デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
イッツコムロゴ


自由ポータルZ
枠線
 

自由ポータルZとは? 応募する


2018年05月25日号
ブックオフ100円ステッカー・こじつけご利益・店内BGMがアニソンすぎる

こんにちは、石川です。
先週はアメリカに行っていたので古賀さんに挨拶を担当してもらいましたが、無事帰国しました。

むこうで半日だけフリータイムがあったので、ジャンク屋に行きました。店の人に日本から来たと告げると、「いいものを見せてあげる」と何やら紙を出してきてくれました。数十年前にスティーブ・ジョブズが支払った小切手でした。Appleの創業当時のものと思われます。たぶん。(英語がよくわからなかったので情報があいまい)
その様子は近々記事にする予定です!では自由ポータル行ってみましょう。



ブックオフ100円ステッカー/アナログスタンプの遊び方

作品画像

[作品名]ブックオフ100円ステッカー/アナログスタンプの遊び方
[投稿者]badさん (水蛇の背
[コメント]ブックオフが好きすぎて普通の楽しみ方では満足できなくなってしまいました


#write($writerdata 'catalog_title') 石川大樹 のコメント

記事の大事な要素として「やってみたさ」ってあると思うんですよ。読んだ人がマネしたいと思う度合いというか。この記事はネタはシンプルなんですけど、その「やってみたさ」が超強力。

記事に「やってみたさ」が出る要因って色々考えられますよね。意外な結果になって面白いとか、やること自体が快感とか。この記事は作例の力がものすごいので、思わずマネしたくなるパターン。

ドラゴンボール冒頭の「!!」もいいですし、「場面転換で使われるカメハウスのコマ」に至ってはどうやってこの着眼点を得たのか!という感じです。間接的に鳥山明先生の偉大さがわかるという意味でもいい記事でした。




こじつけご利益を巡る

作品画像

[作品名]こじつけご利益を巡る
[投稿者]ファンク・ダ・ネオーンさん (私立ねお学園
[コメント]久々にバットを握ったので翌日身体バッキバキでした。


#write($writerdata 'catalog_title') 石川大樹 のコメント

なるほど「あるな」と思ってはいましたが、こうやってまとめられていると強引さにもランクがあることがあって面白かったです。箭弓、もはや名前のダジャレだけじゃねえか、という。

フクロウが三葉虫に見えるとか狛犬の目からビームが出てるとかの小ネタが利いてるのもいいですね。「めぐり」系の企画はほっとくとフラットで単調になってしまうので、こういうアクセントが大事だと思います!




店内BGMがアニソン過ぎたので妄想してみた。

作品画像

[作品名]店内BGMがアニソン過ぎたので妄想してみた。
[投稿者]真崎真幸さん (おっさんがやってみるブログ
[コメント]商品価格よりも店内BGMが気になる男です。

個人的にイケてる店内BGMに出会ったので、西日本だけでは勿体無いと思い記事にしました。


#write($writerdata 'catalog_title') 古賀及子 のコメント

これは事件ですね……。ラ・ムーの店内BGMまじやばい…!
それを教えてくれて本当に本当にありがとうございます。

大黒天株式会社のことまで言及がありますが、このネタをもしデイリーポータルZで記事にするならほかの誰かに取られる前に大至急電話で取材依頼です。

そもそものネタが可笑しいので一人遊びで展開させるよりも確かなことを伝えたほうが絶対に記事として面白くなるはずです。




おわりに

やりたくさせる

badさんの記事のコメントでも触れましたが、「やりたくさせる」っていうのは面白い記事を作るうえで有効な手です。グルメレポートでおいしそうな描写をするのも、「食べたくさせる」という意味でこの手法なんですよね。一時期はやったライフハック系なんかもそうです。で、さらにこの「やりたくさせる」、掘り下げてみると2つの要素があるんですよね。それが「楽しさを伝える」「自分でもやれると思わせる」です。両方そろって初めてやりたくなるわけですね。ちょっと抽象的な話ですが、意識して書いてみると魅力的な記事ができる気がします。
ではまた来週!



>>> 記事の投稿はこちらから <<<

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.