デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ひらめきの月曜日
 
米粒じゃなくてLEDに文字を書く

チマチマの先には禍々(マガマガ)が待っていました

細かい作業が好きだ。たとえばハンダ付け。2.54mm間隔で空いた穴にひとつずつハンダを流し込んでいく作業は、すっごいチマチマしていて、長時間やってると勝手にトランス状態に入ってくる。(ハンダ付け愛好家の間では、ハンダにそういう成分が含まれているのではないか、という説さえささやかれている)

ところで日本の伝統的なチマチマ芸に、「米に文字を書く」がある。当サイトでは以前、ウェブマスターの林さんが挑戦している。

今回はもうちょっと現代的な解釈で、こんなものに絵を描いてみたい。米粒サイズの電子部品、LEDである。

(text by 石川 大樹


 

プロは道具選びからこだわる

現代の米粒ことLEDである。3mmサイズと5mmサイズがあるが、今回はより米粒に近い、3mmサイズを用意した。


クラゲみたいでかわいい


ペンは林さんの記事を参考にサインペンを使用。ただしプラスチック製のLEDに書くためには油性ペンを選ばねばならず、細い油性ペンというのが意外と売ってない。3軒ほど文房具屋を回った挙句、


結局よく見かけるこれを買った


しかも、後で気づいたのだが、このペンは水性であった。何のために3軒回ったのか。

LEDのいいところは持つところがついていることだ。林さんは米粒を両面テープで机に固定していたが、LEDなら端子(クラゲの足)部分を左手で持てる。


文字を書くために生まれてきたような粒だ

はい。(マウスオーバーで補助線)


まずは自分の名前を書いてみた。「石川大樹」の「大」まで書いたところでスペースが尽きた。「石川大」とは愛媛県新居浜市出身で、JFL・栃木ウーヴァFC所属のサッカー選手だそうである。(wikipedia情報)


栃木ウーヴァFC、か…

 


幼少時はわりと聞き分けのいい素直な子でした

失敗した。今度は別の文字を書いてみる。


原稿書く段階で初めて後ろ髪の寝癖に気づく


石川大じゅ(マウスオーバーで)


「石川大じゅ」の表記をしたのは小学校3年生以来である。低学年でならう最初の3文字に比べ「樹」だけが難しく…というのは言い訳で、単に画数が多くて面倒なのでひらがなで書いていた。母に「それは変すぎる」と言われたのをきっかけに全部漢字で書くようにしたのを覚えている。

昔は素直ないい子だったのだな、と思う。


関係ないがこの写真、指紋から爪の凹凸までくっきり見えている。(マウスオーバー)


写真には1行目しか写っていないが、2行に分かれて「デイリーポータ」である。吉田カバン(ポーター)情報満載の日刊紙かと思われる方もいるかもしれないが、当サイトの名前「デイリーポータルZ」が途中で切れたものである。


デイリーポータ、か…


デイリーポータ…

 

 

秋の午後

薄曇りの空模様。まだお昼過ぎだというのに、秋の太陽は夕暮れみたいな空気を醸し出している。


あの太陽に比べてLEDとはなんとちっぽけなものか。


なんだか寂しくなってきたので光らせてみる。


ピカッ


ぽつーん


冒頭に、細かい作業が好きだ、と書いた。

しかし考えてみれば、僕は細かい作業をほとんど家か会社でしかやったことがなかった。

秋の太陽は、チマチマするにはあまりに寂しすぎるのではないか。秋空の下でのチマチマは気分を内に向かわせる。自分の中にある、柔らかで繊細な部分と対峙してしまうのだ。

だめだ、もう、帰ろう。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.