の草の味のフローズンヨーグルトを求めて、ヨーグルトを使ったソフトクリームタイプのアイスを出すお店を巡りました。

古賀及子



アイスクリーム風フローズンヨーグルトという文化

この、バニラアイスのような味のフローズンヨーグルト、というジャンルをご存知の方はどれくらいいるだろう。

私がその存在を知ったのは今から8年前。突如ひとりでアメリカはニューヨークを旅したときに食べた。あのテロ事件の確か翌年だった。

英語そのほか外国語が一切できないうえ、そもそも好奇心というものがあまりなく海外旅行なぞめっそうもないというタイプの人生を送っていたのだが、何をいきなりニューヨーク、である。

「何をいきなりニューヨーク」って歌を作って路上で歌って歩いてもいいくらい、私にとっては尋常じゃない行動だった。


驚くべきことに、ニューヨーク旅行の写真は1枚も手元に残っていなかった(当時まだデジカメを持っていなかったのだ)。 なので、写真はイメージです。本当に行ったんだろうか

滞在中は常時及び腰でへこへこ歩いていたニューヨークの街。そこではいたるところでアイスを売っていた。

そのなかに「ヘルシーで太らない」みたいなのをウリにしているソフトクリームをたくさん見かけたのだ。

よくよく説明を見ると、どうも「フローズンヨーグルト」とあるが、食べてみるとこれが見事にバニラのソフトクリームの味がする。ヨーグルトの味はあまりしない。

なにこれ! と思った。


こういうシャーベット風でヨーグルトの味がするものではなく(これはこれで大変美味しいですがね)
こんな感じのソフトクリームタイプで、味もソフトクリーム風だった


遠くで草の味が、確かにした

そして、そんな不思議なバニラソフトの味がするフローズンヨーグルトは、確かに、どれもどこか遠くで喉を通りにくいような、草の味のような突っかかりを感じたのである。

暑い時期の旅行だったこともあり、滞在中は何度もこの草っぽいフローズンヨーグルトソフトクリームを食べた。草ではあるが、まずいわけではなく、なにかクセになる味だった。

以前、当サイトにニューヨークからのレポート記事を寄せてくれていたライター藤井さんの原稿にも「カロリーを抑える為だけにヨーグルトを使用したアイス(激甘)」というのが取り上げられている。


藤井さんの記事「珍しい材料で実現のローファット・アイスクリームを食べ比べ」より

おそらく、私の食べたフローズンヨーグルトもこれと同じようなテンションのものだと思う。

調べてみると、80年代ごろにアメリカでその手のフローズンヨーグルトが流行したらしいのだ。2000年代には下火に、ということだったが、当時はまだまだ人気があったように思う。

フローズンヨーグルトは日本にもきていた!

乗りかかった舟と思って、ついでになぜ唐突に私がニューヨークに旅したか話させて欲しい。どうしてもどうしても見たいオフブロードウェイのパフォーマンスショーがあったからだった。

思ったとおりのすばらしい公演をニューヨークで確かに堪能した。ここまではいい。なんと、帰国した1年後くらいにそのショーは日本に召喚されて東京で公演が打たれたのだ。そう、わざわざニューヨークに行くこと、なかったんだ。

悔しすぎて日本公演には行かなかった。後日読んだ評には劇場の広さなど好条件がそろい日本公演はニューヨーク公演以上だった等書かれていた。畳み掛けてぎゃふーん。

と、そのショーも日本に来ていたが、例のニューヨークで食べたバニラアイスのようなフローズンヨーグルトも日本に上陸していた。

その名も「I Can't Believe It's Yogurt」。日本でその存在に気づいたときは興奮した。

あの草が、日本にも! と思ったのだ。


そして約10年のときを超えて「I Can't Believe It's Yogurt」を求めて横浜ワールドポーターズに来ました

撤退してクレープチェーンになっていた

「I Can't Believe It's Yogurt」はその名前のとおり「ヨーグルトとは思えない!」アイスクリームのようなフローズンヨーグルトを売るチェーン店としてアメリカから上陸。池袋のサンシャインシティの中にあるショッピングモール、アルパに入っていたのを覚えている。

何度か食べた。そしてその味はニューヨークで食べたものに限りなく近かったように思う。つまり、あの、遠くで聞こえる草の味、だ。

草だ草だというとどうしても味を悪く言っているように聞こえてしまうかもしれないのだが、なんというか独特のクセになる味なのだ。

しかし、そのアルパの「I Can't Believe It's Yogurt」は今クレープ屋さんになっている。

2003年にチェーン全店が閉店され、運営元の会社が現在はクレープのチェーンに事業を変更したそうなのだ。


やってきた横浜ワールドポーターズの「Coco Manna」もかつて「I Can't Believe It's Yogurt」を経営していた会社のクレープ屋さん クレープを中心に、ワッフルやスムージーなど展開。その中に「フローズンヨーグルト」の文字が……

まだ草の味のフローズンヨーグルトもある?

「I Can't Believe It's Yogurt」はお店だけではなく商品ブランドとしてコンビニなどでカップアイスとしても売っていたと思う。

ハーゲンダッツのような体のカップに入って、売り場もそれこそハーゲンダッツの隣に並んで売られていた。一時は人気があったように思うのだ。

聞くと、事業替えしたあとのクレープ屋チェーンでもフローズンヨーグルトは扱っているらしい。

横浜ワールドポーターズの「Coco Manna」にも、確かにフローズンヨーグルトをベースにした「フルーツミックスアイスクリーム」というものを扱っていた。あの草の味が、もしかしたらまた食べられるかもしれない。

10年近くを越えて、あの味に再会できるかもしれないのだ。


メニューに「フローズンヨーグルト」の文字が! ソフトクリーマーではなく、アイスとフルーツを混ぜて作っていた。フルーツはブルーベリーを選びました

草か、草なのか?! >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.