デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


はっけんの水曜日
 
ノンアルコールビールでも、飲むと酔った気がする


代表的な5種類を買ってきた。サントリーのオールフリーが一番おいしいと思います。

双葉社の増刊大衆という月刊誌(毎月最終金曜発売。今月は24日発売)で「B級グルメ食べ比べガイド」という連載をしている。ジャンルを限って色んな食べ物や飲食店を食べ比べて評価を付ける企画だ。その連載でノンアルコールビール(略してノンアルビー)の飲み比べをしたときに思ったのだ。

「なんだか酔った気がするぞ」

と。アルコールは入っていないのに、味がビールっぽい(というか発泡酒っぽい)からか、飲んでいると酔ったような気がして楽しくなってくる。あれはなんだ、プラセボみたいなもんか。

今日は本当に酔ってないのか、飲み比べつつ確かめてみたいと思います。

松本 圭司



久しぶりのプレイ。PSP自体、モンハンP2Gに飽きてから使ってなかった。G級終わってないのに。

どうやって酔いを計るか

ノンアルビーを飲んで、それでどうやって酔いを計るか。ひとつの手段として、アルコールチェッカーを用意した。用意したって言うか、当サイト編集長の林さんに借りた。相変わらず色んな計測器を持っている。

それと、ノンアルビーを飲んで車を運転して事故を起こさないか、ってのをやってみる訳にもいかないので車のゲームをやってタイムの変化を見てみることにした。

PSPの名作、リッジレーサーズだ。ドリフトが気持ちいいレースゲームです。20年前はアーケードゲームで1ゲーム100円したのだが、今は手のひらサイズのゲーム機で遊べる。

今は、ってしれっと書いたけど5年前の作品だし、今ならPS3のグランツーリスモ5(GT5)辺りを持ってくるべきなのだろうけど高くて買えなかった。


僕にはピーキーすぎるデビルカー。

さて、PSPのリッジレーサーズだけど多分4年以上遊んでない。レースゲーム自体あまりやらないし上手くはない。それでも適当にやってあったセーブデータが残っていて、デビルカーというとても速い車を使えるようになっていた。

試しに走ってみたら、ちょっと僕にはピーキーすぎて無理です金田さん!ってな感じだったので分相応に普通の車を使うことにした。しかもAT車だ。走り慣れた初級コースでしばらく練習して、コンピュータ相手に1位を取れるようになったので実験開始。


今でも十分綺麗に見えるゲーム画面。PSPの本体と一緒に買ったっけな。5年前、有楽町のビックカメラに並んで。
ちょっと練習して、なにも飲んでない状態で1位を取れるようになりました。タイムは、3周で2分50秒。全盛期と比べるとあまり速くはない。

 

サントリー オールフリー

サントリーのオールフリーは白い缶が特徴。苦味と酸味のバランスが良く、後味にビールっぽい苦味が残る。ホップの香りも良く、見事に作り込まれた味は好感が持てる。お酒飲みたいけど飲めないときに、ビールの代用として使える味。

1本飲みきってアルコールチェック&リッジレーサーズをやってみた。


味では一番好きなオールフリー。一時期は売れすぎて販売中止になりましたね。

 

なぜか立ち飲み。

本当にアルコールはゼロのようです

クラッカーなどポリポリ食べながら1本飲みきった。美味しいけど、なんかすでにお腹が膨れてきた。

アルコールチェッカーで吐息を計ってみると、見事に0%。アルコールは検出されない。でもやっぱり脳がホワホワするような愉快な気分になってきた。

これは酔ってないのか、それとも酔っているのか、気のせいなのか。リッジレーサーズをやってみる。

ところで、「ピーキーすぎて無理です金田さん!」ってのはAKIRAって映画を見れば意味がわかると思う。わかんなくても大した問題じゃないけど。


なぜか疲れている顔。前日山に登ったせいか。しかも遭難しかけた
当然ですが、アルコールはゼロです。

 

さっきと10秒しか違わないが、レースゲームで10秒はかなり大きい。

コンピューターに負けた

あっさり負けた。さっきまで楽勝で1位を取れたのに、ノンアルビーを飲んだら順位は4位でタイムは3分。10秒も遅くなってしまった。

これはどういう事だ。いや、たまたまだろうと思うので次のノンアルビーを飲んだらまた挑戦しよう。

 

 

サッポロ スーパークリア

名前通りのクリアすぎる味で、ビールで言ったらバドワイザー的な水っぽさ。夏の暑い昼間、バーベキューなぞしながら飲むと良さそうな味だけど、寒い冬に室内で飲むにはちょっと違う感じ。苦味よりも酸味が強い。


