デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


土曜ワイド工場
 
韓国は毎月14日がカップル記念日?!


先日韓国に遊びに行った時の写真を使ってお届けします

韓国には何度か遊びに行った事があるし、ドラマや映画もいくつか見てる。韓国人の知り合いも何人かいる。

なのに最近になって初めて耳に入ってきた、韓国で毎月14日にあるというカップル記念日情報。うーん気になる!
という訳でその詳しい内容と、他にもカップルや恋愛に関して何か面白い風習はないものかと現地で聞いてきました。

韓流ブームがやってきて久しい今、そんなの知ってるよと思う内容もあるかもしれませんが、まあマトメという事で。

小堺 丸子



毎月14日に何をするのか

14日といえば日本でも2月と3月にイベントがあるけど、他の月は何をするのだろう。やっぱり甘いもの贈るの?あんこ?

旅行で韓国の友人たちに会う機会があったので聞いてみた。が、全部の14日記念日を把握している人はいなかった。どうやら皆が皆注目するようなイベントではないようだ。

ちょっとは知っているけど詳しくは知らない、日本人が七草がゆの風習を知ってはいるけど中身なんだったっけ?といった感じで、結局はその場で調べて補完しつつ教えてくれた。


「○月×日、電車の中で彼とウトウト・・・夢の中でも会えたらいいね(ハート)」とか書くのかな

●1月14日・・・ダイアリーデー

1年の始まりという事で、お互いに日記をプレゼント交換するらしい。

ブログのご時勢だけど・・・公開できないような二人のラブラブ日記でも書くのだろうか。


義理チョコにぴったりのチョコパイを発見。

●2月14日・・・バレンタインデー
●3月14日・・・ホワイトデー

2月と3月は日本とだいたい一緒。

違いはといえば、男性はバレンタインのお返しにキャンディーやヌイグルミなどが入ったバスケットを用意するそう。ホワイトデーに韓国の大学に行くと、そのバスケットを恥ずかしそうに持った男性がたくさんいるのだとか。

そりゃ目立って恥ずかしいわな・・・


これがチャジャンミョン。見た目は微妙だけど玉葱の甘みが美味しい。私は韓国行ったら必ず食べます。辛いの飽きたらこれ!

●4月14日・・・ブラックデー

この日は2月、3月の告白で破れた人や独り身達が、暗い気持ちを表して上から下まで黒い服を着て集まる。(友人の一人が言うにはパンツも黒にするとか)

そして何をするかと言うと、韓国の中華料理「チャジャンミョン」という黒くて甘いあんかけが乗った麺を一緒に食べるのだ。

一見寂しいような気もするが、ここは出会いの場でもある。何だか独特で、ちょっと楽しそう!

ちなみにコーヒーを頼む時はブラックを飲むそうです。


服は黄色でなくても良い

●5月14日・・・
カップルはローズデー、独り身はイエローデー

この日はカップルか、そうでないかでやる事が変わってくる。
もしこの日までにカップルになれた場合は、薔薇の花をお互いに贈り合う。

でももし独り身だったら・・・また集まって、今度はカレーを食べるのだ。この日にカレーを食べると恋人ができると言われているらしい。でも何でカレー?と聞くと「イエローだから」と返されてしまった。
何でもいいから他に合わせて色を使いたかったのかな。


インパクトのあった猿。(記念日とは無関係)

●6月14日・・・キスデー

カップルがキスをする日、らしい。

そんな日を設けずともカップルは年中しているだろうけども。


ペアルックが光っていた2人。この後写真を撮るよう頼まれた。
(記念日とは無関係)

●7月14日・・・シルバーデー

銀で作られたもの(指輪とか)を贈り合う日。両親に相手を紹介する日。

両親に会わせるタイミングはなかなか難しいと思うので、こういった日があるのもいいですね。認知度はイマイチぽいけど。


独り身に許されるのは飲み食いのみ

●8月14日・・・グリーンデー

この日もカップルかどうかでやる事が変わる。

カップルの場合は手をつなぎ緑の多い所にでかける。
一方、独り身たちは集まって焼酎を飲むのだそう。(そういえば韓国の焼酎のビンとかラベルはみんな緑だ)

