デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ロマンの木曜日
 
30代からの不良デビュー


今回、不良デビューする男性(36)

今でこそ、そうとう好き勝手な生活を送っている僕ですが、中学校や高校の頃は割とカタい人生を歩んでいました。

当時の友人たちの中には、タバコが見つかって生活指導の先生に張り倒されたり、免許を取るためにバイトして貯めたお金をパチンコで半分にしたり、ようやく手に入れたバイクをあっという間に廃車にした人もいましたが、僕はそういったことに少し興味はありつつ、なんだか怖くて手を出さずに大人になりました。

そして、タバコもパチンコもバイクも、いまだに一度も経験がありません。

でも、もういい大人だし、一度くらい経験してもいいんじゃないかと思ったので、遅まきながらデビューしてみました。

萩原 雅紀



タバコを吸ったことがない

家族に喫煙者がいなかったので、子供のころから「タバコ=悪い(健康に、とかじゃなくて絶対悪)」という刷り込みがあり、いいイメージを持っていませんでした。なので、中学くらいからまわりの友人がポツポツ吸うようになったときは少しショックでしたが、自分には無関係で興味がありませんでした。

このまま一生、一本も吸うもんか、と思っていた時期もありましたが、30代も半ばとなったいま、そんな意地はどうでもよくなり、試しに一本、吸ってみることにしました。


ひとくちにタバコと言っても種類がたくさんある

しかし、どれを吸えばいいのか分かりません。味とか濃さ(強さ?)がいろいろあるのでしょうけど、そういう違いをぜんぜん知りません。

それから、当然タスポを持っていないので自動販売機では買えないのです。そこで、店頭販売のお店に行って、初めて吸うならどのタバコがいいか訊いてみることにしました。

さすがにコンビニの店員に訊くのはどうかと思い、タバコ屋さんを捜したのですが、ほとんどシャッターが閉まった軒先に自販機が並ぶところばかりで、対人販売の店はなかなか見つかりません。


シャッターが閉まっている
タスポがないので自販機では買えない

ここも開いていない
床屋が月曜休みのようにタバコ屋は金曜休みなんだろうか

駅のまわりをぐるぐる歩いて、ようやくおじさんが店番しているタバコ屋さんを発見。おそるおそる「初めて吸ってみたいんですが...」と訊いてみました。

こんなご時世だし「やめときな!」と一喝されるかと思いきや、「初めてなら1mgから入るのがいいと思う。強いとむせちゃうから」と言って、店の奥から1箱のタバコを持ってきました。売ってるんだから当たり前ですが。


生まれて初めての自分のタバコ

お勧めポイントを訊くと「1mgでこの味はなかなかない」とのこと。1mgというのがタールの量だというのは予習していたのですが、吸い比べてみたいので、もう1箱少し強いのも選んでくれませんか、と頼んだところ「最初は1mgにしなさい。これ吸えるようになったら少しずつ強くしていけばいいから」と、ステップアップを踏まえて売ってくれませんでした。うむ、正論。タバコ屋さんに訊いて本当によかった。

しかし記事的には2種類くらい欲しいので、近くのコンビニで何となくポピュラーそうなものを買ってみました。まさかコンビニでタバコを買う日が来るとは!

そして、このチョイスがいいのか悪いのかすら分からない。


いちばん標準的っぽいものを選んでみた

これで初めての喫煙準備は完了。でも吸い方が分からないので、タバコの先輩に教えてもらうことにしました。


悪い先輩に勧められる(イメージ)

つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.