非常にサッパリしております。チキンナゲットを食べたよ。

眉毛が宮崎駿みたいな太さですね。

全然勝てなくなった

スーパークリアを飲んでコンピュータに再挑戦。やっぱりどうにも勝てない。あまりに勝てないので2ゲーム連続でやったけど勝てないのだ。

順位は3位止まり、タイムはさっきより更に遅れて3分1秒。酔いとは違うのだろうが、どうも気分的に集中出来ないというか、失敗が多い。壁にガンガンぶつかってしまう。

実車なら死んでるレベルだが、そもそもゲームで出てる250km/hなんてスピードを公道で出したらしらふでも事故を起こして死んでると思う。ゲームって実際には死なないのが良い。

よし、次だ、次は頑張ろう。


やはり勝てない。
いくら飲んでもアルコールはゼロです。さすがノンアルビー。

 

アサヒ ダブルゼロ

ダブルゼロは何がダブルでゼロなのかというと、アルコールとカロリーの両方がゼロ。つまり水みたいな飲料だ。甘味料、苦味料、香料で作り込まれた人工的な味は完成度が高くて美味い。後味はベッコウ飴の様である。

 
つまみのポテトチップスは手作りですよ。味の素と塩掛けたのでちょう美味い。

だ、ダメだ。

ポテチとノンアルビーは美味いが、勝てなすぎ

揚げたてのポテチうめー、なんつってネット見ながらノンアルビーを飲む月曜の昼下がり。自由業の自由さを行使して月曜の昼からノンアルビー飲んでゲームで遊んでいるが、その自由はGT5が買えないほどの貧乏を引き替えにした自由だ。あまり自由ではない。それにこれ、仕事なんだぜ。

さて、初級コースを3周してのタイムはというと、3分。順位は2位。どうしても1位になれないしタイムも良くならない。次こそは気合いを入れて頑張りたい。

次こそは、次こそは思いつつ30代も半ばを向かえます。

 

キリン フリー

味がドラフトワンにそっくりで、苦味は弱くて強めの酸味。後味に焼き芋の風味があるノンアルビーの先駆け的存在。甘くないジンジャーエールっぽい味で、食事に合わせるノンアルビーとしてはこれが一番だと思う。ファミレスでよく見かけるが、マクドナルドにも置いてくれないかな。

さて、3回連続コンピュータに負けてしまった。これではノンアルビーでも車を運転したら危ないって言う話になってしまう。それではメーカー各社に申し訳ないのでここはひとつ頑張りたい。

行くぜ鉄雄!!鉄雄?


うまい棒はソース味が一番好きです。

ベストタイムが出てしまった。何度もやった訳じゃなく1回で出た。

逆転優勝

なんと、2分47秒というタイムで1位を取れてしまった。これまでの負けはなんだったのか。なにも飲んでないときよりもタイムが良い。

なんでかというと、ちょっと気合いを入れたのだ。3連敗だったので、次は勝つぞと気合いを入れて集中してプレイした。やっぱりアルコールが入ってないので、普通にしてればホワホワ気分でも、頭を集中モードに切り替えるとホワホワを吹き飛ばして見事1位を取れた。

気分として、ノンアルビーを飲むとなんだか良い気持ちになっている様な気はするが、スイッチひとつ切り替えれば平時に戻れる感覚。これがノンアルビー人気の秘密なのかも知れない。気分って大事だ。

よかった、ノンアルコールビールを悪者にしなくてすんだ。


部屋の中で暖を取る羽目になろうとは。

ところで、ちょう寒い

この冬によく冷えたノンアルビーを4本立て続けに飲んだせいか、寒くて仕方ない。室内でガタガタ震えるレベルで寒い。

ちょっと困ってしまったのでスープを飲んでハロゲンヒーターと8周年ロボの解体時にくすねたゴリラ腕の皮で暖を取った。これはやはり良い物だ。

これだけ冷えるのだ。来年の夏がどんなに暑くてもノンアルビーがあれば乗り切れるだろう。夏になったら積極的に飲んでいきたい。

さて、ノンアルビーを飲み比べつつリッジレーサーズで遊んできたが、これで終わっちゃ片手落ち。という事で、実際に飲酒してそれがレースゲームの結果に影響を与えるのか確かめてみた。

まだキリンの「休み日の0.00%」を飲んでないが寒くて無理なので許してください。

 

