デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


自由ポータルZ
枠線
 

自由ポータルZとは? 応募する


2018年09月28日号
エストニアで味噌ラーメン・僕の知らないプーマ

こんにちは。水曜日に急に40度の熱が出て、病院に行ったら溶連菌でした。保育園とかでよく流行るやつ。大人はあまりかからないというやつ。持ち前の体の弱さをいかんなく発揮しました。

では今週の自由ポータルですが、今年の春くらいに「5回入選したらデイリーの記事を1本書いてもらいます」ということに決めまして、ついに初の達成者が出ました!本日2本目に登場する、ねおみのるさんです。

ですが実は、ねおさんは以前フライングで声をかけて1本書いてもらってしまいました!5回達成ということで、改めてこちらでご紹介したいと思います。→ねおさんのきじ「蛍の光で勉強はできるのか?」
とにかく初の5回達成、おめでとうございます!



【入選】エストニアで味噌ラーメンを味わう

作品画像

[作品名]【入選】エストニアで味噌ラーメンを味わう
[投稿者]つなさん (つなブログ
[コメント]異国の地エストニアで味噌ラーメンを食べました。エストニアの楽しさが伝われば幸いです。


#write($writerdata 'catalog_title') 石川大樹 のコメント

今週は海外ネタの投稿が多かったのですが、僕はこれを推したいです。

何がいいって文章に全然海外レポート感がないんですよね。近所にできた新しいラーメン屋に行くみたいなテンションで、エストニアのラーメン屋のことが語られています。脈絡なく挟まれる店Dの話とか。「ラーメン」しか共通点ないじゃないですか!

他にも日の出から始まるオープニングシーンとか(それにもちゃんとオチがついてる)、エストニア語の話とか、短いながらもサービス精神を感じる、「書ける」人の文章だと感じました。またご投稿ください!



#write($writerdata 'catalog_title') 古賀及子 のコメント

> 壮大な音楽が聞こえたが、これは私の心のBGMではなく、本当に聞こえたのだ。

ここでいきなり笑いました。世界にはそんな日の出があるのか。今回はかなり短めだったので長いのも読んでみたいです。ぜひまた送ってください。




【入選】[アフリカ]僕の知らないプーマとバスの自由なフォント

作品画像

[作品名]【入選】[アフリカ]僕の知らないプーマとバスの自由なフォント
[投稿者]ねおみのるさん (私立ねお学園
[コメント]ちょっとアフリカに行って来ました。



そこで見たものです。


#write($writerdata 'catalog_title') 林雄司 のコメント

石川が書いている通り海外ネタが集まった今週ですが、では僕はこちらで。

プーマ、中古車、フォントと複数の話が入っていますが、どれもこまめにへーと思わせるポイントがあって面白かったです。

「僕のPCに入ってそうなフォントだが、その出番はないやつ。」

など対象物のインパクトに負けないおもしろコメントも映えてました。ねおさんは自分でネタ的なことをする作品をよく送ってくれてますが、こういう外の世界のおかしさを伝える作品は力が抜けていていいですね。

デイリーって自分でおかしなことをしたり作ったりするイメージがありますが、コンスタントにPV高いものは取材記事です。



#write($writerdata 'catalog_title') 古賀及子 のコメント

PUMAめちゃめちゃ興奮しました。タンザニアでPUMAといえばスポーツウェアじゃなくてガソリンスタンドなんですね……!

海外に行くと目に映るすべてがネタに見えますよね。そこで何を選んで記事化するかは個々の自由だし、書く時におもしろくかいければテーマはなんでもいいですよね。

ただキャッチ―に書きやすいのは読み手の日常にもつながるネタなんじゃないかと思っています。

スポーツブランドのPUMAは有名だし、ガソリンスタンドも身近な存在です。そこがまさかつながるという。遠い海外のネタでも親身に読んでもらえるおいしいネタです。

だからこそ、ここはPUMA一点突破でいって欲しかったです〜〜っ!

日本語の中古車やフォントのおもしろい車は別エントリにして、もっとPUMAに絞って、タンザニアにはスポーツブランドのほうのPUMAは売ってないのか、地元の人はスポーツのPUMAとガソリンスタンドのPUMAをどう思ってるのかなど無駄に執拗に掘ると可笑しさが増したと思います。




【あと一息】素人だけでダンスバトルをしてみた。青春が生まれた

作品画像

[作品名]【あと一息】素人だけでダンスバトルをしてみた。青春が生まれた
[投稿者]じきるさん (CRAZY STUDY
[コメント]ダンスバトルの敷居を限界まで下げてみました。

ダンス経験者は参加禁止のシロウトダンスバトルです。


#write($writerdata 'catalog_title') 石川大樹 のコメント

いいイベントっぽいなーというのは伝わってきました!ただイベント全体の雰囲気や感想は写真やまとめを通して伝わってくるのですが、イベントレポートとしては個々の出場者の描写が弱い気が。衣装や踊り方など表面的なところの描写で終始している感があるので、もっと表情や周囲の反応、対戦相手との駆け引き(?)などをできるだけ具体的に描写していくと、もっといきいきとしたレポートになるのではないでしょうか。




おわりに

具体的に書く

ダンスバトルの記事で書いたのですが、何かを描写するとき「具体的に」書くとライブ感が増して、いきいきとした文章になります。例えば「オーディエンスが沸いた」よりも「客席の歓声のトーンが1段階上がった」のほうが状況が伝わるじゃないですか。「客席で勢いよく立ち上がるあまり転びそうになっている人を見た」とか。で、それって書くときにいくら考えても出てこないので、そういう描写を入れるために必要なのは現場での観察なんですよね。観察して、メモを取る。これが大事です。

ではまた来週!



>>> 記事の投稿はこちらから <<<

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.