デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ひらめきの月曜日
 
高級店ショーウィンドウの場面設定が謎

ひとりだけ金ピカの奴がいる

なにかと通り道だったりして、銀座をよく歩くのだ。

高級ブランドの路面店が建ち並ぶ中、ファッションに疎い僕は店にはいることはほとんどないのだけど、そうなるともっぱら目に入ってくるのが、店の外から見えるショーウィンドウである。

いつも趣向を凝らしてあってすごい。ただ服が飾ってあるだけじゃなくて、小さなスペースの中で世界観が完成してるのだ。

今回は、銀座の路面店を中心に、都内の路面店、デパート、セレクトショップなども回って、ディスプレイの数々を集めてみた。

(text by 石川 大樹


 

シチュエーションが変

といっても、ファッションやディスプレイデザインの観点から鑑賞していこう、という主旨ではない。

さきほど「世界観が完成してるのだ」と書いたが、完成しているがゆえに、この世界からちょっと遠くに行ってしまうことがある。そういう現実離れしてしまった違和感を楽しんでいこうというのが今日の主旨だ。

まずはシチュエーションに注目。冷静に一歩引いてみてみると、なんだか状況が変なのだ。


右上の白い服の女性に注目。なぜ鉄筋に座っているのか、という点はまあこの際おいておこう。しかし

地面を見ると鉄筋のボルト抜けまくってる


危ない、今すぐ降りろ!

横の奴、3人でキメてる場合か

 

 

砂漠(サボテンからの推測)でヒールは歩きにくいかと思いますがまあそれはいいとして

すっごいアリがたかってるけど大丈夫ですか。しかもでかい

よく見ると、これぞ人畜無害といった感じの顔で安心しました

 

 

 

バカンス先での記念撮影ですが


カメラがどう見ても背後にあるけどいいのか

ショーウィンドウの反射を利用して撮影する作戦かもしれない

 

 

 

左右にいるのは、苦悩の表情をした郵便屋さんっぽい人。パワーポイントのクリップアート見てると、こういう使いどころのわからないイラストがたまにでてくる

似てる

人をアップにしてみるとまた違った趣が。俺、頭にカバン載せて何やってるんだろう…

 

 

衣類一式が木に引っかけてあって、いったい何があったのかと勘ぐってしまうシチュエーション

 

 

生物がでかいシリーズ2

綿毛がでかい。風に乗って2キロ先から飛んできて根本の硬い部分が頭に刺さる

 

 

中には水没してしまう人も。

ファッション関係じゃないのでちょっと主旨から逸れますが、渋谷のドコモショップ。たぶん防水ケータイのアピールだと思います

いろいろ見て回ってわかったのだけど、面白いのは圧倒的に高級ブランドが多い。金かけてるからだ。

服をきれいに見せるためにやってるのはどこも同じなんだけど、それにくわえて、そういうところは「ディスプレー自体が作品」っていう気概がビシビシ伝わってくる。腰が入ってるのだ。

そういう前提で独自の世界観打ち出してやってるところが、見ていても面白いし、変だ。


セレクトショップとかだとこういうのが普通

つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.