また集まっちゃって・・・しかも焼酎って。もうやけ酒ですね。

ちなみにこの機会逃したら、今年はもう独り身の出番は無い。


カラオケに行ってみたらこんな部屋があった。女同士だからか違う部屋に通されたけれど。

●9月14日・・・ミュージックデー&フォトデー

ナイトクラブなどで友人に恋人を公式に紹介する日。またはお互いの写真を撮り合って仲良くする日。

別にこの日でなくても良いのだが、韓国では友人に恋人を紹介する(会わせる)のが普通だそうだ。そして、その場合のお茶代や食事代は彼氏が支払うのが普通。友達の多い彼女を持つと男性はちょっと大変ですね。


韓国の友人に提供してもらった結婚記念写真。むこうではこういったセットの凝った所で何枚も撮影してアルバムにする

●10月14日・・・ワインデー

雰囲気の良いレストランでワインを飲みながら、二人の未来を語る日。

ワインが美味しい時期だからですねきっと。
独り身達には焼酎飲ませといて恋人はワインかあ。何だか独り身には未来が無いようにまで感じてしまうよ。


服はオレンジでなくて良い。(写真は「完璧なニセモノあるよー」と市場の兄ちゃんに引っ張られている友人)

●11月14日・・・オレンジデー&ムービーデー

オレンジジュースを飲んだり、映画を一緒に見に行く日。

なんでオレンジジュースを飲むのか聞くと「ストレスを発散する為」と突拍子の無い返答がきた。でもこのカップル記念日、全体的に突拍子がないので「そうなんだ」と思って流せばいいと思います。


ポッキーの写真が無いので、ポッキーぽい人の写真。

【番外編】11月11日はポッキーの日(ペペロデー)

11月の11日は「ペペロ」というお菓子(日本でいうポッキー)を、お世話になっている人に贈る日。なぜポッキーかというと「11(月)11(日)」と、1が並んでいる様がポッキーに見えるから。

こちらは男女関係なく贈ると聞いたが、「同性にあげたらおかしいでしょ」と言う男性もいた。考え方は人それぞれだ。


ハグデーじゃないのに抱きしめあう2人。許せませんな!

●12月14日・・・ハグデー

カップルが抱きしめあうのが許される日。抱き合って暖まる日。

「許される」って、誰に?独り身たちに?

 

実際にやるかと言えば・・・

以上がカップルの為の14日記念日だ。毎月忙しい韓国人カップルたちよ・・・羨ましいやら面倒くさいやら・・・!

いやでも、実際やっている人は聞いた感じそんなにいなそうだった。チャジャンミョンを食べるブラックデーはインパクトが強いのか皆知っていたし実際やっている人もいるようだが、他のイベントに関しては知識マチマチ、あまりやってないみたい。なあんだ。


電車でブラックデーファッションを発見

さて次に、恋愛に関して日本との違いを聞いてみる事にした。

 

どうやって相手を見つけるの?

日本で恋人を探す場合、パッと思いつく方法といえば合コンだけど、韓国人はどうしているのだろう?
聞くと、一斉に「ソゲティン」という回答が返ってきた。


成功率は低いがたまーに結婚に至ることも。

-メジャーな出会い方「ソゲティン」
(ソゲとは紹介の事。ティンはmeetingから来ている。)

今回話を聞いた韓国人6人が全員経験ありのこのソゲティン。

日本の合コンとの違いは、友人の紹介で1対1で会うところ。お見合いのようだがそんなに重いものでもなく、紹介する方は名前と電話番号のみを伝えるだけ。後は勝手にやってくれ状態らしい。

