デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ



コラボ企画

 
女子高生で痛みが消える

すね毛剥がし

最初の痛み実験は、すね毛剥がしだ。すねにガムテープを貼って、それを一気に剥がす。ケガはしないが、味わいたくない痛みがあることは想像出来る。


お見苦しい写真ですみません

はじめは純粋に痛みを感じるために、女子高生の視線がないところでガムテープをピリっとやってみたい。対照実験というやつだ。


ピッとはがすと
皮膚が裂けるような、チリチリするような痛みが走る

すねからガムテープを一気にはがすと、ピッと引っ張られるような痛みがまずあり、あとからチリチリと焼けるような感覚がくる。これが女子高生の関係のない、純粋な痛みだ。

今度は女子高生二人に見てもらっている状態でやってみる。



説明のつかない状況

ちょっと普通はないシチュエーションなので、視線をどうしたらいいか躊躇している間にペリッと剥かれた。

痛みは軽減されていた。これがあのとき感じた女子高生の鎮痛作用か!彼女たちは「いたそう〜」などと言っているが、もはやそんなに痛くはない。

女子高生にもっと近づいてもらったら、もっと痛みは軽減されるのだろうか。その距離をぐっと縮めてみる。



「バスケのボールって重いですよね」「重くないですよ」


女子高生と軽く会話している間に、不意をついて剥がされた。だが痛くないのだ。すごい、すごいぞ女子高生パワー。

だったらということで、直接女子高生にテープを剥がしてもらうことにした。

痛みを感じないことを確信しつつあるので、僕の口からは「テープ、2枚同時とかでもいけちゃいますよ」なんて言葉が出ていた。



「時間差で」などと打ち合わせをしつつ

そんなにしなくても、という勢いで剥がす女子高生


やはり宣言通り、2枚同時でもいけちゃうのであった。

脳のキャパシティが100に限られているとすると、100あった痛みの領域に女子高生がどどどっと割り込んできて、結果的に痛みが30か20くらいに減ったように感じられるのだと思う。

ダメージは同じだが痛みは少ない。そんな感じだ。


おれ、こんな風に笑えるんだ

女子高生にすね毛はがされてピンチなう!
(でも痛みが少ない)

ゴムパッチン

より痛みと恐怖感の強いゴムパッチンに挑戦してみよう。輪ゴムをチェーンのようにつなぎあわせて、長いゴム紐を作った。それを口に咥える。

まずは女子高生の視線がない状態をつくって挑戦した。


くちびるがビチィッってなりそうで怖い
だが、なんでこんなに楽しそうなのか

ゴムが引っ張られると、その弾力感からゴムにどれだけエネルギーが蓄えられているかが、「恐怖感」として感じられる。

表情が強ばって、寒さのような感覚を覚える。


神よ

指が離れた瞬間にゴムが稲妻のように僕の唇を奪う。文字通り、取れちゃったかと思った、唇。

恐怖感もそうだが、痛みも凄い。残響というか、ビリビリとしびれるような感覚が唇に残る。さらには「なんでこんな目にあっているんだろう……」というか、うら寂しい気分になった。

女子高生に見られながらだとどうなるだろう。


うふふふ

少し痛みを感じるものの、恥ずかしい、かっこ悪い、そんな気持ちが痛みのスペースを占領していく。

「笑ってくれてるし、痛がった方がいいのかな?」などという、実際ある痛みを差し置いて、痛みの演技をしようと考えたりするくらいだ。

続いて彼女にゴムをひっぱってもらう。


気功の達人にやられる人

やはり「痛そう」と口では言うのだが、顔は楽しそうに笑っている女子高生。

一方僕はといえば、痛いけど苦痛ではない。楽しい痛み、楽痛とでも言おうか。いや、そんなものあるのだろうか。


ウエルカムバック青春

女子高生にゴムパッチンでピンチなう!
(でも楽しい)

< もどる ▽この記事のトップへ つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.