デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


フェティッシュの火曜日
 
14年で東京のトイレは変わったのか

品川の穴場トイレはまだあるのだろうか

品川駅の京浜東北線ホームの大井町よりのはじっこに穴場トイレがある。小さいトイレなので便器の数が少ないが、すいている可能性が高い。ハイリスクハイリターンのトイレであった。

品川駅 1996年の記述

ホームのはじっこにあります。ひとつしかない個室に誰か入っていたため、撮影はできませんでした。

でも、こんな不気味なトイレの個室が利用されているなんて、なんか不自然な気がします。なんかモーホーな人たちが利用しているような気がするのですが...。

総合評価 ★★
清潔さ ★★
広さ
混雑度 ★★★
なし
車椅子用 なし

モーホーとか今だったら絶対に書かない。そういえばそテレビでとんねるずが保毛尾田保毛尾男(ほもおだほもお)なんてやっていたのもこの頃かもしれない。

さて14年後はどうなっているのか。

2010年の品川駅

トイレは今も存在した。京浜東北線色に塗られていた。入り口に目隠しの板ができている(個人情報保護)。

京浜東北線のホームなので電車とコーディネート
奥にガラスブロック(通称:歯医者ブロック)がはめられて明るいトイレ内

トイレ内は相変わらずすいていた。サラリーマンのオアシスは14年経っても健在であった。14年前の写真と比べると小便器の間隔が広くなっている。さらにオアシス度が上がっている。

個室内はきれいで紙も整備してあった。しかし誰かが入っていたから写真を撮らずに帰ってきたと書いている14年前の自分に「すこしぐらい待って撮ってこい」と言いたい。


< もどる △いちらんへ 田町 >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.