デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ちしきの金曜日
 
段ボールで自宅ランド
いざ、夢のランドへ

先日とあるフリーペーパーの 取材で、横浜のショッピングセンター内にある子ども向け室内遊園地を訪れた。

ボールプールや滑り台、迷路などが揃う、まあよくある子ども向け施設なのだが、規模が大きく設備も充実していて、大人の僕でさえ、子どもに混じって遊びたいと思ったほどだ。

その願望を叶えるため、自宅にオリジナルランドを作ることにした。

榎並 紀行



大人だって子ども遊園地で遊びたい

その屋内遊園地とは、横浜のショッピングセンター港北みなも内にある「Kid's US.LAND」。巨大ジャングルジムやメリーゴーランド、トランポリンといった子どもなら興奮間違いなしの遊具に加え、親御さんのためのインターネット、マッサージチェアなども完備した至れり尽くせりの施設だ。

僕が子どもの頃、商業施設内のお楽しみといえば近所のデパート屋上にあるこぢんまりした遊園地だった。確か、うす汚れたパンダの乗り物が置いてあった。いま思えばだいぶへぼい。

それから20数年の時を経て、今の子どもはこんなにエキサイティングな場所で遊んでいるのかと驚いた。もっさりとした動きのパンダですら狂喜乱舞していた子ども時代の僕が不憫に思えるほどの魅力的なスポットだったのである。

そんな「Kid's US.LAND」に匹敵するランドを自宅に作ってしまおうというのが今回の試みだ。


そんな「おれランド」の材料は100円ショップで調達
おっさんには似つかわしくないファンシーなお買いもの

ついでにお菓子も購入
メインアトラクションの建材は段ボール

ランドのメインアトラクションは洞窟迷路に決めた。建材は100円ショップでもらった段ボールを使用する。


大量の段ボールを小脇に抱えて帰宅。大家が見たら夜逃げを疑うかもしれない

玄関とリビングの間にある約6畳の敷地を使用

 

リビング→冒険→玄関。玄関→冒険→リビング

玄関とリビングの間に使っていない部屋があるため、そこに我がランドを建設することにした。玄関とリビングを行ったり来たりするだけの単調な動きがアトラクションになるのだ。トイレも玄関側にあるので、おしっこに向かう時などはよりスリリングな冒険が味わえる。


自分が通れる段ボールのサイズを確認
とりあえず並べてみる

洞窟迷路のルートを練る

段ボールを並べるとアミューズメント施設というより、こういう家に住んでいる方々の集落みたいになった。このサイトでは数々のゴミっぽいものを作ってきた僕だが、その最たるものが今回生まれそうな予感である。


結合部はガムテープで補強

段ボールの側面をカットし
洞窟迷路のルートを開通

作業スペースが狭く難儀した
開通

内部もガムテープで補強
段ボールの山をかきわけて作業

完成

こうして、洞窟迷路を核とする僕専用のオリジナルランドが完成した。総工費1500円。

茶色で統一された無骨な外観の、手作り感あふれるアットホームなランドである。家の中だけに。

 

さっそく遊んでみよう

では本邦初公開、我がランドの中を探検してみよう。


夢の世界へ誘う入口
その扉を開けると

内部は洞窟迷路になっている
分かれ道。とりあえず正面に進む

行き止まりかと思いきや
押すと壁が動いて

道が開く
生活感あふれる収納ボックスを横目に

左に進むと
また扉。開くと

お菓子コーナー。見つけた人が食べていいルール
最初の分岐に戻って

三角のトンネルを発見
しかしその先は行き止まりというトラップ

ふたたび正面へ
明るいスペースに出た

このアトラクション、ほふく前進がけっこうきつい。自衛隊以外の大人はあまりやらない動きだと思う。玄関やトイレに行くたびに有酸素運動を経ることになるのでエクササイズ効果もありそうだ。

そんな疲れてきた頃に登場するのが


この段ボール

中はボールプール
当ランド唯一のファンシーゾーンです

ボールプールを堪能したら、いよいよ最後のトンネルだ。ここを抜けるとゴールに到達する。


右の穴を抜けるとゴールの玄関
ここで外出用の服を選ぶこともできる

そして感動の
ゴール

所要時間3分。ゴミの中をはいずりまわるという屈辱を味わいつつ、不覚にもワクワクしてしまうのが当ランド最大のウリである。

その感覚をみなさまにも味わっていただこうと、迷路内をはいずりまわる動画も用意したのでご覧ください。


リビングに戻るのも冒険

リビングから玄関までのわずか3秒の距離が約3分のアトラクションになった。一般的には生活の動線をスムーズにするのが間取りの考え方だが、そこにあえて冒険を持ち込むのも一興である。

ちなみに冒頭「Kid's US.LANDに匹敵する」なんて書いたが、本物はこんなゴミっぽい施設ではなくて、最高のアミューズメント空間なのでご安心ください(ただ、おれはこっちのランドのほうが好きだけどな)。


 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.