デイリーポータルZ
検索天気地図路線このサイトについて無間地獄無間地獄
アット・ニフティロゴ


枠線
ちょっと見てきて
 

見てきて!投稿
[東京都] 旧・国立教育政策研究所教育図書館の近くの中国料理店 (2009.9.1)
投稿者 六角 さん
どんなところ?

たぶん、生まれてはじめてか、2度目ぐらいで東京に行った時だと思います。
2001年頃のことです。下目黒にあった国立教育政策研究所附属の「教育図書館」を訪れた際、土地勘が無く昼食場所に困り、図書館の職員さんに「普段ランチに行く店を教えてください」と聞いたところ、即答で教えてくださったのが、図書館から程近い中国料理店でした。
細い道に面しており、店構えは古いビル(コンクリート打ちっぱなしの民家かもしれません)の1階で、道路から数歩分中に入ったところに入口があった気がします。あまりおしゃれな雰囲気の店ではなく、ちょっと薄暗いような感じもありましたが、職員さんのお勧めどおり、とても美味しかったです。食べたのは日替わりランチだったと思うのですが、ラーメンのスープに香辛料の八角が使ってあり、日本のラーメンとは違う印象でした。店長さんか店員の方が台湾出身だったように聞いた覚えがあり、そのせいかどうかわかりませんが、「中華料理」ではなく「中国料理」と書いてありました。
このラーメンスープの美味しさに衝撃を受け、その後しばらくは自分でも麺類のスープに八角を入れることに凝り、いろいろと試しましたが同じ味には辿りつけません。
すでに図書館は移転してしまったらしく、その近辺に行く用事もないのですが、ときどき思い出しては食べたくなる思い出の店です。まだあるといいなぁ。

どなたか見てきて、というか、できれば食べてきてレポートしてくださると本当にうれしいです。

だいたいの住所 東京都目黒区下目黒6丁目14−1


見てきた!投稿
投稿者 古賀及子 さん デイリーポータルZ
こうでした!

それらしいお店はありました (2011.10.31)

お探しのお店かわかりませんが、近所の方が「このあたりで中華の店はあそこだけ」と言うお店を見てきました。

現在は「金華苑」という名前のお店で中国の方が営んでいますが、以前は「とやま」といって日本人のご主人のお店だったそうです。

今もそうですが、当時も「中国料理」ではなく「中華料理」と看板に出していたそうで、もしかしたら違う場所かもしれませんね。

くわしくはこちらをごらんください。

このページのトップへ戻る






< [静岡県] ちゃっきりのとんてき… △ちょっと見てきてのトップへ [東京都] 要町 谷端川南緑道の… >
 

▲デイリーポータルZトップへ

コミュニティルール


個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.