デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


チャレンジの日曜日
 
「UDON」と呼ばれるタイの街


コーンケンとウドンを往復する長距離バス

タイにUDONという名で知られる街がある。正確には「ウドーンターニー(Udon Thani)」という名なんだけど、短く「UDON」と呼ばれている。

今、タイは暑すぎず旅行に最高の季節。タイに行ったときに「UDON行き」を示すバスがあったので、UDONはどんなとこかと興味津々。

映画「UDON2」、ウドーンターニーを舞台に作って欲しい、と行く前から念じつつ、うどんの消費で有名な香川県との脳内対決にわくわくしつつ、そのバスで揺られ行ってきた。

ライスマウンテン



ウドーンターニーはUDONだらけだった。

知らない街に着いたらまずやらなければならないのは地図のチェック。あいにく地図を持ち合わせてなく、しかもバスターミナルに地図はなかったので、街の大きな地図を見るべく、鉄道駅に向かった。


ウドンターニー駅

UDORNTHANI駅。UDONの中にRがある。
しかし略すとUDON。多分UDONに侵略されたのだ。

駅構内にも”R”つきで「UDORN THANI」とある。
バンコクへ続く列車は香川県でいうところのJR四国の列車のようなものだろう。


タイの首都バンコクへと通じる路線は各駅停車もあれば、特急の夜行列車もある。香川でいうところのサンライズ瀬戸だ。ウドンターニー駅は3番線まであったけどその先は単線だった。単線という意味でも香川の高徳線に通じるモノがある。香川にはじっくり行ったことはないけれど、Wikipediaが教えてくれた。ありがとう、Wikipedia。

さてそんなウドーンターニーの駅前には、日本と同じように案内地図があった。なかなかのUDONっぷりだった。


うどん地図

うどんを極める「うどん技術学校」

市民が茹でたうどんを競う「ルーンうどんナイトマーケット」

失敗作は「うどん警察」に一時確保され、「うどんプリズン」に移送される

「うどんビザ、ドットコム!」「うどんカーレント、ドットコム!」
ドットコムドメインを取得済みなのだ、
うどん王国香川よりも一歩も二歩も進んでいると言わざるを得ない。

…だといいなぁ、と勝手に想像する。そんなわけがないのだが。

 

うどんを捜す

とにかく地理的なものがわかったので、とりあえず散歩すると、いろいろと「うどん」な場所を発見した。しかも全部R抜きだ。うどん好きの念ではないかと疑いはじめた。


うどんカーパーク!止めたらとりあえずうどん!

うどんIT!
広告のお姉さん(?)が「うどんを科学する」と言っているような気がしてきた!

タクシーうどんグループ!乗ったら運ちゃんにとりあえずうどんご馳走になりそう。

ブラックうどん!なんだかわからないが怖い!
これこそうどん刑務所に送って、うどんプリズン行きにすべき!なんとなく!

 

実は世界遺産の街

…なのだ。こういう名前なのになかなかやる。世界遺産のインパクトは強いだろうから、「うどん」といえば、香川でなくウドンターニーを選ぶ人のほうが世界的には多いのではと思われる。

世界遺産はウドンターニーの街の中心からバスで1時間ほど言ったところにある「バーン・チエン村」というところにある博物館内にある。だから博物館を見れば世界遺産を見たことになるけれど、屋久島とか京都・奈良を期待していると、ちょっと期待はずれになる場所ではある。

ともかく世界遺産があると強気になるのか、ウドンターニーはUDONと略すにとどまらず、さらにUDと略す始末。うどんをUDと略すとはカッコイイ。屋久島は「YK島」、白神山地は「SK山地」と自称すべきときが来ているのかもしれない。


この博物館の展示こそ世界遺産。中身は見てのお楽しみ。

UD TOWN。略すところまで来ているなら、
かなりUDONの知名度が高いことは確実!

 

ユルさもある

アジアに行くと期待するのがユルさという人も少なくないはず。ちょっと町歩きをしてみれば、ユルい公園もある。


なにかと、いろいろと、ユルい。

さりげなく、ちょっと、マズい。

スパイダーマンin春日部

緑の恐竜の尻から内蔵を逆流してのどから出る滑り台もアレだが、
奥の黄色い恐竜も味がある。

反対から見ると味に拍車がかかる。

 

でもうどんがない。

ウドーンターニーにうどんがあるのか気になる。調べてみたら、日本好きなタイの街だけれど、ラーメンやたこ焼きを提供する屋台こそあれ、ラーメン屋台でうどんは提供していなかった。また日本料理屋「SUMO」を見つけるも休業日らしく無念。

しかたないので、UDONのうどんではなく、タイで食べた麺類を代わりに紹介で茶を濁す。


ラーメンばかりが目立つ。Udonにうどんは叶わぬ夢か。

たこ焼きじゃない、うどんが欲しいのに!

UdonにはOishi店がいくつもあった。でもうどんはない。

Oishiでは「しゃぶしゃぶの寿司」を提供。
どうやら回転寿司のセットを寿司と勘違いしてそうだ。

あぁ、期待の星も道路工事の関係か、休業中。

かた焼きそば風。B級グルメ。値段も30バーツ、日本円で80円。

スープ系麺のほうもよく見る。こちらは20バーツ、日本円で55円くらい。

香川の谷さん、「うどん谷」を作るなら今だ。

というわけで、ウドーンターニーは世界遺産を抱える観光地で、UDONと略されるばかりか「UD」と略されているけれど、肝心の日本のうどんがない。

ここはぜひ香川県がウドーンターニーと姉妹都市提携し、香川県の谷さんがウドーンターニーに「うどん谷」を作り、さらには映画「UDON2」の舞台をここにして、遠く離れた2地域が手を取り合って発展していって欲しいと思った。

うどんタイハウス。略してUTH。
うどん屋じゃないんだろうなあと思いつつもやはり撮って期待する。

 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.