デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


フェティッシュの火曜日
 
「赤ちゃんを爆笑させる方法」を大人でためす


『赤ちゃんを爆笑させる方法』(amazonはこちら

デイリーポータルZのustream『おまかせ書店』で本屋を走りまわっていたとき『赤ちゃんを爆笑させる方法』という本が目についた。

「これ大人にやってみてもおもしろいんじゃない?」

試しに足の間から覗き見るというのをやってみるとやられた人は笑っていた。お、大成功。

この赤ちゃんを爆笑させる方法の中から大人も爆笑させる方法が見つかれば、それはもう全人類を爆笑させる方法なんじゃないか?

全人類を爆笑させる方法をさがしてみよう。

※ustreamおまかせ書店の回→こちら

大北 栄人



パパ二人

実験で笑わせ合う相手は、実際に赤ちゃんを笑わせてきた人がいいかなと思い、当サイトのライター西村さんにお願いした。

僕は今10ヶ月の娘がいるし、西村さん家には4〜5歳の男の子がいる。

実は同じサイトで書いているけど顔を会わせたのは今日で三度目、ちゃんと喋ったことはほとんどない。


「よろしくおねがいします。」左が大北、右が西村。ライター仲間と言いながらも、まだ馴染みがありません。

爆笑させる方法「足の間から覗き見る」

書店で本を手にとってすぐにやったことがこれ。家でもたしかに赤ん坊は笑うのだ。


「西村さん、いきますよ」「はい、大丈夫です」
パカ。「バア。」

「大北さん、これけっこう笑っちゃいますね」

おっさんでも脳から汁が

足の間から赤ちゃんの顔をのぞく。今回は西村さんの顔を覗いたわけだが、あははと笑ってくれた。

意外とうれしい。赤ちゃんを笑わせるのって、脳みそから変な汁出るくらいうれしいものだが、あまり面識のないおっちゃんを笑わせるてもそこそこ汁が出るようだ。

今度は代わってもらって、足の間から出てくる西村さんの陽気な顔を味わった。


攻守交替。この足の間から…

パカッ。「西村さん、これはおもしろいですね。」

ベビーギャグおもしろいじゃないか!

あはは。なんだか理由もなく笑ってしまった。なんだなんだ、赤ちゃん。こういうことで笑ってたのか!

何だか懐かしいこのアッパーな感覚。学生時代が終わるとめっきり少なくなってしまったあれだ。

ベビーフードけっこううまいじゃん!みたいな気がめらめらわいてきた。これ一体どういうことなんですか!?


「大人がやるんですね」爆笑本著者の岡部さん
実験した足でそのまま話を聞きに行った二人

書いた人に話を聞こう

『赤ちゃんを爆笑させる方法』を書いた岡部さんに話を聞くことができた。

――おもしろかったです。お父さん向きの本ですよね。

基本的にはお父さん向きですね。
お父さんやることないから、笑わせる係になろうよ、っていう提案です。

――あー、お父さんはついつい爆笑を求めてしまいますよね

そうそう、やることないから。楽しいっすよね。笑わせるとね。


爆笑させる方法「電灯のひもにごっつんこ」

赤ちゃんを抱っこして電灯のひもにごっつんこさせる。当てるときに「ゴツーン」など声を出す。


笑うとか笑わない以前に、赤ちゃん役の西村さんがでかかった。マグロを抱っこしてる気分だった。

いちおしはタオルケットブランコ

今回の目的である「全人類対象のギャグ探し」のまずは赤ちゃん側にウケるギャグを聞こう。

――赤ちゃんが一番爆笑するのってどのギャグですか?

赤ちゃんが一番喜ぶのあれじゃないですか。タオルケットの真ん中に赤ちゃん入れて、大人二人で引っ張ってブランコ。大笑い。

――うち今でもやってます(西村)

遊園地とか行っても乗るものないでしょ?ニ歳くらいだとね。だからこういうもので家でやってやる。

――でも今回は大掛かりになりそうでタオルケットは断念しちゃったんですよね。

じゃああれはどうですか?レモンのやつ


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.