デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


フェティッシュの火曜日
 
国立はどしゃぶりでどろまみれ!
泥の田んぼをつっぱしれ!

服に泥がつくのはイヤだ。しかし最初から汚れるのが分かっていれば、あのニュルッとした感覚はイヤでもない。ならば堂々と汚れて遊ぼうではないか!そんなイベントが国立で開催されるらしい。中でも興味あるものがあったので、行ってみたのですが…。

大坪ケムタ



雨天中止…にはなりません

たまたまツイッターを見てる時に気になるイベントを発見した。その名も「くにたちどろまみれ!」。どうやら東京都国立市の田んぼの一角を使ったイベントらしい。その中でおっ!と思ったのが「一橋大プロレス”どろレス王者決定戦”」。今年に入ってから社会人や学生のアマチュアプロレス(言葉がヘンな気がしても気にしない)を続けて見に行ってるのだけど、これはなかなかアツそうだ。農村バックヤードレスリング的な。


インパクトあるフライヤーです。
ザリガニとどろレスが同じ行事の中に。

自らどろに浸かることはないにしろ、どろがぶっかかってきたり、飛んでくることはあるだろうから、長靴やそれなりの着替えは必要だろう。自分の田舎は水田だらけだったので、田んぼ自体は珍しいものではないけども、東京で生田んぼに足を踏み入れるのははじめて。楽しみだなー。と、思っていたら。

台風2号がやってきました。豪雨!

あららー。こりゃイベント大丈夫か?雨天中止?と思ったら、フライヤーをよく見ると「雨天決行」の文字が書かれてある。今どきこう言い切るイベントもそんなないよな。

まあ実際考えてみると、どうせ泥水で汚れまくるのは分かってるのだから、どしゃぶりな勢いで降ったところで関係ないのか。ということで台風迫る国立市へ。


「こくりつ」に見せかけて「くにたち」そういうのがいっぱいある国立市。

田んぼ仕様の長靴を用意しました。
この雨では歩く人もそういない…。

あらためて長靴て便利!と実感するどしゃぶり。

駅から徒歩15分のところにあるという会場。田んぼというのは分かるけれど、どんな感じなのだろう…。通常の田んぼを区切ったものか、わざわざこの日のために泥を運んで作られたものなのか?

と、てくてく歩いていくとどうやら会場に到着!そこは予想以上にどろだらけゾーンだった。稲作体験用の田んぼをイベント用として開放しているそう。


会場ついたー!…予想以上にリアル田んぼですね。

奥にはテントが。泥の海を抜けていかねば辿りつけず。

うおー、もうくるぶしあたりまで沈む!

国立市文化財の古民家が目の前に。
定期的に稲作体験をやってるスペースです。

予想以上の全面泥ゾーン!長靴なしではどこにも行けないところだった。はだしやクロックスの人もいるけれど、やはり皆山ガールぽいのから田植え用までの長靴利用者が中心。

本部の方に話を聞いてみると、いくつかコーナーが中止になり、自分の目当てだった「一橋大プロレス”どろレス王者決定戦”」も残念ながら中止だそう。残念!ただ主を待つリングが佇むのみ…。


ただの緑の糸が張られた棒ではありません。立派なリング(予定だったもの)です。

本部ではおにぎりが配られてました!
米も味噌も美味い!

本部で配られるのは、先着来場者に配られるおにぎり。300人前用意されたようですが、この雨もあって余り気味のよう…ということで「おかわりもどうぞー!」の声が飛ぶ。どしゃぶりの中だけに配給みたいな空気だけど、文句なしに美味い!

そして水田の方からもやいのやいのの声。完全にどろあそび仕様の子供たちがばっちゃんばっちゃん突っ込んで跳ねている。そりゃ子供こういうの好きだよなー。


もう当たり前に座り込んだり寝てる子供たち。

舟やボールなど遊び道具あるので自由に遊ぶ子供や家族づれ。

どしゃぶりの中だからこそどろまみれ!

いくつかコーナーは中止になったものの、親子参加の「どろ舟レース」や「どろっじボール(ドッチボール)」は開催。もう既に汚れてるとはいえ、全力でやるとまたすごい。巻き起こる泥スプラッシュ!


舞い上がる泥しぶき!子供の表情、楽しいというより固まりがち。

勢いにまかせすぎると泥の海にダイブ。もう既に汚れてますが。

こちらは「どろっちボール」。線引けないから想像の線を頭に引く。

近くにちゃんと更衣室も用意されてるので(着替えを用意さえしてれば)どんだけ汚れても大丈夫!正直ここまで全身泥べっちゃりイベントだと思ってなかったので、下まで着替え持ってこなかったのが悔やまれます!

せっかくだから他できることで楽しむぜ!ということで、地元のお店ブースが出してるねぎ焼きを食べる。


ネギの風味が最高。これで100円は安いなー。

その場で作ってくれますよ。
ただしテントで食べないと雨まみれに。

ひどくなったり落ち着いたりの差はあれど、雨の降りはおさまらない。しかしそんな時だからこそ既にどろまみれな人々のテンションはあがる。若干ヤケクソ感かもしれないけども。続いて行われたビーチフラッグ競争でもさらにどろまみれ。

ただこけたのか、フラッグを取ったのか。

これはフラッグ(がわりのホース)をゲット!間違いなく。

途中で消防車もやってきた。といっても事件事故が起きたわけでもなく展示用。これまた水もの。ちなみに温かいゾーンもあったので、水の中に入って冷えてきてもたき火で暖はとれたりと、なにかと対応は万全でした。

消防車撮影会が開始。男の子なら一度は撮られたい時期がある。

こちらも展示?用のヤギ。ちょっと肩身狭そう。

正直、台風のひどさ次第では「雨天決行」とはいえさすがに中止もあるかなー?と思ってきてみましたが、風はそれほど強くなかったのもあって、どしゃぶりだって関係なし!まあ、晴れた方がお客さんは来るしいいこと多いんでしょうが、この日来た人は「逆にレア」感を味わえたんではないでしょうか。…でも来年の開催はぜひ晴天で!

歩くだけで一苦労。でももう滑ってもいいよね。

どろ地帯は歩くだけで体力はいる

歩く場所はオールどろまみれ、ということで結構ふつうに歩くだけでも力がいるようで、取材終えて数時間後にゆるい筋肉痛を感じました。どろのムニュムニュ感は楽しいんですけどね。


取材協力

「くにたちどろまみれ!」


 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.