デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


フェティッシュの火曜日
 
逆ブラタモリ
僕がいったいなにをしているかは後述

NHK総合で放送されているタモリさんの街歩き番組「ブラタモリ」。僕も大好きだし、デイリーポータルZを読んでいる皆さんも好きな方が多いだろう。

街を歩きながらかつての景色を想像する。その痕跡を探したり、昔の景色をCGで再現したり地図好きにはたまらない番組である。

真似したいがそのまま真似をするのもどうかと思うので、逆をやってみることにした。

林 雄司


未来を想像しながら歩いてみるのだ

「ここはむかし〜だった」の逆で、「ここにはこれから〜ができる。わー楽しみー」という視点で街を歩くのだ。それが今回の企画主旨である。過去ではなく未来を想像して堪能したい。

だから逆ブラタモリと言ってみた。未来が楽しみだなんて超楽観的な未来志向もいまどき珍しいだろう。

まずは渋谷である。

東京都のホームページに渋谷駅をどうするかの計画が載っていた(「渋谷駅街区基盤整備方針(PDF)」)。

それによると

・東横線が地下に移動
・あいた東横線のスペースに埼京線のホームができる
・東急東横店は別のビルにうつる
・国道246号線沿いに駅ビルができる

ということである。この計画は承認されて2026年までに実現するそうだ。16年後。僕は55歳である。もうすぐ還暦じゃ。

とりあえず渋谷駅から宮益坂のほうに出てビックカメラの向かいで写真を撮ってみた。

2010年。渋谷。右のピンクのシャツが林
16年後はたぶんこうなっている。
2026年。渋谷。ピンクのシャツが林じゃよ。

256色で描いたセカンドライフのようになってしまった。こういう予想図がヘタだと全く説得力がないことが分かった。なるほどパース図って大事ですね。

図の出来に一喜一憂していてもしかたないので解説だ。おれたちは心で勝負だ。

  公表されている資料をもとに想像したものなので大いに違う可能性があります  

奥のビルの高さは適当です

東急東横店が移転して恵比寿側に新しくビルができるらしい。

計画図では半分透明になっていてどれぐらいの高さのビルになるのかまだ決まってないようだ。だから適当な高さで描いておいた。

タモさん気分で歩く。リュックにはお茶。

新駅ビルの近くに行ってみる

東口を渡って明治通りから渋谷駅を見る。計画ではこの向かいあたりに新駅ビルができるらしい。

2010年。渋谷
2026年。どーん

たぶんこんな景色である。

おもしろい。完成予想図を見ながら街を歩いて将来の絵を想像するのは思いのほかおもしろい。ベクトルは全く逆だけどむかしの景色を想像しながら歩くのに似ている。

ただ違うのはこのページが16年後(残っていたとして)、当たっているかどうかの答えあわせをされてしまうことである。

どうですか。あってますか?


順番に見る >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.