デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ちしきの金曜日
 
ヘソをいじっていたらウドンが出てきた

10日くらい前、月が普段よりもずっと大きく見える夜があった。その日のことだ、僕のヘソからなんの前触れも無くウドンが出てきたのは。

斎藤 充博



退屈な時に身体のどこかを触ってしまう、ということはないだろうか。僕の場合はヘソだ。この穴の奥は薄皮一枚で内臓につながっている。自分の身体の末端である指が、自分の身体の中心部分に到達してゆくなんて、ゾクゾクするじゃないか。

僕はそういう危うさを感じながら、いつもヘソを触る。


 

今日もそんな風に、いつも通りヘソを触っていた。触りはじめて5分も経たないうちだっただろうか。不意に指先に重さを感じた。

指を滑らせて、ヘソの穴を突き抜けてしまったのか。そこでなにがしかの臓器に引っかかってしまったのか。

慌てて指を引っ込める。すると、てのひらに白くて細長い何かがまとわりついてきた。


粉を吹いている

困ったのはここからだ。ヘソからどんどんとこの白くて細長いものが出てくる。


ヒッ また出てきている…と思ったら

出てくるスピードが加速してきてパニックに

ついザルに集めてしまった
こんなに…

かすかにしおっからい…

このヘソから出てきた物、見た目の白さといい、適度な弾力と良い、まるでウドンそっくり。ついザルに入れてしまう訳である。

少量食べてみると、やはり小麦粉に近い味がする。


試しに、ゆでて熱いダシをかけた

見た目はウドンそのものなのだが

うまい

温かい夜食が一品できました

食べてみると、味もウドンそのもの。急なことで具が何も用意できなかったが、ダシと七味だけでも充分イケた。

これが僕のヘソからウドンが出てきた話の全てである。

もっと出てこないかな

この記事はエイプリルフール企画のために作ったうその記事です


 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.