デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


はっけんの水曜日
 
自動膨張のライフジャケットは本当に自動で膨張するのか


自分の命を守るための実験です。

海遊びでの必須アイテムといえばライフジャケットだが、これには最初から浮力のあるタイプと、車のエアバッグのように水に濡れると自動で膨らむタイプがある。

船釣りのように落ちない限り濡れない場合はコンパクトな自動膨張タイプを着用しているのだが、これって本当に自動で膨張してくれるのだろうか。着用している人はいっぱいいるけれど、実際に膨張させたことがある人を見たことがない。

いざ必要になった時に「膨張しませんでした」では困るので、一度試してみることにした。

玉置 豊



ライフジャケットと私

自動膨張のライフジャケットは、中にガスボンベが仕込まれており、海に落ちたりしてセンサーが水を感知すると、一気に膨らみ着用者をプカプカと浮かばせるシステムらしい。(→こちら)

買うと結構高くて、普通は2〜3万円するのだが、私が使っているものは、去年釣り具屋で「一番安い自動膨張のやつください」といって買った1万円くらいの安物だ。

これだけ妙に安かったので、ダミーの防犯カメラみたいに実は膨らまなかったり、ちょっとしか膨らまなかったりしたらどうしようという、ほんのちょっとの不安がなかなかぬぐえないでいる。実際はそんなことないのだろうけれど。


首に掛っているのが自動膨張式のライフジャケット。釣り船屋が貸してくれるのもこのタイプが増えました。
タイでニワトリを餌に2メートルのオオナマズを狙った時も当然着用していた。本当は外房だけど。

不安をぬぐうためには実際に試すのが一番ということで、ライフジャケットを持って海にやってきた。

本当は船から落ちてみようかと思ったのだが、流されてスクリューに巻き込まれても困るので、安全な海水浴場でトライしてみよう。


万が一自動で膨らまなくても、右手のところにある赤いレバーを引っ張れば膨らむ安心設計だが、落ちた瞬間はパニックになると思うので、できれば自動で膨張してほしい。

 

自動膨張式ライフジャケットを着けて海の中へ

濡れる前提のラッシュガードの上から、濡れない前提の自動膨張のライフジャケットを着用という、あまり見かけないファッションで、家族連れがパチャパチャしている海へと一歩ずつ入っていく。


自分からライフジャケットを膨らますという行為は、「非常ベルを押す」とか「110番してみる」みたいな、平常時にやると怒られるようなことをしている気分になる。

「押すなよ!絶対、急に押すなよ!」

腰まで海に浸かったところで、自動膨張ってどのくらい濡れると膨らむのだろうかと、試しに水をジャブジャブかけてみたが変化なし。

水辺で使うものなので、ちょっと濡れたくらいでいちいち膨らまれても困るけれど、やっぱり膨らまないのではという不安が強くなってくる。がんばれ一万円のライフジャケット。


プールに入る前には心臓に水をかけましょうって教わったなー。

いつ膨張するのか、またその衝撃がどれほどのものなのかがわからないので、一歩一歩慎重にすすんでいく。なんの罰ゲームだ。

そして突然ボーン!

拡大映像。一気に老けこんでいる。

スーパースローで衝撃の一瞬をご覧ください。向かって右の人に、思い切り振り返られています。

ライフジャケットの下の部分が水に浸かって数秒後、シューという炭酸飲料のキャップを開けた時みたいな音がすると同時に、体が浮き上がるほどの衝撃がきた。

なるほど、自動膨張だ。


安定感ばっちりだ。

首を中心にしてパンパンに膨らんだライフジャケットは浮力十分。後頭部側にも空気が入っているので安定感がある。ライフジャケットから手を離しても問題なし。

これで今日からこのライフジャケットのことを、心から信じることができそうである。めでたし、めでたし。


なんか疲れた。

ところでガスの力で一気に膨らんだ俺の胸元。一瞬、自分の性別が変わったのかと思った。らんま1/2か。

服の中にライフジャケットを仕込んでおけば、北斗の拳ごっこもできそうですね。


「水を掛けられるとマッチになるケンシロウ」という一発ギャグ、いつかのためにあたためておこう。

膨らむと同時に、収納方法とガスボンベの交換方法が書かれたマニュアルが表に来る新設設計。

自動膨張は自動で膨張するのだ

今回の実験で、「自動膨張式ライフジャケットは、自動で膨張するライフジャケットだ」という当たり前のことがよくわかった。こういうことをやりだすと、防水携帯は本当に防水なのか、バイク王は本当に下取りよりも高いのかなどを調べたくなってくる。

一度膨らんでしまったライフジャケットも、専用のガスボンベ(二千円くらい)を交換すれば何度でも使えるのだが、交換の仕方を間違えて膨らまなかったらどうしようと、また不安になっていたりする。

不安なので釣り具屋の店員にセッティングしてもらった。

 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.