デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ちしきの金曜日
 
離島探訪〜旧五輪教会堂を訪ねて

フェリー乗り場の前は山

離島では本土の常識が通用しないことなんて日常茶飯事だ。私も長崎に住んでからというもの、あちこちの島を訪れているからある程度は予測していたものの…

島に着くといきなり、フェリー乗り場の前が山だった。


フェリー乗り場から見た光景
こんな看板が立っているだけなのだ。

これは(船が着いた直後で)周囲に人がいるうちにアクションを起こさないと途方に暮れるぞ…と焦った私は、すかさず「タクシー」と書いてあるマイクロバスに向かって手挙げて止め、乗せてもらった。

が、こんなマイクロバスのタクシーには今まで乗ったことない。慌てて止めてしまったけど、これはそもそもタクシーなのだろうか?と思いつつも、「旧五輪教会堂に行きたいんですが」と告げると、「これから向かう先と方角が同じだから乗ればいい」と言われた。(実際は長崎弁で)


車窓からの眺め

いろいろわからないまま車は走る

また旧五輪教会堂には、この車では通れないから途中で普通車に乗り換える、と言われた。

?…旧五輪教会堂って一体どんなところにあるんだろう?
(実はさほど調べないでやって来た)

乗客は私以外に、工具を持った作業員っぽい人が2人乗っていた。
「これって、乗り合いタクシーになるんですかね…?」
と聞いてみると、
「うん…ああ…」
と曖昧な返事しかない。どうやら違うっぽい。
ひょっとしてこれは普通のタクシーで、客を乗せて走っているところを私が勝手に止めてしまったんだろうか?

いろいろわからないまま、車は走る。


あれは養殖か何かですか?と尋ねると、車海老の養殖とのこと。
(東京に出荷される高級車海老って、実はこういうところで作っていたりする)

マイクロバスはやがて、タクシーの営業所の前で止まり、その先は普通車の(いわゆる)タクシーに乗り換えた。



その先は、普通車じゃないと通れないと言ってたとおりのすごい山道となった。


道が細いです。

やがて本格的な山道となる。もはや舗装すらされてない。

まさか、これほどまでとは…

途中、崩れた岩が道幅を狭めていたり、カーブミラーが折れて道端に転がったりしてる横を通り抜け、そしてついに行き止まりとなった。


これ以上はもう車ではムリ、と。

もはや気分は探検家

なのでタクシーにはここで待っていてもらい、
この先は1人で歩いて教会に向かった。


意外にも行き止まりには車が2台停まっていた。私と同じように教会を見に来た人かと思ったら
「いえ、人住んでますから」  ええっ!こんな秘境に人が住んでるだって??

車も入れない道を歩いて行く

ああ、このカーブは車ムリだわ。

この先に教会があるってどんなだ…と思いながら

山道を降りていくと

海に出た

旧五輪教会堂だ!

海沿いの集落

それは海沿いに建っていた。
周囲には家も何軒かあり、今まで通ってきた秘境みたいな道は一体何だったんだ?という開けた雰囲気。

要するにそこは、船があれば簡単に来られるが、車だと道が繋がってないから難しい、という場所だったのだ。


< もどる ▽この記事のトップへ つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.