デイリーポータルZ:スーパーで普通に買えるうまいもの
デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


はっけんの水曜日
 
スーパーで普通に買えるうまいもの


どれも間違いなく美味い商品たちです。

このところのラー油人気は一向に衰えず、未だにスーパーマーケットの棚でエスビーのおかずラー油を見たことがない。食べたことはないけど多分美味しいのだろう。

ラー油に限らず、スーパーで見掛ける食品の中には、たまにすごく美味しい商品がある。え、この味でこの値段で買えちゃって良いの、みたいな。

今回は、スーパーで普通に買えるんだけど妙に美味しい商品たちを紹介したいと思います。個人的な独断と偏見ですが。

松本 圭司



黒と黄色のパッケージ。名前が変なので期待してなかったのだが。

ノーベル製菓株式会社「レモンのつぼ」

まずは飴。レモン味の飴が好きでよく買っているのだけど、この「レモンのつぼ」を越える飴には出会ったことがありません。

一袋200円ほど。黄金色の飴は一口舐めるとレモンの風味が口いっぱいに広がります。酸っぱい!甘い!美味い。濃縮レモン果汁を使っているとの事で、他のレモン飴よりも濃いレモン味がします。

一時期は近所のドラッグストアで扱っていたので、切れるとすぐに買ってました。でも最近はカットになったのか売ってません。困ったので探したらAmazonで売ってました。今は、1500円に満たない時に一緒に買ったりしてます。


レモンの美味しさがギュッと凝縮された一粒。山登りしてるときに舐めると疲れが癒えます。


1本200円くらい。ラー油より安いよ。

株式会社 桃屋「野菜においしい にんにくみそ」

桃屋で美味いのはラー油だけじゃありませんよ。このにんにくみそのなかなかのもんです。コチュジャンの様であり、日本の味噌の味もあり。みじん切りされた生ニンニクの香りと辛みが食欲をそそるのです。

名前のとおり野菜に付けると最高。僕は下の写真のようにマヨネーズをぐるりと丸く出して、中心ににんにくみそをトッピング。食べるときはマヨネーズとみそをちょっと混ぜてキュウリやキャベツに付けてます。

これから夏野菜が美味しい季節ですからね。にんにくみそを冷蔵庫に常備しておくといいんじゃないでしょうか。この商品に問題があるとすれば、それは、なんとなく自分で作れそうって事ですかね。


マヨネーズ+にんにくみそが最高に美味い。マヨネーズは普通のキユーピーマヨネーズ。カロリーハーフとかはNG。カロリー控えめのマヨネーズは総じてマズイから。

実売で1本138円。缶チューハイの中では高い部類かも。

キリンビール「本搾りチューハイ」

キリンと言えば氷結、缶チューハイといえば氷結というくらいスタンダードな缶チューハイ、氷結を擁するキリンビールですが。本当に美味しいのはこの「本搾りチューハイ」です。断言しちゃいます。

なにせこの本搾り、果汁の量が他とは違う。なんと、レモンで果汁10%、グレープフルーツに至っては27%です。ちなみに氷結レモンは果汁2.5%ですから4倍です。

アルコールはレモンで7%、グレープフルーツで6%となかなか。1本で結構酔えてしまいます。

糖類無添加なのでスッキリドライ。夏の夕方に飲むのにピッタリです。甘くないからなんのつまみにも合いますよ。

難点は、なかなか売ってないこと。扱ってるスーパーや酒屋が少なくて、葛西だとマルエツでしか売ってません。あと、生搾りとか直搾りとか似た名前の商品があるので間違えないようにしてください。


甘さがないので甘い酒が苦手な人には良いと思います。甘いのは嫌だけどビールの苦みも苦手、という人は本搾り一択でしょ。


陳列に条件があるのか、必ず専用の棚があります。大抵ポップ付き。

越後製菓株式会社「味の追求シリーズ」

次は美味いせんべい。

僕はせんべいが大好きで大好きで仕方ないので色々食べ比べてきたんですが、スーパーで普通に売ってるせんべいでは越後製菓の「味の追求シリーズ」がおいしいと思います。

揚げたて、焼きたてにこだわって賞味期限は20日間だけ。工場から出荷されて翌日には店頭に並ぶようになっているそうです。全32種類。どれも美味しいのですが、僕は特に「大辛柿乃種」と「たまりしょうゆせん」が好きです。

