デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ



コラボ企画
 
四人工藤、空を飛ぶ
虎視眈々、今回はアレについていくのか?

スバル・レガシィ。
言うまでもなく、富士重工業の誇る人気4WD車である。

こんな書き出しで今までに計3回(+ゲーム1回)、コラボ記事を掲載してきたが、今回でいったん区切りをつけることとなった。

コラボ記事にしては非常に自由な風の吹く記事ばかりだったことだし、最終回も風のようにさわやかに旅立つことにした。

乙幡啓子
(おつはたけいこ)
1970年群馬県生まれ。工作をしがちなため、各種素材や工具や作品で家が手狭になってきた。一生手狭なんだろう。出したものを片付けないからでもある。性格も雑だ。もう一生こうなんだろう。
> 個人サイト オツハタ万博


4人工藤完全形態

8月某日、4人の工藤氏とライター陣は舞浜駅に集合した。そこからシャトルバスに乗って、海沿いのとある場所へと向かう。

もちろん、ダンボール製レガシィを数人で分散してかかえながら、である。


シャトルバスは南国風の並木道をゆく。

倉庫や鉄鋼置き場の間を縫って、10分ほどで到着。まずは待合室…というよりラウンジか、そこへ通された。ソファもバーコーナーもあって、さすがな雰囲気である。

度重なる移動でよれよれの資材。幸福そうなラウンジに、凶暴な空気を持ち込んだ。

場違いさに、もじもじする一同。
マスコットキャラがなんかかわいい。飛びながら目つぶっちゃってるけど。

もうトップの写真でおわかりのように、ここはヘリポートなのである。エクセル航空の運営する「ヘリコプタークルージング」で、「TOKYO EVENING クルーズ」コースを予約してしまった。この場違い感、まさに「予約してしまった、うわー!」という感じだ。

お土産コーナーにはやっぱりヘリのラジコン。
これは!空の上でプロポーズ作戦というわけか。

ラグジュアリーでセレブな人々の集うこの空間に、唐突なダンボール車。取材の旨を申し伝えてはあるが、対応いただいた先方の担当者も終始戸惑い気味である。

そんな空気をよそに、我々も少しづつ準備を進める。搭乗まであと30分以上あるが、やらねばならないことがたくさんある。

編集部・安藤さんが「前日に」急遽手作りした、おそろいのSUBARU Tシャツ。
搭乗者名簿に名前を書かされるが、「クドウ」が4人続く名簿を見て何と思われるだろう。

さて今回の「4人工藤」(念のため説明すると、「四輪駆動」とかけた駄洒落となっている)。久々にオール工藤で構成される!

ではメンバー紹介だ。


編集部・工藤孝浩氏
工藤隆久氏。

工藤靖氏。
工藤航氏。

おや、一人明らかに若人が混じっている。しかも靖氏と面影が似ている。そう、靖氏のご子息、工藤航(わたる)君である。中学では野球部に所属しているとのこと。今回の企画にふさわしいお名前でもある。

毎回、集めるのになかなか苦労する「工藤姓」だが、今回はちょうど夏休みということもあり、お越しいただいて助かった。親子の良い思い出にしていただければと思う。

というかこの全4回の記事中、ちゃんと「4人工藤」が成立したのが今回含め2回しかないのが驚きだ。そして最初からTシャツ作っておけばよかったと、皆で残念がったが後の祭り。


全員中学生になったかのように、格納庫でワーキャー言う。

Tシャツに着替えたのはいいとして、ダンボール車はどうなった?

つぎへ >
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.