日本でやるような多人数の合コンはあんまりやらないみたいです。


エレベーター写真撮り忘れたのでエスカレーター。台湾同様、スカート巻き込み防止(両端のブラシみたいなの)がついてました

-マイナー&古い方法「エレベーターティン」
エレベーターを使ったお見合い方法。
これは私が前に誰かから聞いたものなのだが、皆「話は聞いた事があるけど相当昔の方法で、いまや都市伝説並み」との事だった。

やり方はといえば、まず男性が各階エレベーターの前に一人ずつ立って待つ。女性は1階からエレベーターに乗り、1階ずつ登っていきドアの前に立つ男性を見て、降りるかどうかを決める。もし気に入ればエレベーターを降りてカップル成立だ。

もちろん最後まで降りずにいる場合もある。このエレベーターティンの凄い所は男性に選ぶ権利が無いところ。

男性が強いイメージの韓国だけど、恋愛に関しては女性が優位?

 

アレって本当?

次に、私が日本でこれまで聞いた事のある話が本当なのか聞いてみた。日本には無い風習なだけに、にわかには信じられなかった事。改めて聞いてみよう、アレって本当?


花束も嬉しいけど貰い慣れてくるとデートの邪魔になるので1本が良いらしい。

-デートで花束を渡す・・・人によるけど本当
実はこれ、反応が二つに分かれた。

まず、ずっと彼女がいないという男性2人が「それはドラマだけ」と即答した。ああやっぱりそうなんだー、と言いかけたら、今度は女性陣が「何度か貰ったよ」「頻繁にもらっていたよ」と言い出だした。ここは経験豊富そうな女性陣の意見を採用だ。

その男性2人に彼女がいない理由は花が原因かもしれない。「勉強になりますね」と言っておいた。

ちなみに、結婚した後でも奥さんにあげる男性も結構いるそうです。


ソウルタワーの下にあった愛の誓いのカギ

-付き合って100日目は大事な記念日・・・本当
韓国では付き合いはじめて100日目が凄く大事な日で、男性は女性にプレゼントを贈るそうだ。もし忘れたら別れる原因にもなるとか。キビシイ。

(逆に言うと、別れたければ忘れたフリすればいいのか。)

-初雪の日には電話が通じなくなる・・・本当
初雪を見たらすぐに相手に電話をして「初雪降ったね」報告をする。みんな電話をかけるもんだから、回線がパンクして通じなくなる事があるとか。前もって待ち合わせ場所を決めておき会うカップルもいるそうです。


韓国ならあり得ると思っていた授業告白・・無かったか。写真は名門の梨花女子大。すごく綺麗で広い。

-彼女が車のトランクを開けたら風船がブワー出てプレゼントが置かれてる・・・古い方法。だけどやる人もいる

「それは昔の方式で、今やったら怒られますよ」という意見もあったが、プロポーズでやる人は今でもいるそうだ。他にもケーキやアイスに指輪入れて驚かしたり、街の電光掲示板でプロポーズしたりといったツワモノも、中には、いる。韓国の男性はとにかく相手を喜ばせようという気持ちが強いのだ。

-学校の授業中に告白・・・映画の世界
これには多数が「ありえない、映画だけ」との声が上がったが、「休み時間に教室の電気を消しロウソクを灯したケーキを渡して告白」を見たという人はいた。

最後に「授業中にやったら先生が怖いでしょ。落第しちゃうよ」とリアルな事を言っていた。

 

その他の習慣、日本との違い

これで自分が聞いたことのある範囲の事は大概聞けた。他なにか恋愛関連の情報あったら教えて!と言ったらまだまだあった、日本との違いと習慣。


友人の働くオフィスにあったラブワゴン風の車

ちょうどこの記事が出る日に結婚する友人から貰った招待状

冷麺のように見える「けっこんしき」というメニュー

-昔からある、有名な恋のおまじない
ホウセンカの花びらを潰したもので爪を塗り、その色が初雪の日まで残っていれば初恋が実ると言われている。「じゃあ雪が降りそうな前日に塗ればいいの?」と聞いたら全員に苦笑い。