 



特に好きなのがたまりしょうゆせんと、大辛柿乃種。

 「大辛柿乃種」の魅力は、噛むとガリンと気持ちよく砕ける歯ごたえと、口の中が焼けたようになる辛さ。表面に付いた唐辛子が見るからに辛いけど実際すごく辛いのです。でもなぜか止まらず、気がつくと袋が空に。

僕は辛い食べ物が好きなんですが、食べると大体次の日お腹を壊してしまいます。でも、それが判ってるのに買って食べてしまいます。中毒といっていいかも。

 「たまりしょうゆせん」は色、香り、味ともに最高。遠くに魚醤っぽい香りがあります。アミノ酸調味料として入ってるのかもしれません。食感は柿の種同様ガリンと砕ける結晶的なのもの。最高。

他にも揚げせんやうにせんなど、どれも美味いので食べたことない人は「味の追求シリーズ」を食べてみてください。大体一袋150円前後です。


表面に付いてるつぶつぶは唐辛子です。本当に辛い。汗が止まらなくなって頭がクラクラするくらい辛い。でもやめられない。160円。

色も濃いけど味も濃い。醤油の香りも濃くて非常に美味しいせんべいです。7枚入り150円。クリームチーズを付けても美味い。


地域限定商品だそうなので売ってない地域の人はごめんなさい。

亀田製菓株式会社「技のこだ割り」

せんべいと言ったら忘れちゃならないのが亀田製菓。特にこの「技のこだ割り」が至高。

越後製菓の「たまりしょうゆせん」よりも艶があり、若干甘めの味付けになってます。割れてる分表面積が大きく、タレが付いてる面積が広いので味を濃く感じます。

味が濃いのでお茶と一緒に食べるとお茶をごくごく飲めてしまいます。やや高いのが難点だけど、味はたまりしょうゆせんよりも好き。スーパーでの売値は279円でした。


越後製菓のたまりしょうゆせんよりも艶がある。割れているのでタレの味が濃く、美味い。


実売で195円。スープも麺もカップ麺とは思えないほど美味しいよ。

ヤマダイ株式会社「ニュータッチ凄麺」

カップ麺といえば日清だけど、ニュータッチも侮れませんよ。ニュータッチって言うといまいち地味な感じもするけど実はかなりハイレベルなのです。

特にこのニュータッチ「凄麺シリーズ」はすごいよ。ノンフライ麺を5分間熱湯で戻したらば、カップ麺とは思えない弾力に。ツルツルプリプリで、カップ麺特有の油臭さもありません。

スープは粉末と液体の2種類。コクがあり香りも本物のラーメンっぽい。フリーズドライの小松菜はシャキシャキしてて、ホントに乾燥具材ですか?という美味しさ。

200円未満でこの味だとかなり嬉しいと思います。凄麺シリーズに外れ無し。しかも最近は手織里庵という和風麺シリーズもありまして、そばや素麺を手軽に美味しく食べられます。こっちもお勧め。


ノンフライ麺なので待ち時間は5分と長め。個人的には6分くらい待ってちょっと伸びたくらいが好みの固さです。


実売で199円。UFOよりやや高めか。

明星食品「究麺 ソース焼きそば」

一平ちゃんでお馴染みの明星ですが、ノンフライ麺の「究麺」シリーズというのを売り出してます。これもニュータッチの凄麺と並んで美味しいので紹介させてください。

麺はザクザク心地よい噛み心地。弾力もありますよ。液体と粉末のダブルソースは非常に良い香り。甘辛でごはんが欲しくなります。

具は豚肉とキャベツ。乾燥具材だけど結構キャベツであり、結構豚肉。最近のフリーズドライはホントにすごいですね。カップ焼きそばだと日清UFOが本物志向で美味しいですが、麺の美味しさではUFOを越えてると思います。


