デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ



コラボ企画
 
「四人工藤」が絶妙な呼吸でついてくる

ついていきます どこまでも

先月、スバルの「4人工藤」で北海道の大地を駆け抜けた記事を書いた。今日はその2回目である。

スバル車で注目を浴びている最新機能、それが運転支援システム「EyeSight(ver.2)」だ。歩行者や他の車を認識して自動で停止してくれたり、渋滞のときには前の車との間隔を自動で保ってくれたりと、夢のようなシステムである。

その「EyeSight(ver.2)」を、舞台を東京に移して詳しく検証したいと思う。 もちろん、AWD=「4人工藤」で。しかし今回はメンツが違うのだ。

乙幡 啓子


駆動部同士の名刺交換から始まった

冒頭「東京で検証」とは書いたが、丸の内などのオフィス街や新橋の繁華街など、4人工藤で走れるかといえばそれは大変難しいと思う。見ているほうがハラハラします。そこでやむなく、都心からは少し離れているが、人出の多い大型公園でロケを敢行することとなった。

前日までのぐずついた天気が嘘のように晴れ渡った休日。ロケ地にポツポツと工藤さんたちが集まってきた。東京編の今回は工藤さんのご両親ではなく、東京で集めた工藤さんたちだ。お互い初対面である。 デイリーポータルZの工藤考浩氏の他は、社内社外のネットワークを使って集まった方々。しかも全員、IT業界だ。今日の段取りだって、ほぼFacebook上でやり取りして決定した。「EyeSight(ver.2)」の頭脳を担うにはピッタリではないか。

ということはさておき、すぐさま名刺交換である。ダンボール担ぐまではそれぞれが1人の社会人である。


この後にダンボールの車に皆乗るんだなあと思うと感慨深い。
人出の多さが、たぶん各工藤氏の心にいくばくかの影を落としているはず。

さて、前回の室蘭から配送した車体を分担して持ち、公園を突っ切り広場のほうに向かう。

それにしてもいい天気だ。雲ひとつなく、風もなく、汗ばむほどの陽気。初対面の方々と4人工藤になるという日に、どんよりした空でなくて何よりだ。心からそう思う。


青い空に観覧車。しかし仕事をしに来たのである。
そして目の前に、彼岸のような菜の花畑。この中を走りたい(なぜか立ち入り禁止になっていたが)

できてゆく覚悟

メンバー紹介は次ページでということにして、まずはレガシィの組み立てだ。2回目ということもあり、さすが流れるように作業は進む。

黄色いじゅうたんのごとく菜の花が広がる原っぱに、レガシィの青が映える。映えるもんだから、そばを行く行楽の人々の目を捉えて離さない。

しかし室蘭のときとちょっと違い、何か話しかけてくるということもなく、チラ見か チラ×2見くらいして通り過ぎていく。ほっといてくれるのだ。それはそれで「何か声かけてくれぇー」と思わないでもない。


準備場所に食い込む菜の花撮影の女性(右から2人目)、を尻目に組み立て。
遠巻きにこちらを気にする客ら(左端)、を尻目になおも組み立て。

パパッと完成。激しい一日が始まる前の、しばしの静寂。

難なく完成。この原っぱに突如として出現した場違いなダンボール工作に、一同の雰囲気もなごやかに。いや、あまりのことに笑うしかないのかもしれない。しばし談笑。

だがそこはやはり大人である。随行していた、ニフティの広告担当が問いを発する。「やっぱり、これも上座とか下座って、ありますよね?」


安藤「そ、そうっすよね」
そういう事情を知らない子供が無邪気に見入る。

「工藤さんは前職が運転手なので、そのまま運転手ということで」ハンドル授与。
「ではこちらに工藤さん、そこに工藤さん…」と的確に指示。え、どっちの工藤?

4人工藤、行きまーす。

全員が乗り込んだ、いや装備された(駆動部だから)。ここからはもう一気に走り抜けるだけである。工藤さん達の顔に緊張が走る。

つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.