デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


土曜ワイド工場
 
カッパのミイラがある歴史ある酒蔵
ミイラですが生カッパですよ

伝説の生き物「カッパ」。
頭の上にお皿があり、亀の甲羅のようなものを背負っているアレだ。誰もが知っていると思うけれど誰も実物を見たことがない、それがカッパだ。伝説上の生き物だから仕方が無い。

しかし、カッパのミイラは実在する。
1716年に創業した歴史ある酒蔵に守り神としてまつられているのだ。しかも、誰でも見ることができる。それを知ってぜひ見たい! と思った。

さらにその酒蔵はカッパのミイラだけでなく、作るお酒も一級品らしい。カッパが見れてお酒も美味い。もうウキウキしながらその酒蔵に向かった。

地主 恵亮



初カッパに興奮

カッパのミイラがある酒蔵は佐賀県は伊万里市にある「松浦一酒造」。1716年に創業した歴史ある酒蔵だ。向かう途中で見かけた看板には「秘宝カッパのミイラ」と書かれていた。秘めた宝なのに一般公開してくれている優しさを嬉しく感じた。


車から見えた看板

あちこちにカッパの文字

この日は13時から取材を申し込んでいたのだけれど、どうにも楽しみで10時には現地についてしまう大遅刻の逆みたいなことが起きていた。だってカッパなのだ。生カッパは人生で初。さらにこの酒蔵で作られる酒は美味しいと聞く。僕は日本酒が好きなのだ。


ということで「松浦一酒造」に到着

カッパのミイラ、でもその前に

酒蔵には展示スペースがあり、そこには酒作りの道具や昔の農機具、カッパコレクションなどがズラリと並んでいた。歴史資料館とかが大好きな僕にはたまらない展示内容。「ワラスボかき」などはこの地方ならではでレアだ。


昔の農機具がいっぱい(カッパのミイラを展示するにあたって集めてまわったそうだ)

レアなので嬉しい(ワラスボについてはこちら

酒作りの道具

カッパコレクションも素晴らしい。
カッパはキャラクター性があるので見ていて楽しい。サンリオのキャラクターにいる気がしてくる。キティ、マイメロの並びにカッパ。


カッパ

カッパ、カッパ

カッパ、カッパ、カッパ

カッパはかわいい。
コレクションを見て改めてそう思った。上の写真でも分かるように子供にも人気だ。そしてお目当てのカッパのミイラは、そんな展示物の先にまつられていた。かわいいカッパの余韻を残した状態でいよいよご対面だ。


展示物が並ぶその先に、

カッパのミイラ

カッパのミイラとご対面

展示スペースの先にカッパのミイラがいた。
おぉこれが生のカッパなのか、と初生カッパに興奮した。ミイラだから緑色じゃないけれど、確かにどの動物にも似ていない。不気味な雰囲気もあるけれど、「え、呼んだ?」みたいな表情がかわいくも感じられる。


コチラを見ている気がする

このカッパのミイラは昭和28年に母屋の瓦の葺き替え中に見つかった。屋根裏の梁に黒い箱に入ってくくり付けてあったそうだ。一見何か分かりにくいが、その箱に「河伯」と書かれていたために「カッパ」と分かった。しかし、見つかった直後は瓦の葺き替えが忙しく「あ、そう」くらいだったらしい。


今では大人気

ミイラが見つかる以前から「何かある」という言い伝えがあったそうだ。ものすごいロマンだ。コナンや金田一ならお宝と踏んだ誰かがそれを独り占めしようと殺人事件を起こすはず。まさかカッパのミイラとは思わないだろう。


この箱に入っていたそうだ(矢印の先をよく見ると「河伯」と書かれている)

カッパの伝説はない

カッパは水の守り神らしいので水が重要な酒蔵には最適だ。さらにこのカッパには子宝の力もあるそうだ。手を合わせた人々が相次いで子供を授かった(二代続けて双子とかも)。さらに、こちらの酒蔵自体も子宝に恵まれず養子が多かったそうだけれど、それも改善された。カッパやるな。


「え、オレにそんな力あんの」みたいな表情

このカッパの手の指の本数は5本、足の指は3本らしい。
身長はピンと伸ばせば90センチくらい。しかし、大人なのか子供なのか、オスなのかメスなのかは分からない。誰も本当のカッパのことを知らないので仕方が無い。これは大人のオスですよ、という人がいたらその人はカッパだ、きっと。


絵にするとすっごくかわいい

ちなみにこの酒蔵がある場所周辺にカッパ伝説があるのかというと、そんな伝説は無いらしい。また誰がいつどこからこのカッパを持って来たのかも分かっていない。分からないことだらけなのだ。


カッパグッズは子供にも大人気

さらに酒蔵の社長は「実際これが何なのか分からない」と言う。カッパのミイラと言っているけれど実際は何なのか分かっていないのだ。調べさせて欲しい、と言われることもあるそうだけど、断っているそうだ。確かに分からない方がロマンがある。


カッパがまつってあるところだけ空気が違う感じがした

酒も美味い

カッパのミイラが展示されるようになったのは平成に入ってから。伊万里に人を呼ぶためだそうだ。それまでは12月1日だけしか見ることができなかった。そして展示を始めてからはカッパのミイラがある酒蔵として話題を呼んだ。おかげで休みがなくなったそうだ。


酒も美味い

しかし「松浦一酒造」はカッパだけでない。
2011年春季全国酒類コンクールで見事グランプリを受賞している。そのお酒を試飲できるということでさせていただいたのだけれど、これが美味いのだ。めちゃくちゃ美味いのだ。辛口でスッキリした感じで、飲み始めると止まらなくなる。


飲んで〜

写真もブレるこの笑顔!(お世辞抜きで本当に美味しかった!)

他にも日本酒を使った梅酒など15種類くらいのお酒を作っている。その多くはここに来れば試飲することができる。カッパも見れて美味いお酒も試飲できる。さらに無料なのだ。おいおい、天国ではないか!


試飲できます

●松浦一酒造株式会社

住所:佐賀県伊万里市山代町楠久312
電話:0955-28-0123
URL:http://www.matsuuraichi.com/

長年の夢でした!

カッパのミイラがあるのはずっと前から知っていて一度生で見てみたいと思っていた。なので、今回見ることができて本当に嬉しかった。そして、日本酒。これが本当に美味しいのだ。僕は日本酒が大好きなのだけど、少量でも記憶が飛ぶ。でも、記憶飛んでもいいや! と思う美味しさだった。

松浦一酒造18代目田尻泰浩社長に案内してもらいました(社長の隣もカッパで手を叩くと水がでる仕組みです)

 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.