カップ焼きそば特有のふかふかした麺ではなく、ザクザクもちもち。生麺で作ったような感じです。


89円でポップコーン食べ放題ですよ。

ポップコーンの豆

意外に知らない人がいる事実。

ポップコーンは豆を買ってきて自分で作ると最高に美味い。

豆は大体一袋150g入りで100円くらいです。100円ショップで売ってる場合もありますが、OKストアでは89円でした。安い。

30倍に膨らむので、ほんのちょっとの豆で大量のポップコーンが出来てしまいます。作り過ぎと食べ過ぎに注意。

油は多め、サラダオイルとバターを使うと美味しく出来ます。油少なめでも作れるけど、油は多い方が美味しいので是非たっぷり使ってください。ポップコーンメーカーとかありますが、ミルクパンなどの鍋で簡単に作れるので余計な道具は必要ありません。


ミルクパンや鍋に油と豆を入れて熱します。
30倍に膨らみます。左の画像、ちょっと豆を多く入れすぎた。

これで5円分くらいかな。出来たてのポップコーンはトウモロコシの香りと油の香りが混ざって美味しいんですよ。熱いうちに塩を掛けて食べます。カレー粉とかコンソメとか、フレーバーにこだわるものも面白いです。


実売で125円。安いと思います。

丸美屋食品工業「ソフトふりかけ ちりめん山椒」

最後はふりかけ。

丸美屋と言えば「のりたま」って思うでしょ。でも時代はどんどん進んでるんですよ。丸美屋で美味しいのはこれ。「ソフトふりかけ ちりめん山椒」。名前の通り、しっとりした生っぽいふりかけです。

甘辛醤油味のちりめんに胡麻と山椒の香り。大人のふりかけよりも大人の味がします。これは美味い。ご飯だけでなく、冷や奴に掛けても美味しいよ。袋の裏に書かれてたんだけど。

ソフトふりかけシリーズは他にも「葉唐辛子こんぶ」とか「ちりめん高菜」がお勧め。ピリッと辛くご飯が進みます。


山椒が地味に良い仕事をしてるちりめん山椒。これだけでご飯を何杯も食べられるので大変危険です。

スーパーは美味い物の宝庫だ

今回紹介した中で、丸美屋のソフトふりかけ、明星の究麺、ヤマダイの凄麺、キリンの本搾りは「増刊週刊大衆(双葉社)」に連載している「B級グルメ食べ比べガイド」で食べ比べていて発見しました。どれも他メーカーの商品などと比べて美味しかった商品です。勝手に自信を持っておすすめできます。

スーパーに行くと、よく買う物以外にはなかなか手を出さなかったりしますが、試してみると案外美味しいものを見つけられます。せっかくいつでも簡単に買えるのにもったいない!

これを機に、これまで買ったことのない未知の商品を試してみてはいかがでしょうか。好みじゃないのにぶつかるかも知れないけど、隠れた名品に出会えるかも知れませんよ。


お知らせその1 増刊週刊大衆は6/25発売

「B級グルメ食べ比べガイド」連載している「増刊週刊大衆」は毎月最終金曜日、今月は6/25発売です。コンビニのエッチな雑誌のコーナーにテープで留められて売られています。見掛けたら買うか、雑誌コーナーの目立つとこに置いてください。連載25回目の今回は和風カップ麺を食べ比べました。

お知らせその2 立体録音部 for iPhone

以前当サイトで活動をしていた「立体録音部」の音源を使ったiPhoneアプリ、名前はそのまま「立体録音部」をApp Storeにて配布中です。価格は無料。

http://itunes.apple.com/jp/app/id375998101?mt=8

登録されている音源は8つ。どれもWebの立体録音部のページに載っていますがiPhoneで聴くとまたちょっと違うかも?

無料なので気が向いたらインストールしてみてください。なにやら好評なので同じく立体録音部の素材を使った続編、あと、新録音のiPad版(コチラは有料かも)も考えています。

以上です。


 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.