デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


土曜ワイド工場
 
交通公園で見つけた子供と大人の違い16+


同じ2月生まれ。もうすぐ9歳になるふーちゃんと、つい先日32歳になった私

子供向けの施設というものがある。
葛飾区にある「新宿(にいじゅく)交通公園」もそうだ。
ここには子供の時に一度だけ行き、日が暮れるまで楽しく遊んだ記憶がある。

でも・・・何があってどれがどう楽しかったんだっけ?

大人になった今改めて行ってみたら、意外と冷めた感想を持ってしまうかもしれない。それとも今でもキャッキャ無邪気に楽しめる?(それはそれで怖い)

という訳で今回は、友人の子供をこの交通公園に誘い、子供と大人の感じ方や行動なんかの違いを調査してきました。

小堺 丸子



入場無料で交通ルールが楽しく学べるこの「交通公園」、最近まで新宿(にいじゅく)がレアだと勝手に思っていたけど検索するとけっこう色々な所にあるんですね。


道路全体がミニサイズの交通公園

今回協力してくれたのは、高校時代からの友人の娘:二葉ちゃん(以降、ふーちゃん)。これまでに何度か遊んだ事がある。

今日はそのふーちゃんに子供代表となってもらい、僭越ながら大人代表となる私とこの交通公園を遊び倒す。そしてその中に垣間見える大人と子供の違いを探って参ります。

 

子供はカラフル、大人は地味

さっそく交通公園に関係ないけど、ふーちゃんのカラフルコーディネイトの服を見て、自分の服がまあなんと色味の無いことよと思った。私も昔は赤やら黄色やら着てたような。


私は影か
大人は基本的に服が地味だ。(私は特に)

さて、改めて園内を見渡すと、やはり昔の印象よりもだいぶ狭く感じた。とは言えそこそこの広さの敷地に小さめの道路や線路が配置され、色んな乗り物があって楽しそうな雰囲気。初めて来たかのように、ふーちゃんと共にテンションが上がった。


大人の余裕を見せる

しかし私は大人だ。
子供向け施設に来てあれがこれがと夢中になるものでもない。「どれやるかふーちゃん選んでいいよ」と余裕の対応を見せた。
ふーちゃん「じゃあ自転車」


乗り物を借りるには申し込みが必要です
名前と住所を書いて箱に入れればOK

 

子供は自転車に乗りたい

そうか、子供は自転車に乗りたいのか。私は高校位まで頻繁に乗ってたけど、今ではスーパーまで乗るくらい。しかも楽しいなんてちいとも思ってない。でもきっと、かつては乗る事自体が楽しいと感じる事もあったんだよなあ。


では行きましょう(写真では無視されてますけど嫌われてはないです)

置かれている自転車にはサイズがいくつかあったのでその中から大きめのものを選び、それに跨いで案内通りに走り出した。大人なので勿論ふーちゃんに先を譲り、私も続いてこぎだした。

でもなかなか来ない大人

 

大人だから怒られた

「コラコラ!乗れるのは小学生以下だよ!」私がこぎ出すのを待ち構えていたかのようなタイミングで、係員のおじさんに怒られてしまったのだ。もっと早く言ってよ!


怒られて降りてるところ

 

先を見ると、ふーちゃんが自転車を停めて私を待っていてくれた。大人が怒られている所(しかもニヤニヤ誤魔化してる所)を見てどう思っただろうか・・・初っ端恥をかいた。そして申し込みの箱に大人の字が混じっているのも今となっては恥ずかしい。


渋々自転車を戻す大人

仕方が無いので文明の利器を使う事無く、両足を交互に早めに動かして(つまり走って)ふーちゃんを追った。


まってえー
あれに乗りたい

 

大人だって自転車に乗りたい

自転車なんて家にあるからいつだって乗れる。そんな事は分かっている。しかしこれからこの公園を楽しもうという時に「大人は駄目」と怒られると「ずるい!」という子供みたいな気持ちが芽生えた。

乗る事が許されるふーちゃんが羨ましく、かつてようやく自転車に乗れるようになった時以来久々に「自転車に乗りたい」という欲望を感じた。

実際疲れるし。

ここまでに発見した違い


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.