いいちこの牛乳割り

焼酎は牛乳割りが美味い。特に、芋焼酎の牛乳割りは最高に美味いのだけど、今回は麦焼酎であるいいちこを牛乳で割った。それでも美味い。流石下町のボナパルト。

温かいおでんをつまみながら2杯飲んだ。アルコールチェッカーはどうだ。


冬はやっぱおでんの季節ですよね。

やったー!俺、酔ってる!(撮影直後に書いてます)

あっさり反応した

牛乳割りを飲んで呼気を計ってみると、簡単に1.00と表示された(この装置、最大が1.0です)。確かに僕は酔っている(正確には、呼気にアルコールが含まれる)らしい。

なんだかこれまでゼロしか表示されていなかった液晶にゼロ以外が表示されたって時点で愉快だ。新鮮だ。

よし、ゲームの方もさぞかし下手になっているだろう。やってみた。


うへぇ、良いタイム出しちまった。記事の流れぶち壊し。

1位で、本日2番目に速いタイム

1位を取れてしまった。コンピューター、弱い。タイムはさっき出した2分47秒より1秒遅い2分48秒。酔っているはずだがゲームの腕はあまり変わっていない。今ならデビルカーでも悪魔のZでも藤原とうふ店のトレノでも操れる気がする(酔ったので気が大きくなってきた)。

確かに、リッジレーサーはゲームセンターでもプレイステーションでもPSPでも何度も何度も遊んだゲームで、初級コース(今回走ってるコース)は多分1000周はしてる。

それだけ練習して体にしみこんでいると、ちょっと酔ったくらいじゃあまり影響を受けないのかも知れない。ノンアルビー飲んでタイム落として、同じ口で何を言うかという感じではあるが。

では、更に飲み進めたらどうなるか。

 

ホッピー

いいちこをホッピーで割った。驚いたのだけど、家でホッピーを飲むとちっとも美味くない。アルコールが濃すぎたってのもあるだろうけど、これは飲み屋で飲むから美味しいんであって、家で飲んでもダメだ。

それと、最近めっきりアルコールに弱くなって、食べ過ぎもあるのだろうけど気持ち悪くなってきた。ここで体調を崩すと撮影後に原稿を書けなくなって締め切りを過ぎてしまうので、ほどほどでやめなければならない。

とりあえず中のお代わりはやめて、1杯だけ飲んでラストチャレンジ。


つまみはコロッケ。ところで、食べ物の写真にキーボードが写るとかなりダメな感じがして良いですよね。

 

3位で、タイムは3分1秒。ノンアルビーの記録と変わらないけど、しらふよりは遅いって事で。最後は酔ったせいかちゃんと負けたし、ノンアルコールビールではベストタイムを出せたので満足。

中途半端に負けました

さて、ラストチャレンジは4位。タイムは3分1秒。ノンアルビーのスーパークリアを飲んだときと同じタイムだ。確かに吐息にアルコールは含まれているし、自分でも酔っているのは判る。車を運転したら罰金を科せられても文句は言えないレベルだし、事故も起こしそうな気がする。それだけにミスが多かった。

もっと、しらふ、ノンアルコールビール、飲酒でタイムや順位に明確な差が出た方が良かったのだけど、慣れすぎたコースだったせいかあんまり有意な差は出なかった。

不慣れなGT5を買ってきてやった方が判りやすい結果が出たかな、なんて思ったけど、もし買ってたらゲームにはまりすぎて原稿を落としてたかもしれない。これはこれで良い結末としておきたい。

ところで、さっき書いた「悪魔のZ」は湾岸ミッドナイトって漫画に出てくる車で、「藤原とうふ店」ってのはイニシャルDって漫画の主人公の実家です。

ノンアルビーでもやっぱり気分はよくなる

ノンアルコールビールは飲んでも確かに呼気からアルコールは検出されないし、酔ってもいない。でも気分としては酔ったような楽しい気分になれる。不思議だけど本当にそう感じる。

それでいて、集中しようと思えばすぐに切り替えてクリアな頭でゲームに向かえた。このインスタント感はなかなか楽しい。

〆はお茶漬け。これも増刊大衆で食べ比べたのですが、まだ余りが大量にあるんですよ。味では永谷園が圧勝。利便性で丸美屋の大袋茶漬けがよい。

一方、酒はやっぱりアルコールが入っているので酔うし、意志の力で頭を切り換えることは出来なくなる。気分の問題じゃなくて、生理の問題だ。飲み過ぎればやっぱり酔うし気持ち悪くなるし判断力も鈍る。

それぞれに良い点と悪い点があるわけで、どっちが良いとは言えないけど飲酒運転は絶対にしないようにしましょう(まさかの啓蒙オチ)。


 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.