-デートは彼女の家まで送り迎えする
特に帰りは必ず彼女の家まで送るのが常識だとか。(友人であっても男性は女性を送る、という考えが多いみたいです。)

-女性は告白されても5割方断る
告白は9割方男性から。そして韓国の女性の5割は、気のある男性に告白されたとしてもすぐにOKはしないのだそうだ。韓国人女性を射止めたいなら一回で諦めちゃダメ。

-20歳の彼女には3つのプレゼントを
彼女が20歳の誕生日(成人式)を迎えた日には彼氏から「バラ、香水、キス」をプレゼントするそうだ。20歳といえば酒、タバコ、ギャンブルの3つしか浮かばないけどな。

-地域によって違う、プロポーズ
日本に県民性があるように、韓国でも地域によって考え方が少し違う。前述した様な、風船なんかを使った派手なプロポーズが苦手な地域もある。大阪に似た雰囲気と言われるプサン出身の友人が教えてくれた慶尚道地方のプロポーズ例はこう。

・「俺の子供を産んでくれ」とストレートに言う
・「帰り道に拾った」といって指輪を投げつける。拾わなくてもいいといった感じで。

投げつけられるのもある意味サプライズ!その不器用さが逆にいいかもですね。

-大したイベントではない?結婚式の違い
韓国では日本のように出欠を取る事はなく、とにかく知り合いに招待状を渡していき、通常300人程で式を行うそう。

え、普通でそんなに来るの?!と思うが日本よりご祝儀が安いし(基本が5万ウォン(5千円)くらい)服も少し綺麗めであればOKなので出席する側としては「ちょっとオシャレして食事する」感覚の、大したイベントではないのだそう。気楽で羨ましい!

ちなみに式の費用は親が出し、ご祝儀で返す事が多い。親が退職してしまうと呼べる人数が減ってしまいご祝儀も減るので親が現役のうちに結婚しようと考える人もいるとか。なるほど。

私が日本との違いに驚いていると「日本が独特過ぎる」と言われた。ああ、そう言われてみるとそうかも。

 

男性は苦しいですよ・・・

こうして話をしている途中途中、男性メンバーは「映画やドラマのせいで求められるレベルが高くなってる」「男性は苦しいですよ・・・」とぼやいていた。


「男らしい韓国人ばかりじゃない」とぼやく草食系男子

確かに聞いていると、男性ばっかり頑張っているように感じてちょっと可哀想になってくる。でもそれが韓国人男性の宿命なのだそうだ(女性談)。

男性の皆さん、日本に生まれてラッキーだったかもね!


今回の旅で一番男らしさが感じられた写真

有名だけど、韓国では同性でもスキンシップ当たり前。若い女性は手をつなぎ、オジサン同士は肩を組む風景が結構みられる。

街でよく見かけた前髪1:9スタイル(記事とは無関係)

韓国人の男はつらいよ

まとめてみて一番感じた事は、韓国人男性は大変だという事だ。告白しても半分は振られるわ、デートは家まで送り迎え、事あるごとに花や贈り物、時には風船を飛ばす・・・

韓国と言えば焼肉、キムチ、ヨンさまが浮かぶけど、、今日からその後に「男性は大変」という知識を加えましょうか。

14日記念日が気になったのが発端で、ピンクでラブな記事になるかと思った今回の調査企画、最終的には韓国人男性に同情する形で終了だ。でもなんだか逆にグッと韓国が近づいた気がしました。また遊び行こう。

ペアルックのカップルがやっていたポーズと頼まれたカメラのアングル

ブラックデーは面白いので日本でも流行ると良いですね。チャジャンミョンの変わりにもずく酢希望!

※今回話を聞いたメンバーはみな30歳前後。最近の若者の恋愛事情は若干変わっているかもです。


 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.