デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


土曜ワイド工場
 
エスカレーターメーカーを見究める

努力と気くばりのひと、日立

国内エスカレーターシェア第1位の三菱を追い続ける2位の日立は、努力のひとだ。日夜、試行錯誤を繰り返しているとみえて、ちょっとめずらしい模様の床板や手すりラインがあったかと思うと、だいたい日立だったりする。


すわシンドラーか? と思わせる、ゆる「つ」の字

これとか絶対シンドラー意識してるだろう(たぶんしてない)

かと思えば、何を思ったか角ばってみたり。

でもスクエアラインは珍しく、絶滅危惧種なので、お近くの方はすぐ観に行ったほうがいいです。 これは松戸の駅ビルにあります。

床板もほんといろんな模様があって困っちゃうのだ。


長方形を横に並べるスタイルは三菱がやっているので、縦にしました。
正方形だとシンドラーとかぶるので、ラインを入れてみました。

ラインがだんだんデコラティブに
何を思ったか、突然×マーク

筆記体の「Hitachi」を見つけたらその日はきっといいことがあるでしょう。

最近の流行は、真ん中だけ模様を変えるタイプと

上辺がわずかに「なよっ」としているこの手すり。

この手すりは日立のこだわりらしく、「エスコートライン」という名前がついている。子どもでも、お年寄りでもつかみやすく、乗りやすく、ということらしい。いろんなところに気が配れるひとなのだ、日立は。

 

そして大きな特徴が隠されているデマケーションライン

もうひとつの日立の特徴としてご紹介した、黄色のライン(デマケーションライン)だが、実は、「手前も黄色い」ということ以外にも大きな特徴が隠されている。


両端部が8mm高くなっている

「長めのスカートやサンダル、絶対にまきこますまじ」という、気くばりのひと日立の気合である。
ほぼすべて主観オンリーでお届けしている今日の記事だが、実を言うと、これだけはメーカーの方に教えてもらったポイントだ。

というのも、それまで主に床板と手すりでエスカレーターを見分けてきた私。しかしプロの方はCMやPVでタレントの背後にちらっと写りこんだステップ部分を見るだけで、メーカーがわかってしまうという。うぬぬ負けてはおられじ。なんとかしてステップのみからメーカーを割り出す方法を…と思っていた折、教えてもらっちゃったのである。


いまのところ日立だけですが、この写真でもうわかります。 これがわかればエスカレーター見究め道3段ぐらい。

 

日立がんばった。秋葉原のオシャレエスカレーター

さて私が日立製のなかでいちばん好きなエスカレーターをご紹介する。かっこいいホームページでも登場してもらった彼なのだけど、これみると、日立、がんばったよなぁ、て思う。


秋葉原UDXの2階→5階直通エスカレーター

ライティングにもこだわった。

手すりの歯車部分も超おしゃれ。くるくるまわる。

< もどる ▽この記事のトップへ つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.